林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理やアウトドアのことなども!

釣友の伊藤さんは、所属されている会社の釣り部の部長を務められており、その方々と彼の釣友でのタチウオ釣りを企画、釣り教室スタイルで開催いたしました。

釣り宿は羽田のえさ政さん、7月22日(土)に18名様がお集まりになりました。

 

この日は主催の伊藤さんが皆さまをお待ちになり、釣り座決めのくじ引きを行いました。

P7220019

 

おっとそこで、F1を手に取りご満悦の表情、これは、今年のダイワのカワハギロッドで、皆さまに実物をご覧いただきました。

P7220021

 

そんな心が逸る出船前、「近くを通りかかったものだから」と、荒谷さんが沢山の差し入れを持ってやってきてくれました。そして、「止めてある車が邪魔になるから」とすぐに、颯爽と帰って行く後姿を皆で見送りながら、「カッコイイ~ねぇ~、荒谷さん!」とだれ彼ともなくつぶやくのでした。

P7220022

 

釣り教室のレクチャー前、伊藤部長が部員の皆さんに、ダイワのタチウオ仕掛けテンビンを配っておりました。これで皆さん、お土産が確保できたようなものですね!

P7220023

 

さて、船上にてレクチャー開始です!

20156184_1864691920460833_8446435210890748637_n


レクチャーでは、簡単なタチウオ釣りの歴史、現代までの変遷や、先週の状況を踏まえての当日の組み立て、適したタックル、仕掛け、釣り方などをお話しさせていただきました。

20258122_1864691737127518_3013651499816295492_n

20292749_1370766663042865_2788017822319806019_n

 

レクチャー終了後、舫を解かれた船は、柳沢船長の操船で一路大貫沖に向いました。

P7220026


1時間近く航行すると、そこには大きなタチウオ船団が! その密集度に、期待できそうな雰囲気が漂います。

P7220030

 

ポイントに到着して1投目、難なくタチウオを釣り上げたのは「ゴウちゃん」こと三浦さん。Aブリッツモバイルを愛している釣り師の1人であり、その復活を心待ちにしています。

P7220027

 

豪快に抜き上げるのは大石さん。正確なシャクリでこの後も釣り続けていらっしゃいました。

P7220028

P7220029

 

千葉さんも丁寧なシャクリで次々にGET! 道具にあまりこだわらず、いつもご自分の腕で釣り上げるあたり、流石の一言です!

P7220037

 

小松原さんは、スタートダッシュで2連荘! 2本バリ仕掛けを1本にして挑んだことが、功を奏しました。

P7220039

 

嵯城さんはジグで挑戦! スピードを変えたりピッチを変えたりしてタチウオの機敏を伺います。アワセがバッチリと決まりました!

P7220040

 

中盤に差し掛かり、残念ながら朝一の食いはダウン・・・。この辺りで僕も、竿を出してみることにしました。

日が昇るにつれて食いが渋く、活性が下がって行くタチウオですが、当日はそれにプラスして潮止まりに向かう潮見でした。

潮は茶色く濁っており、東京湾特有の夏の潮色でした。

そんな条件でありましたので、活性が低い=誘いを遅くすること、強い濁り=視界が悪いことの2つを鑑み、シャクリはリールのハンドル1/8を基準に、でもエサは小さなストロークでもキビキビ動くようにロッドアクションを加えてシャクリを入れていると、エサの端を咥えた挙動が、リーディング73-MHの穂持ちを押さえ込むモタレとなって表れました。

この状態では、タチウオの口にハリ先は触れていないわけで、そこから食いを促す為に、その場で細かくシャクリを入れると、穂先を小刻みに揺する、ハリまで咥えたタチウオが水中でバックする感触にアワセが決まりました。

アワセを入れてからは、ロッドとラインを直角に保ち、十分ロッドの弾力を使いながら、ポンピングせずに巻き上げてきますが、そんな時スパルタンは心地良くタチウオを寄せてくれます。

P7220048

 

さて、そんな状況の中、鈴木 利枝さんもジグで狙いました。聞けば翌日、タチウオのジギング大会があり、当日はプラとのことでした。結果はどうだったんだろうな~?

P7220042

 

柳澤さんは手堅い1本をGET! 根気よくシャクリを続けた結果ですね。お見事。

P7220044

 

永松さんはタチウオ釣り初挑戦! タチウオフリークの伊藤部長の指導もあって、会心の1本を釣り上げました!

P7220045

 

マイペースで釣りを楽しまれている市川さん。シャクリながらドスンというアタリに、しゃにむに巻き上げ良い表情です。

P7220049

 

トリッキーなタチウオに、前半苦戦されていた浅石さんでしたが、でも、ある「秘策」でこの通り! 是非次回も試してみていただけたらと思います。

P7220051

 

ここで、「タチウオ釣りなら俺に訊け」とばかりに、この釣りにかけての情熱が人一倍強い伊藤部長。ただ、そうしたことか前半は苦戦・・・。それを補うように後半は、タチウオを自分の間合いに入れ込み3連荘!! 流石でしたよ、部長っ!!

P7220057

P7220058

P7220052

 

ジグとエサをスイッチしながら楽しんでいた杉山さん。このタチウオはエサでヒットしました。

P7220053

 

この日、船中最大のタチウオを釣り上げたのは緒方さん。堂々の指5本、お見事でした!

P7220054

 

小鶴さんは、イカメタル用のロッド、ジグヘッドを使ったりして楽しんでおられました。これはエサ釣りでの1本。

P7220055

 

さて、夏の日差しと心地良い南風を受けながら、皆さんタチウオを釣り上げることができました。

今回、講師に抜擢いただいた伊藤さん、そして釣り部の皆さま、ゲストの皆さま、ありがとうございました。

えさ政さん、大船長、女将さん、柳沢船長、お世話になりました。

 

P7220060

 

伊藤さんの会社の釣り部会は、次回はカワハギですかね。

でも、「今回タチウオが楽しかったから、またタチウオで!」という声もあるとかです。

またよろしくお願いいたします。

 

最後に利枝ちゃん、おちゃめ!!

P7220046

 



【今後の釣り教室のご案内】
 
8月  6日(Sun) 剣崎沖解禁カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん (キャンセル2名有)

      11日(Fri) カワハギ釣り教室 Vol.2 at 巳之助丸さん(募集中)

      13日(Sun) LT夏タチウオ釣り教室 Vol.3 at えさ政釣船店さん(募集中)

   27日(Sun) LT夏タチウオ釣り教室Vol.4 at えさ政釣船店さん(募集中)


7月21(金)、去年より、年を越してもカワハギ釣りの乗り合い船を続けている腰越の池田丸さんにて、今年のカワハギロッドや用品のインプレッション動画撮影に行って参りました。

P7210018

 

当日は南風で晴天、これぞ夏ハギという雰囲気の中、橋本船長の操船で出船いたしました。

P7210001

 

 

 早くF1を使いたくてうずうずしていましたが、ポイントが近い腰越沖のこと、江の島の沖にすぐに到着、早速の第一投です!

P7210006


P7210016

 

底は砂地で、たまに低い根が点在、所々カジメもありました。

そんな、底をオモリでコンタクトして、カワハギの生息場所である海底付近をリサーチするのですが、そのオモリからのシグナルには目を見張るものがありました。

もう10年以上前になりますが、始めて極鋭カワハギが発売されたとき、実際に船で使ってみると、30mある水深が20mに感じたものでした。

それからAIRになり、更に水深が浅く感じ、今回のF1では、その水深がかなり浅く、オモリが伝えるリアルな情報がより大きくなりました。

さて

そうして釣り続けて行きましたが、潮が緩いこともあり、産卵後期のユックリとした食いのカワハギを鑑み、スローな釣りを展開してみました。

シンカーを使って仕掛けをフワフワと動かし、時折聞いてみるを繰り返してみます。

そこで「コツン」と、頭を振るアタリがあれば、もう一度仕掛けを送り、ハリを口の中より深くに送ってから、やおらロッドを立ててアワセを入れます。

P7210009

 

 

 でもやはり、「無駄を排除して、最速のレスポンス」を追求したF1の真骨頂はラインの張った釣りであるわけで、宮澤さんが提唱している「5ステージ理論」のステージ3~5を試したく、オモリをヒラウチ後に宙で誘いを掛けながらの釣りを試してみました。

すると・・・

ハリを噛んだ「カチッ」というアタリの手感度は極鋭中最高のものであるという手応えと共に、「モゾモゾ」、「グチュグュ」といった、エサのアサリをついばんでいるであろうアタリも手感度で伝わってきました!

そこで、F1のティップを5センチ下げ、1センチ聞くと、カワハギが頭を振りながら抵抗する「ゴッゴッゴッ」という、小気味よい引きが伝わってきました。

20206298_910135279139794_1855131185_n

 

F1は手に取ると一見硬く感じますが、SVFナノプラスで絞り込まれたカーボン繊維は柔軟性も兼ね備え、カワハギを掛けてからのいなしは、スパルタンのATDも手伝って、引き込まれればヌルリとラインが、適度なテンションを保ったまま放出されて、クチビル1枚の掛け所でも抜き上げられました。

 

当日は、つり情報さんの取材もあり、この内容は8月12日発売号に詳しく掲載される予定とのことです。

20228853_1122011764598238_1889654633092248812_n



P7210003

 

かやごんはアナリスター7:3を担当。

P7210005

 

豪太くんはアナリスター8:2、堀江さんは9:1を担当いたしました。

20227320_1270827713026879_1495655592_n

 

P7210011

 

P7210012

 

P7210013

 

池田丸さん、橋本船長、たいへんお世話になりました。

 

このインプレ動画は8月にリリースされる予定、「1454表記なのに、なぜ1455を凌駕しているのか?」他、F1を赤裸々に語らせていただきました。
こちらはもう少しお持ちいただけたらと思います。

 


今年も熱くなりそうなカワハギ釣りは、8月1日の剣崎沖解禁仕立てでキックオフ! 今年は100名近ご参加予定をいただいております。

Newロッドの試釣り会も兼ねており、今からたいへん楽しみでありません。

20228252_1439062406174072_4695755439499630860_n



P7210014

 


【今後の釣り教室のご案内】
 
8月  6日(Sun) 剣崎沖解禁カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん (キャンセル2名有)

      11日(Fri) カワハギ釣り教室 Vol.2 at 巳之助丸さん(募集中)

      13日(Sun) LT夏タチウオ釣り教室 Vol.3 at えさ政釣船店さん(募集中)

   27日(Sun) LT夏タチウオ釣り教室Vol.4 at えさ政釣船店さん(募集中)


ご好評に付き8月にもう一度、えさ政釣船店さんにて、タチウオ釣り教室を開催させていただきます。

初期は不安定ながら、多くの釣果を記録することもあり、夏タチ最盛期の8月は今から楽しみな時期となります。


釣り教室では、出船前にレクチャーをさせていただいております。

P7230015

レクチャーでは、簡単なタチウオの生態、LT夏タチウオ釣りに適したタックルと仕掛け、釣り方等をお話しさせていただいております。


ポイントでは、その日の状況に合った釣り方をご指南させていただいております。

P7220057

P7220058


P7230022


この時期は数釣りとなり、多くの本数のタチウオを釣り上げるには、それなりのテクニックがあるものです。

参加ご希望の方は、直接えさ政さんにご予約をお願いいたします。


船 宿:えさ政釣船店さん


日 程:8月27日(日)

時 間:レクチャー開始 6:45 出船 7:15 沖上り 14:30(予定)

乗り合い料金で開催です。

参加ご希望の方は、えさ政釣り船店さん(TEL:03-3743-1585 直通モバイル:080-5449-0147)へご予約をお願いいたします。


皆さまのご参加をお待ちしております。


P7230002


【今後の釣り教室のご案内】
 
8月  6日(Sun) 剣崎沖解禁カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん (満船御礼)

      11日(Fri) カワハギ釣り教室 Vol.2 at 巳之助丸さん(募集中)

      13日(Sun) LT夏タチウオ釣り教室 Vol.3 at えさ政釣船店さん(募集中)

   27日(Sun) LT夏タチウオ釣り教室Vol.4 at えさ政釣船店さん(募集中)



↑このページのトップヘ