林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理やアウトドアのことなども!

極鋭空手の創始者、故 大山 倍達氏は「空手の修練をするとき、たとえば拳であれば、巻き藁など一打ち続け、己の手が変形するまで・・・」のような記述を残しておりました。

空手の基本である正拳突きを繰り返していると、拳を握った人差し指と中指の第三関節の出っ張った部分を打ち付けるので、そこの骨が緻密に強固になり、果ては「拳ダコ」と言って、そこの間節の表皮が大きなタコになってくるもので、これは、拳を付いての拳立てでもできてくるのです。


これは、格闘技である空手でのお話しですが、釣りではどうでしょうか?

アナゴ釣りでは、右手の親指の爪を伸ばしておき、そこにヤスリで刃を立てるように砥げば、スピーディーに、手返しよくイソメを切ることができますが、これは変形とは言いませんよね。

釣りでの変形・・・

僕の場合は、右手の中指と薬指に、僅かながらですがそれが見られます。

ゼロテンパーミングをする時は、右手の中指が、リールをねじ込み固定するフォアブリップ辺りとなり、そのグリップを支える中指の第一関節の横が水膨れとなったり、タコになったりすることがありました。

また、小指で力強くグリップを握る為、爪が埋没加減となり、爪の下に血が滲んでしまうこともあります。


ゼロテンパーミングをお伝えするとき、「車のハンドルは丸い輪ですが、それを三角形にしたような感じで、ゼロテンパーミングはロッドを握り難いパーミングなのです」とお伝えしております。

ただ、一度習得してしまえば、揺れる船を制することとなり、船釣りにとって強い武器となるのです。


何もそこまでしなくても良いのです。釣りは趣味の部分も多く、全ての釣り人が突き詰めなくても良いとも思います。


【今後の釣り教室のご案内】
 
7月23日(Sun) 追加日程・LT夏タチウオ釣り教室 at えさ政釣船店さん (募集中)


8月  6日(Sun) 剣崎沖解禁カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん (満船御礼)

      11日(Fri) カワハギ釣り教室 Vol.2 at 巳之助丸さん(募集中)

      13日(Sun) LT夏タチウオ釣り教室 Vol.3 at えさ政釣船店さん(募集中)

   27日(Sun) LT夏タチウオ釣り教室Vol.4 at えさ政釣船店さん(募集中)





ここの所、船宿HPの釣果情報覧を覗いていると、釣友が竿頭になった写真を多く見受けるのです。

それは、数年前のTKB(東京湾カワハギバトル)でお声掛けいただいた方。

20245965_1392557640835907_2612094971363362394_n


最初に参加された釣り教室にはご夫婦で、その後は奥様単独でいらっしゃる方。

阿部タコ


一つの船宿さんに通い詰め、納得の釣りをされての賜物である方。

20246188_889399164545241_1419801329103568762_n


はたまた釣り教室で・・・、いやいや釣り教室は、竿頭を競う場ではないのですが、初めての釣り物で、経験者よりも一番釣ってしまう方など、SNSが発達している現在、これらの情報は目に飛び込んでくる度に、我ことのように嬉しいものなのです。

P7160083


自論ではありますが、竿頭は目指すものであって、自慢するものではないのではないかと思っております。


応援しております。





同窓会など、釣りをしない方々とテーブルを囲み、杯を傾けることがある時があります。これは、所属する会社などでもしかりだと思うのです。

自分を取り巻く社会は、そうした様々な人々によって成り立っているのですが、そんな場面で発言の機会を得る時、僕はやはり釣りの話しになってしまうのです(苦笑)

そんな時はこんな風に話しています・・・


日本には自動車メーカーが数社ありますが、その中でも代表されるトヨタ、日産などがありますよね。

車業界で言えば、日本を代表するのはトヨタだと思いますが、釣り具メーカーではダイワが業界をけん引していると思っており、そんなダイワで仕事をさせていただくことがあります。

ダイワのホームページには、ブログを書かせていただいており、もう8年が経ちました。実際の船上では、新たな釣り竿のテストであったり、動画の撮影だったりがあるのです。

お時間が許す時に、ダイワのホームページを是非ご覧いただきたく思っています。


なんて話すことがあります。


しかしダイワは、日本を代表する釣り具メーカーであはりますが、世界レベルでも最高水準だと常々思っております。

そんなダイワの末席にいられることを幸せだと思っております。

今後も頑張って行きたいと思っております。

16195596_1631087493861996_2072371648507686392_n


↑このページのトップヘ