林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理やアウトドアのことなども!

カサゴなどは「根魚」と呼ばれ、ポイントは岩礁や、ゴロタ石などの「根回り」が主で、そういったポイントでは、根掛りのリスクは避けられないものです。

そんな根に隠れて、ジッと獲物を待っている魚もいれば、根が作る潮の流れの変化で、そこにプランクトンが溜まりやすく、それを狙う小魚、またそれを狙うといった、食物連鎖もあるかも知れません。

結局根回りは、様々な釣りの対処魚の格好のポイントを言え、その根を中心に攻める釣りも往々にしてあるものです。

しかし根掛りを恐れていては、仕掛けは助かるかも知れませんが、釣果は半減、いや、それ以下になってしまうでしょう。

カワハギ釣りやアカメフグ釣り、タコ釣りでも根回り、根の際などを狙い、やはり根掛りが多い釣りとなってしまいます。


根掛りは、オモリが根の隙間などに入って引っ掛かってしまうもの、ハリが引っ掛かってしまうものと、その両方の場合も考えられると思います。

根掛りを回避するには、できるだけラインを立てて釣りをすることで、逆にラインを斜めに、根の連なる海底を引きずるようでは、ほぼ確実に根掛りしてしまうと思います。

又は、身近い間時に定期的に底を切り直す「根歩き」を多用することも、根掛り防止に効果があります。


根掛り対応策 ≪後編≫に続きます

オマツリを最小限にするには <前編> より続きます。


でも、オマツリをしてしまう確率は下げられたとしても避けられない要因で、実際にオマツリをしてしまったらどう対処するのが一番の早道なのでしょうか?


例えばあなたが海底付近に仕掛けを下して釣っていた時、その後隣の釣り人が投入、その方のオモリが着底する前にオマツリしてしまったとします。

そんな時は、気付いた方が「マツってますね」と一声かけて、同時に同じ速度で巻き上げることが大切なのです。

なぜか?

もしあなたががしゃにむにリールを巻き、その方はユックリとリールを巻いていたと想像して下さい。

海中では、あなたの仕掛けがその方の仕掛けをなぞる様に通過、多くのハリの付いたドウツキ仕掛けであったら、水面に来るまで組んず解れず、折角早く回収したつもりでも、次の投入までに、それを解すのにかなりの時間が掛かってしまう、重度のオマツリになってしまいます。

ですので、オマツリした双方がオモリの重さを感じながら、もし同じ竿なら同じような曲りを見せながら巻いてくることが大切で、相手が慣れていないような方なら、あなたがその方の竿の曲り方でオモリの背負い加減を判断、リールを巻くスピードを調整して、相手に合わせてあげればよいのです。


ただ、左舷と右舷での、又は3人以上の複数でのオマツリは厄介で、中々上記のようには行かないものです。


深場の場合など、あらかたラインが出た後でオマツリ、ラインブレイクしてしまったりもあり、何か不測トラブルに対して、予備タックルは必須となってきます。



船に乗り、海の沖に出て釣りをする船釣りを20年以上愛好しています。

今まで何軒の船宿さんから船に乗ったかは定かではありませんが、一人の釣り人として、初めて赴く船宿さんは期待感もありながら、宿ごとに違うしきたりがあったりで、ちょっぴり不安な面もあるのではないでしょうか。


釣り座の確保にしても、先着順に釣り座表の磁石やキャップを取ったり、用紙に書きこんだり、直接船にクーラーを置いておく船宿さんもありました。

船も、その造りや大きさが、エリアなどにによっても様々なようで、船体に当たった帰り波の大きさが違っていたり、旋回時の飛沫がやたらと飛んでくる船もありました。


でも、初めて訪れる船宿さんで最も注目するのは、「どんな船長なのだろう」ではないでしょうか。

ポイントの上に船を乗せるまでの操船、流す場合のラインの立ち方等々、一言で言うと「船長の腕はどんなものだろう」という期待と、「どんな人柄だろう」という思いがあります。

また、釣り客に釣ってもらいたいが為に、つい大きな声を出してしまう船長も、今でもたまにいるようです。


取材をさせていただく側として始めて訪れる船はまた別で、カメラを持って船中歩き回るのに、どこが通り辛いとか、両舷を結ぶショートカットはどこにあるかなどを最初に観察してしまうものです。


期待と不安を携えて、初めて向う船宿さん、初めて乗り込む船。

その日釣れても釣れなくても、帰りの車中では皆朗らかにいたいものです。


カメラを向けるともう・・・(笑) 浦安吉久さんの腕っこき、峰岸船長。

150402_163410



↑このページのトップヘ