林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理やアウトドアのことなども!

7月20日(月・祝)、神奈川県鴨居の一郎丸さんにて、LT夏タチウオ釣り教室を開催させていただきました。

今回ご参加いただいた方は19名様。いつも多くのご参加本当にありがとうございます。

 

当日朝5時前に一郎丸さんに到着すると、「りょうさぁ~~ん!」との声! 声の主はマルイカ(当日もマルイカ竿頭)、カワハギ名手の「太(だい)ちゃん」こと渡辺 太吾くんでした。

150720_051321

 

C360_2015-07-20-04-56-45-971

「今日はりょうさん、差し入れでスイカ持ってきたんですよ」と、段ボールに入ったスイカを2玉いただき、釣り教室にご参加の皆さまを待つ合間に太ちゃん、高沢さんと共にスイカを冷やし、大船長の船の艫に鎮座させるのでした。

C360_2015-07-20-06-06-05-705

 

暑い船上で照り返しを見ながら食べるスイカは格別で、皆さん艫側から乗船するとき、少しばかり和んだ表情になったと見えたのは僕だけでしょうか。

 

さて、釣り教室は出船前のレクチャーから始めています。

LTタチウオ釣りの簡単な歴史、適したタックル、仕掛け、エサ付け。実際の釣り方のバリエーション、当日予想出来うる釣り方を述べさせていただき、質疑応答の時間を取り出船となりました。

150720_065750

150720_070643

 

 

大船長が目指すポイントは大貫沖。

水深17m前後の浅場ながら、毎年夏タチウオの格好のポイントとなっていて、既に30艘近い非常に密な大船団が形成され、それは隣り合った船の方々の表情もハッキリと見えるほどでした。

 

150720_081057

 

朝一はどこの船も、もちろん我が一郎丸もバリバリのサービスタイム! 開始の合図と共に船中1本目を抜き上げたのは小林さん! 髪型も夏向きで決まっていますねぇ~!!

150720_074906

 

一郎丸さんでのマルイカ釣り教室にもご参加いただいた佃さん。嬉しそうな表情ですね~、この後も順調に釣り続けていらっしゃいました。

150720_074913

 

「初めてのタチウオ釣りです」とは奥の柳澤さん。でもこの通りです! 手前の戝機さんも丁寧なシャクリで夏タチ攻略です!

150720_075001

 

マルイカ釣り教室にもご参加いただいた小原さん。「楽しいですね~」と、すぐにもう一本釣り上げていらっしゃいました。

150720_075045

 

タチウオは夜行性の為か、日が高くなるに従って活性が落ちていくものですが、この頃はまだ開始1時間位、バリバリタイムは続いています!

食い盛っている時ではありましたが、真夏の日差しの元、スイカを冷やしていた氷が溶けたことを合図にスイカを割りました。

150720_091057

150720_091239

 

スイカは冷えていて超美味しく皆さんに大好評、太ちゃんお心使いありがとうございました。

150720_091958

150720_091932

 

 

さてさて釣り再開です。

150720_114042

 

釣りの、特にタックルの探究心にいつも驚かされる鈴木さん。「あっ、なるほどね!だからこういった調子の竿を使うんだね~」と、竿の特性を熟知してのシャクリでこの一本、お見事です!

150720_075146

 

高沢さんは「ジグでは釣ったことがあるんですよ。でもエサは初めてですが、レクチャーを聞いてもう釣れた気分、今日は10本を目標にします!」と言っていました、終わってみれば30本近い釣果、お見事です!!

150720_080012

 

「中々食い込まないですね~」とおっしゃりながら、ここぞという時大アワセ! 狙って獲った1本です!

150720_075812

 

朝の地合は1時間半程でかげりを見せ、段々とスローな展開になって行きました。

そんな中、「中々難しいなぁ・・・」と、アタリがあっても中々ハリ掛かりに至らなかったのですが、「今です、この時!」とお声かけしたときに竿は満月、僕にとっても嬉しい1本でした。

150720_080102

 

 

しばらく大貫沖を攻めましたが、段々と食い渋り、大船長は海保の南側40m付近に船を向けました。

150720_084952

 

ここでは中山さんが3連荘! 何を釣ってもお上手です。 後ろは伊原さん。熱心に釣られていました。

150720_080415

 

三浦半島のマホロバツインズにお勤めの綱川さん。一郎丸さんは常宿だそうで、流石の腕前でした。

150720_080455

 

そんな綱川さん、釣り人向けにこんなプランがあるそうです。

150721_091807































吉内さんは謙虚に、小さい型を持ってパチリです。

150720_080735

 

「今日参加する前に、林さんのブログを読み漁ってきましたよ」とは岡本さん。 「なぜゼロテンションなのですか?」など、深い質問を幾つもいただきました。

150720_081603

 

先の「近代カワハギ講演会」でお知り合いになった斗谷さん。色々な釣りに精通する釣りインストラクターです!

150720_082336

 

堂々の1本。根気よく誘い続けた結果が出ました。おめでとうございます。

150720_120031

 

東京湾の真夏の風物詩、タチウオ。

今日はどんなツワモノが沖でタチウオと対峙しているのでしょうか。

150720_102214

 

ご参加の皆さまありがとうございました。

一郎丸さんお世話になりました。

150720_151309

 

一郎丸さんでは今後、湾フグ教室なども企画して行こうと思っています。

 


8月9日(日)は浦安の吉久さんでのLTタチウオ釣り教室です。

まだ余裕がございますので、是非ご参加いただけたらと思っております。 

 

11745463_468425926671637_9203807166442231697_n

 

 

24時間釣り番組を放送している釣りビジョンさん。

その公式HP内のオフショアマガジンのAPC(アングラーズ・ペン・クラブ)研修が7月19日(日)、台風一過の平和島のまる八さんにて行われました。

150719_063703



オフショアマガジンは「プレミアムメンバー」と位置付けられる提携船宿さんに乗船し、その日の釣況を 動画+写真+文章 で構成、後日オフショアマガジンに公開されます。

今回は主に動画と静止画撮影の練習ということで、日頃船上ではあまり撮ったことのない動画を中心に撮影、練習させていただきました。


まる八さんに到着すると、笑顔飯島大船長のお出迎え、ご無沙汰してしまっていました。

150719_071740



釣りビジョンの兵頭さんからご紹介いただいた野口さん。今日のシロギス取材を行うAPCの先輩となり、出船前のまる八さんを撮影しています。

150719_071831


150719_072721



TKB(東京湾カワハギバトル)でも使わせていただく大きな桟橋を高橋船長が舵を握り出船、運河を出てポイントに向います。

150719_074916



ポイントでは、今日は撮影のノウハウをお教えいただく為、先ずは兵頭さんがカメラを手に、基本的な撮影テクニックを教えていただきながらの撮影です。

150719_083734


150719_084219


150719_084403


150719_092557


150719_094216



「では、林さんも撮ってみましょう!」と手渡されるカメラ(汗)

・・・。・・・・・。そうなんですよ・・・、中々思うようには行きません・・・・。

150719_095411



「こうです、こんな感じに構図を決めて、そして・・・」と、兵頭さんが撮っている画面を覗くと、まるで釣り番組の様です(滝汗)

後ろにたたずむ野口さんはもう、一通り撮影を終えられたそうです。

150719_111536



ん~、プロの表情です。

150719_111556



さて、ちょっと休憩。合間に竿を出してみると・・・

150719_121716



パールホワイトのシロギスちゃんが遊んでくれます。

150719_135447



やや南風の強い中撮影研修は終了、帰港しました。

150719_155202


高橋船長お世話になりました。また来週、DYFCでお伺いいたしますね。

150719_155218


まる八さん、お世話になりました。

C360_2015-07-19-07-22-58-870


兵頭さん、野口さん、ありがとうございました。

C360_2015-07-19-15-53-46-847



次回は兵頭さんのサポートを受けながら、初のAPC取材の予定です。

果たして上手く撮ることができるのでしょうか・・・(緊張)

150719_063718





台風11号が四国に上陸し本州に再上陸、日本海に抜けて行きました。

日本海に低気圧が入ると、反時計回りに大気を吸込むので、関東では南よりの風が吹くわけなのです。

東京湾の地図を見ると、湾口は南に向いており、南~南西の風は現在タチウオのポイントとなっている大貫沖を直撃、沿岸が砂浜となっていますので、波浪で舞い上げられた砂泥の濁りが懸念されるところです。

タチウオは基本的に夜行性の魚であるので、濁り≒水中の光量が少なくなる 状態となり、青物に比べると遊泳力が劣るフィッシュ・イーターのこと、ある程度の濁りは獲物との間合いを詰めるのに良い要素とはなるようです。

20日(月・祝)は、神奈川県鴨居の一郎丸さんでの夏タチウオ釣り教室、3連休の初日、18日(土)のタチウオ釣果はどうだったでしょうか?


以前は「南西の風にタチウオは弱い」といったセオリーがあり、強めの南よりの風が吹くとタチウオの群れはどこかに消え、ソナーや魚探を駆使して見つけてもかなりの深場だったり、底に張り付く活性の低い反応だったりということがありましたが、土曜日の釣果が50本超えの船宿さんもあり、30本前後の好釣果が多いようでした。


今年はもしかして、夏タチウオの当たり年・・・?


でも、そういったぬか喜びはさておき、20日の夏タチウオ釣り教室、ご参加の皆さまに「参加して良かった」と思っていただけるよう精一杯頑張ります!


今日は平和島のまる八さんでのシロギス釣り。

こちらも頑張ってきます!!







↑このページのトップヘ