林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理やアウトドアのことなども!

ロッドの硬さと釣り方・アタリの出方 〔中編〕 より続きます


では、「かなり小さな目感度アタリ」とはどの位なのか?

それはゼロテンション時、ごく小さな時にはシャープペンの芯1本分トップガイドを揺らす位の時もあり、変化とか違和感と言った方が似つかわしいのかも知れません。

そんな目感度アタリを取るには、ゼロテンションの精度と竿先の柔軟性が重要で、揺れている船上でも、ごく緩く曲がった竿先の曲りを一定に保つ必要があります。

「でも、オモリを底に着けていても、大きなアタリが出るよ」とお思いの方もいらっしゃるかも知れません。

でもその前に、ごく小さな、カワハギからのファーストコンタクトがあるものなのです。

「大きなアタリ」は、得てして引きであることが多いものです。


オモリを宙に、底を切った釣法では、ラインが張っている分許容範囲が少なく、ここからここまでと言った自分の間合いを作り、どこでアタリを出してどう掛けるのかをイメージして釣り進めることが大切となり、硬調なロッドで仕掛けのハンドリングをして主導権を握りながら、カワハギに虚を作らせ掛けに行く釣り方となります。

オモリを底に置いて、軟らかな竿先のロッドでの釣り方は、誘った後に必ず止め=摂餌する間を取り、ごく小さなアタリを掛けに行く釣りとなります。

これより仕掛けを斜めに倒して行く釣り方に、中オモリや集寄を使った釣りがありますが、硬調なロッドでは仕掛けのハンドリング性が良く、軟らかなロッドの場合はアタリを弾き辛いといった特性があります。

「10人のカワハギ名手がいれば10通りの釣り方がある」の喩えのように、ご自分の腕の延長であるロッドを熟知し使い込み、更なる1枚を釣り上げていただけたらと思っております。



【今後の釣り教室】

11月25日(Sat) TKB直前開催!・大型狙いのカワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん
                                          (満船御礼キャンセル待ち)



12月3日(Sun) カワハギ釣り教室 at 小見山丸さん(募集中・お後数名様)

12月10日(Sun) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)

12月16日(Sat) 湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん(募集中・お後1名様)

12月17日(Sun) カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん(募集中)

12月29日(Fri) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)



   【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

大好評! RYO'S METHOD ポロシャツ

2017年バージョンのステッカーも好評です





水に浮かんでいる船は、当然揺れるということは周知の通りです。

左右の舷がかわるがわる沈む浮くを繰り返すローリング、舳先と艫ががかわるがわる沈む浮くを繰り返すピッチングが主だった揺れだと思いますが、ウネリが高い時は、船自体が上がる下がるを繰り返す場合があります。


釣り教室では、ポイントに到着して船長より釣り開始の合図が出る時になると、両舷が見渡せる舳へ移動、ご参加いただきた全ての皆さまが見える位置に着きます。

風があり波が立っている日並で、まだスパンカーが張られていない船は不規則に揺れ動くものです。

その舳先部分に立って、皆さんの側、艫側を向いている時、ローリングであれば左右の脚をそれぞれ曲げて、上半身はいつも垂直を保つように心掛けています。

これは釣り座でも言えることであって、自分の体が揺れていては、穂先を見る視線も定まらず、ゼロテンションを決めることは到底難しく、果ては船酔いになってしまうかも知れません。


空手では、「常に正中線を真直ぐに、丹田に力を込めて」という教えがあります。

正中線とは、頭の先から体を貫く線のことで、丹田とは、気が集中すると言われている下腹部の事です。

組み手中など、いかなる姿勢においてでも、正中線をしっかりと意識していなければ、相手の攻撃を受け流すことどころか、自分の攻撃も当らず、しいては威力も半減してしまうのです。


ですから船釣りでも、穂先を見る視線の位置に気を使い、常に正中線が真直ぐで垂直かを意識することが、微細なアタリを創り出すことにもつながってくると思います。

僕は、釣り座に座った姿勢で釣りをすることがありますが、一定の間隔での船の揺れは座った尻で感じて肘で補い、イレギュラーな揺れには手首を使って対処、ゼロテンションを維持しています。


【今後の釣り教室】

11月25日(Sat) TKB直前開催!・大型狙いのカワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん
                                          (キャンセル出ました!)



12月3日(Sun) カワハギ釣り教室 at 小見山丸さん(募集中・お後数名様)

12月10日(Sun) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)

12月16日(Sat) 湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん(募集中・お後1名様)

12月17日(Sun) カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん(募集中)

12月29日(Fri) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)



   【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

大好評! RYO'S METHOD ポロシャツ

2017年バージョンのステッカーも好評です




釣り教室では、出船前にレクチャーを行っておりますが、それは、簡単な対象魚の生態、釣る為に適したタックル、仕掛けの他、釣り方などに重きをおいています。

自動車教習所でたとえれば、車とはどんなものか、運転する為にはどうすればいいのか、といったところでしょうか。

ですから教習所では、オイル交換やタイヤ交換などは、直接の運転技術とは直結せず、座学で知識として習うと思うのですが、実地では行っていなかったと思います(数十年前の記憶ですが)。


現代社会では、このブログをご覧になられる方でしたら皆さんが当てはまるように、情報が簡単に手に入る世の中になっています。

そこで、釣り教室の予習と言っては大袈裟ですが、教習所の学科のように、たとえばカワハギ釣り教室の前ではこちららをご覧いただけたらと思います。

Honda 釣り倶楽部 カワハギ釣り入門講座

これは、CHAPTER 1~7で構成されていて、それぞれ短い動画となっており、出船前の準備から始まり応用編までがご覧いただけます。

釣り教室では、お聞きされれば僕が分かることであれば何でもお伝え、お教えさせていただいておりますが、ごく基本的なことは、知識として見聞されて参加なされた方が、上達に向けてのより早道となるかと思います。


教習所でもそうですが、運転するのはご自分、教官ではありません。

釣りでも、釣り上げるのはご自分、僕はそのお手伝いをさせていただいているだけなのです。

RIMG1240


【今後の釣り教室】

11月25日(Sat) TKB直前開催!・大型狙いのカワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん
                                          (満船御礼キャンセル待ち)



12月3日(Sun) カワハギ釣り教室 at 小見山丸さん(募集中)

12月10日(Sun) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)

12月16日(Sat) 湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん(募集中・お後1名様)

12月17日(Sun) カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん(募集中)

12月29日(Fri) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)



   【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

大好評! RYO'S METHOD ポロシャツ

2017年バージョンのステッカーも好評です



↑このページのトップヘ