林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理やアウトドアのことなども!

短パン、サンダル履きから防寒ウエアーにと移りゆく今日この頃、最高気温が20℃台前半、雨模様の9月16日(土)は、薄手のレインを着込んでの乗船となりました。

そんな台風接近の綺麗な朝焼けの日、羽田のえさ政さんには23名ものタチウオファンが御集まりになりました。いつも多くのご参加ありがとうございます。

RIMG0513

宿のテラスでは、皆さんの釣り座決めを行う為の受付けを行っており、同時に当日は撮影もあり、そのの受付けも行っております。

RIMG0515
 
宿の裏手では、
同日から始まったカワハギ乗り合いのエサであるアサリを剥く方々の姿がありました。

RIMG0514

釣り教室では、出船前にレクチャーをさせていただいております。

RIMG0523

レクチャーでは、LTタチウオ釣りに適したタックル、仕掛け、釣り方他をお話しさせていただいておりますが、今回は「RYO’S METHOD タチウオ釣法」である、テーパーハリス仕掛けと小バリを用いて、歯の鋭いタチウオのこと、そこを逆手に取り、エサを飲ます釣り方のお話しもさせていただきました。

RIMG0519

また、動画撮影用の定点カメラが2台(内1台は4カメラ)、カメラマンも手持ちのカメラで、動画と静止画を撮影いたしました。

RIMG0524

RIMG0525

 


レクチャー終了後出船、岩越船長が舵を握る船は一路、
ここの所好調な観音崎沖を目指しました。

釣れ盛っているタチウオの事、ご参加の皆さまが十分釣られれば僕も持ち帰れますので、保冷力の強いプロバイザーHD ZSS2100Xを用意しました。

真空6面パネルのこのクーラーは、保冷力がKEEP80もあり、
氷の持ちが違うことを実感できます。

P9160003

 

ポイントに到着し開始の合図で期待の第1投。最初にタチウオを掛けたのは大内さんでした! 指3本はある良い型でした。

RIMG0529


えさ政さんに乗ったのが久し振りとおっしゃっていた中澤さんは、良型タチウオをGET! RYO’S METHOD タチウオ釣法について、様々なご質問をいただきました。

RIMG0531


これも指4本近い良型です! 釣り上げたのは松永さん。ここのところ、タチウオ釣りに自信を無くしていた松ちゃん、復活いたしましたね!

RIMG0532

お父さんの窪田 精さんとご一緒に参加の昊くん、早めにアタリを捉えました!

RIMG0533


見事大型を釣り上げ、お父さんと共にガッツポーズ! DYFCのキャップがお似合いです。

RIMG0538


丁寧なシャクリで釣られていた宮下さん。ガツンというアタリに電動をON! お見事でした!!

RIMG0539


当日釣りが初めてとおっしゃっていた高橋さん。最初の1投でタチウオを釣り上げました。これからも是非、楽しい釣行をしていただけたらと思います。

RIMG0540


タチウオマスターの大石さん。この日も状況の変化に合わせてシャクリを変えながら、コンスタントに釣り上げていらっしゃいました。

RIMG0542


「ん~、中々難しい」とは山内さん。活性が落ち始めた頃の、苦心されて釣り上げた、
価値ある1本です。

RIMG0543


やや苦戦されていた貝吹さん。某所に「タチウオのシッポの料理法」を紹介されていました。今回の獲物も美味しくですね。

RIMG0544

 

さて、今回は活性が落ちるのが早く、朝一はバタバタと釣れ盛っていたものの、1時間を待たずして急降下してしまいました。

アタリが激減しているそんな最中、様子を見る為釣ってみました。

潮はユックリと流れているもの、船長の指示ダナを1/4回転のシャクリで通しても反応ナシ・・・

今度は1/8でシャクリを入れるも反応ナシ・・・

ではと、シャクリは1/4回転に戻すも、3回シャクリを入れてハンドルを回すといった、「定点で2度シャクリ」を入れた後、3回目のシャクリでエサを動かしてみました。

すると・・・

ロッドにモタレを感じるアタリはあるのですが、その後エサを放してしまうのです・・・

ではと、その場でエサをステイ、エサを放したタチウオ=エサがタチウオの目の前にある状態 を維持、再度モタレにもちこみ、そこで食いを促すためにロッドを上げて行くことはせずそのままキープ、大きく引き込まれてからアワセに入ります。

アタリからアワセ迄が30秒位かかる事はざらにあり、時には1分以上を要することもありますが、ハリを飲ませ完全にフッキングして上がってきます。

 

十分に食い込ませてからフッキング!

MAH01094(3)


テンションはそのままに、船の上下に合わせてリーリング。

MAH01101(4)

海面に天秤が出たらリーリングをストップ。テンビンを手に取りハリスを手繰り抜き上げます。

MAH01101(5)

やりました、一丁上りです!

MAH01101(6)

 

 

ロッド:極鋭タチウオゲーム AGS MH-180

リール:ミリオネア バサラ

ライン:メガセンサー12ブレイド 1号

テンビン:快適天秤 マルチ/スピード

 

そんな活性の低い中盤でしたが、きわどいアタリに掛けに行った原さん、お見事でした!

RIMG0545


若井さんは、その活性が落ち込んだ中盤よりパターンを見つけヒットに結び付けていました。流石の一言です!

RIMG0546


時折混じる美味しそうなアジを釣り上げたのは大川原さん。タチウオは沢山釣ったので、
ゲスト狙いかな?

RIMG0547


タチウオ釣りが始めてのしえいさん。コンスタントに釣り上げ「面白いですねぇ~~!」と、
嬉しそうな表情です。

P9160008


照井さんと山田さんは、時合が来れば必ずと言っていい程釣り上げていらっしゃいました!

P9160004


タチウオマスターの伊藤さん。更なる進歩、更なる釣果を期待しておりますよ!

P9160005

 


最後に船長は大きな反応を見つけ、船中バタバタと盛り上がりの中終了でした。

 

下船後には、当日の状況、次に繋がる内容お話しをさせていただいております。

RIMG0559

そしてジャンケン大会なども。

RIMG0561

 


今回、朝一の活性が急降下する中での釣りとなりました。

釣りのセオリーの1つに、「食いが渋くなって行くほどユックリと動かす」といったものがあります。

当日はまさに、そんな状況がすぐに表れた日となり、そんなタチウオの心情をいかに汲み取り次の一手に生かすかがキーとなりました。

 

ご参加の皆さま、ありがとうございました。何か得るところはございましたでしょうか。

 

RIMG0563

 

えさ政さん、大船長、女将さん、岩越船長、矢内さん、今回もお世話になりました。

タチウ釣り教室はまた来年の予定となります。

 

RIMG0535

 

 

   【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

また、2017年バージョンのステッカーも好評発売中です!



【釣り教室の予定】

10月1日(Sun) カワハギ釣り教室Vol.6 at えさ政釣船店さん(満船御礼・キャンセル待ち)

10月7日(Sat) DKO強化カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(満船御礼・キャンセル待ち)

10月9日(Mon) 追加日程DKO強化カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)

10月14日(Sat) カワハギ釣り教室Vol.6 at えさ政釣船店さん(募集中)

10月15日(Sun) エギスミイカ釣り教室 at 吉久さん
(募集中)


 

「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざがあります。

これは「方々に目を向け、欲張って多くを得ようとしても、一つも得られない」との意だと解釈できます。

たとえば「スポーツ」に当て嵌めてみると、野球なら野球一筋、それだけを日々練習していたら、そこそこのレベルになるであろうことは想像に難くないと思うのです。

ただ、バレーボールもやりバスケットも、卓球やテニスと、様々なスポーツを楽しむとすれば、個々に割かれる時間は当然少なくなり、「広く浅く」といったことになるのではないでしょうか。


釣りでは、スポーツ同様沢山の種目ならぬ魚種があり、釣技的にはそれぞれリンクする部分が多いものもあれば、全く違ったスキルを要するものもあります。

色々な釣りをすれば、それだけ新たな経験をすることとなるばかりか、食べる為の魚種が増えることも楽しみでもあります。

ただ、前記のように、深さの部分では浅くなってしまうことは否めません。


でも、釣りを趣味、遊びだと捉えればそれで良いと思いますし、されど遊びと思うのであれば、それは魚種を絞り、英知を傾けなければなりません。


僕は後者の方で、限られた魚種を季節の移ろいと共に追い掛け、自分なりの考え、釣り方を模索することが好きなのです。


  【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

また、2017年バージョンのステッカーも好評発売中です!



【釣り教室の予定】

10月1日(Sun) カワハギ釣り教室Vol.6 at えさ政釣船店さん(満船御礼・キャンセル待ち)

10月7日(Sat) DKO強化カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(満船御礼・キャンセル待ち)

10月9日(Mon) 追加日程DKO強化カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)

10月14日(Sat) カワハギ釣り教室Vol.6 at えさ政釣船店さん(募集中)

10月15日(Sun) エギスミイカ釣り教室 at 吉久さん
(募集中)



これからがカワハギ釣りのトップシーズン、今年は東京湾内のカワハギ釣り場である千葉県の竹岡に、通称「コッパ」とか「ワッペン」と呼ばれる小型カワハギが多く、まだ小さいことから、釣り上げたとき大半はリリースするのですが、ハリを飲んでしまっている個体などは持ち帰り、美味しく料理することにしています。

170914_090405


①カワハギのさばき方は色々とありますが、オーソドックスなのは、背にあるツノのすぐ後ろに包丁を入れ。

170914_090519


②そこからポキンと2つ折りに、頭と胴体を切り離します

170914_090542


③秋には、頭部に肝が入っていますので、こわさぬように取り出しておきます。身は、その名の通り、切り口から簡単に皮を剥ぐことができます

170914_090606


170914_090646


④コッパの皮を剥いてザルに並べるとこんな感じです。

170914_091329


⑤キッチンバサミでヒレを切り取ります。

170914_092121


⑥筒状にロールに巻かれているフードセーバー専用の袋を、カワハギの全量を入れても十分余裕がある長さに切り取ります。

170914_092316


⑦一方の端をフードセーバーでシートシールし密封させ、袋状になったところにカワハギを入れ、めんつゆの素えお薄めずに、この量だと大さじ2杯位注ぎ入れます。

170914_092435


170914_092509


⑧フードセーバーに挟み込み、「汁気の多い食品」を押し、次に「空気の吸引 & 自動密封」を押します。袋の中のつゆが出て行ってしまうようなら途中で止め、袋の内側の水分を拭き取り、もう1度「空気の吸引 & 自動密封」を押し、つゆが上がって来たら再度押せば空気の吸引が止まりますので、密封を押せば完成です!

170914_092613


170914_093104


170914_093114


このまま冷凍庫に入れ、自然解凍させてからコンガリと焼きます。

161123_191700


「めんつゆに浸けて焼いたただけで美味しいの?」

だまされたと思って、是非おためしいただけたらと思います。


〔お ま け〕

カワハギのゲストにはトラギスが付き物でですが、大きなものだけ選ってもちかえります。

①ウロコを落として頭を落とし

170914_082711



②三枚におろし

170914_082659


③水分を切ってフードセーバーの袋に並べます

170914_083226


170914_084518


④真空にして冷凍保存。揚げ物をする時に塩コショウ、小麦粉をはたいて揚げれば、美味しいフィッシュチップの出来上がり!

170914_084639


170914_084722




 【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

また、2017年バージョンのステッカーも好評発売中です!



【釣り教室の予定】

9月18日(Mon)  湾フグ「仕掛け作り」教室 at ふみ屋さん(募集中)


10月1日(Sun) カワハギ釣り教室Vol.6 at えさ政釣船店さん(満船御礼・キャンセル待ち)

10月7日(Sat) DKO強化カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(満船御礼・キャンセル待ち)

10月9日(Mon) 追加日程DKO強化カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)

10月14日(Sat) カワハギ釣り教室Vol.6 at えさ政釣船店さん(募集中)

10月15日(Sun) エギスミイカ釣り教室 at 吉久さん
(募集中)




↑このページのトップヘ