林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

今季好調な釣果で推移しているアカメフグ。

体躯がズングリしていて、大型の重鈍な引きが魅力でもあり、1週間以上寝かしたその刺身は釣り魚の中でも上位になるのではないでしょうか。

12月8日(土)、そんなアカメフグ釣りの教室を羽田のえさ政釣船店で開催させていただきました。

当日お集まりいただきましたのは25名様、今回は「月刊つり人」の落合記者も同船、「冬の旬を美味しく食べる(仮題)」(12月25日発売予定)の取材もさせていただくこととなりました。

 

えさ政さんでの釣り教室では、宿の前面、多摩川に面したテラスで釣り座決めの受付けをさせていただいております。

RIMG4867

出船30分前からは船上でレクチャーを開始させていただいております。

RIMG4872

当日は雲が厚く、まだほの暗い中での開始となりました。レクチャーでは、アカメフグとは? タックル、釣り方などについてお話しさせていただいております。

RIMG4874

RIMG4871

RIMG4881

RIMG4882

 


レクチャー終了後、柳沢船長が舵を握る船は、平場で大場所である富岡沖を目指しました。

出船して多摩川を航行中には、エサの切り方、付け方を個々にお伝えさせていただいております。

RIMG4886

RIMG4888

 


船は1時間足らずでポイントに到着、早速期待の第1投です!

船中1匹目のアカメは斉藤さんにヒットしました! アナリスター 湾フグが鋭敏なアタリを捉えました!!

RIMG4893

 

朝から方々でアタリが出だしています。早速赤松さんも掛けました! 価値ある1匹を物語る表情をされていますね!!

RIMG4895

 

左舷大艫の猪股さん。やはりスタートダッシュで掛けました! 終盤には同じポイントでカワハギもヒット!!

RIMG4897

PC080021

 

これは大きい! 早々に当日の船中最大魚を釣り上げられたのは新美さん。この重量感、カットウガ良いところに掛かっています!!

RIMG4898

 

森本さんに中型がきました! 小さなアタリにアワセを入れて、ガツンという衝撃の後に心地良い引きを楽しんでおられました。

RIMG4899

 

これもいい所にカットウが掛かっています。釣り上げられたのは諏訪さん。ここのところメキメキと釣りの腕前を上げていらっしゃいます。

RIMG4900

 

レクチャー中、いつも熱心にメモを捕っておられる諏訪さんの奥様。この日も手堅くアカメを釣り上げられていました。

RIMG4905

 

右舷舳は神保さん。アナリスター 湾フグは穂先が敏感で、ホバリングしながらのフグの小さなアタリを捉えて目感度へ、ハリを噛んだアタリを手感度に響かせます。

RIMG4903

 

朝のうちによい写真が撮れ、取材がひと段落した時に落合記者もロッドを出してみることにしました。

そうしたら「難しいですね・・」と言いながらも見事アカメをGET! 流石の一言でした!!

RIMG4904

PC080016

さて、当日は取材も兼ねていたため、僕も早目からロッドを出させていただき、誌面用の写真にと奮闘しました。

当日は水路を攻めてその後富岡沖へ、また水路へと戻り、前半と終盤にアタリが集中しました。

富岡沖は比較的平場で、キャストしても貝殻などがカットウに掛かってくることはありますが、根掛りはほとんどしないポイントに対し、水路では、その護岸を支えるゴロタが際にあり、キャストすると根掛りのリスクが伴います。

でも、垂直な護岸の直下は浅いものの、離れるに従って掛け上りになっており、注意してキャストしその斜面を根歩きさせるように丹念に探って行きました。

PC080019

 

ロッド:メタリア 湾フグ   リール:スパルタン RT TW   ライン:12ブレイド0.8号   リーダー:タフロン4号   シンカー:紅牙遊動テンヤ 

     カットウ:D-MAX カットウ針 SS Lサイズ

PC080005

PC080007

PC080012

PC080011

PC080004

 

釣り教室のよくご参加いただいていて、いつも謙虚な鈴木さん。ジックリとした集中力でアカメのアタリを捉えました!

RIMG4906

 

青山さんにも美味しそうなサイズのアカメがきました! 嬉しそうな表情、やりましたね!!

RIMG4907

 

富岡沖では風も少しあり寒い中、見事に繊細なアタリを捉えられたのは菊地さん。お見事でした。

RIMG4909

 

当日、ゼロテンパーミングの練習をされていた後路さん。船はポイントの真上まで連れて行ってくれますが揺れてしまいます。その揺れを制すればこの通りです!

RIMG4912

 

DAIWAのキャプが決まっている畠山さん。中型のアカメを仕留めて一息といったところでしょうか。

RIMG4915


中島さんも見事アカメをGET! 良い釣り、良い笑顔です!! 

48255937_329475097641381_1282687301436047360_n



初めて釣り上げられたフグが大型だったのは澤口さん。嬉しそうな表情をされています! やりましたね~~!!

RIMG4916

 

誘い下げの後のステイが短かった飯島さんでしたが、食わす間を与えてこの通り! おめでとうございます!!

RIMG4918


初めてにして7匹のアカメを釣り上げられた木原さん。写真はクサフグですが、アタリを出して掛けるプロセスは同じなのです。

RIMG4921

 

今井さんに中型のアカメが! 苦心して掛けた1匹は一塩、熟成させて刺身ですかね。

RIMG4923

 

東海林さんに大型が! やり取りをして水面で引き抜きました!! その全てを見させていただきましたがお見事でした。

PC080017

 

複数匹釣り上げた方も多く、大満足の内容のアカメ釣り教室、定刻まで釣り切って沖上りいたしました。

PC080026

 


下船後は宿の裏手にて、当日の状況をお話しさせていただいており、次の釣行のヒントにしていただいております。

RIMG4925

 

RYO’S METHOD ステッカーを賭けたジャンケン大会!

RIMG4926

 

大好評、ヨリモドシ掬い!!

RIMG4927

RIMG4928

 


今季好調なアカメフグ、刺身を始めどんな料理にしてもすこぶる美味な事うけあいです。

ご参加いただきました皆さま、何か得るものはございましたでしょうか。

えさ政さん、大船長、女将さん、柳沢船長、マスター、佐川さん、矢内さん、この度もたいへんお世話になりました。

落合記者ご苦労さまでした。12月25日発売の月間つり人誌、楽しみにしております。

RIMG4884

 

好調なアカメフグ、えさ政さんでの教室はまた12月24日(月・振替)に開催させていただきます。

PC080023



【釣り教室のご案内】

アマダイ釣り教室 at えさ政釣船店さん12月23日(日・祝)・お後4名様となりました

〔New〕湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月24日(月・振替)・今季絶好調です!



数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う
仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅 2018 Compilation Film

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け


詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。

DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます。     



林 良一 facebook






抜き上げとヒラウチ <前編>抜き上げ より続きます


これも釣り教室でご質問いただく「ヒラウチ」。

海底付近でオモリを暴れさせ、そのフラッシング効果で好奇心があるカワハギの気を誘うテクニックです。


さて、そのヒラウチですが、オモリが着底したら底を切り、ロッドとラインは直角に、その状態で手首のスナップを効かせロッドを鋭く早く短く上下させます。

この時トップガイドは定点に止ったまま、ロッドの胴中がムチ打つようなしなりを繰り返します。

海中のオモリはツンツンと連続して引っ張られる状態となり、重心を中心として揺れ動きます。

オモリの「面」が光りを方々に反射=フラッシング するのです。


でも先に書かせていただいた「ロッドとラインは直角に」となっていない方をお見受けすることがあります。

ロッドを胸の前に構えてオモリが着底、そのままラインを張って、手首を中心にロッドを起こして行けばオモリは底を切るのですが、ラインとロッドの角度は鋭角となってしまいます。

その角度でヒラウチをすると、先だけ軟らかなカワハギロッドには負担が掛かり、穂先の疲労、果てはそこから折れてしまうこともあります。

これは先にリリースさせていただいた抜き上げにも通じることで、抜き上げ時にも、ロッドとラインを鋭角にして、魚の重さが加われば加わる程、魚が抜き上げ時に暴れれば暴れる程、穂先は悲鳴を上げてしまうのです。

ですから

ヒラウチをする時は、胸の前で水平に構えたロッドはそのまま水平のままに、腕を使ってラインとロッドが直角のままオモリを切って行きます。

戻す時もロッドは水平のまま、下してきます。


抜き上げとヒラウチ ≪後編≫オモリの形と色  に続きます


【釣り教室のご案内】

アマダイ釣り教室 at えさ政釣船店さん12月23日(日・祝)・お後4名様となりました

〔New〕湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月24日(月・振替)・今季絶好調です!



数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う
仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅 2018 Compilation Film

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け


詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。

DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます。     



林 良一 facebook











「年魚」とは、生まれてから1年以内に死んでしまう魚のことを指す意味があります。

アユは年魚であり、生殖活動をすると死んでしまいます。

先日釣行したマダコも、一説によれば年魚ということで、生まれてから1年で死んでしまうというのです。


東京湾では夏、小型の数釣りが楽しめるマダコですが、夏に小型ということを鑑みると、春頃生まれた個体だと考えられ、そうすると、冬の終わり頃には死んでしまうのでしょうか・・・

でも、先日釣り上げた4キロを超えるタコは、その大きさから1年しか生きていたサイズとは思えず、低水温に弱いタコは冬場、温かな温排水などがあるところで生息していることで年を越え大型になるのでしょうか?

IMG_20181201_085756


吉久さんでマダコ乗り合い担当の峯岸船長も

「1年で死んでしまうのもいるとは思うけど、大型は年越しているよね、きっと」と。


エギタコ釣りをしていると、タコエギにタコが覆いかぶさってくるアタリがあります。

それは、搗き立ての柔らかな餅が乗ってくるような感覚で、そこから更に誘い続け、アワセを入れてタコを水の抵抗を受けさせてカンナに掛けます。

夏の小ダコのつもりで冬の大ダコを釣っていると、そのアタリの感じは、突然重さを伴った、餅だとすると固い餅が急に乗ってきたようなアタリとなります。

そこから大アワセをして、地底を剥がす時のロッドの曲り、その重さが醍醐味のエギタコ釣りなのですが、やはりその重さ、大きさは1年ものでは無いような気がします。



【釣り教室のご案内】

カワハギ釣り教室 at 小見山丸さん12月9日(日)・難しい時の釣り方は?まだ余裕がございます

アマダイ釣り教室 at えさ政釣船店さん12月23日(日・祝)・お後4名様となりました

〔New〕湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月24日(月・振替)・今季絶好調です!



数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う
仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅 2018 Compilation Film

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け


詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。

DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます。     



林 良一 facebook




↑このページのトップヘ