林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

剣崎沖解禁後、2日程でのカワハギ釣り教室を巳之助丸さんにて開催させていただきましたことは、先のブログで発信させていただきました(初日2日目の模様です)。

我家から巳之助丸までには、高速のルートにもよるのですが100km位の距離があります。

そこで、釣り教室でもプライベート釣行でも、2日程の時は近くに宿泊することが多いのです。


今回は、両方の日程にご参加される方が4名いらして、僕と矢内さんを含めた6名で民宿に泊まったのでした。

初日の下船後、とある中華屋さんで腹ごなし後スーパーへ、各々お酒や肴など思い思いの買い出しをして宿へと向かうのです。

各部屋で汗を流して1部屋を会場とし、持ち寄ったものを並べて反省会という名目の呑み会の開宴なのです(笑)

39077323_1805544609537206_2280862998383820800_n

最初は当日の状況などをお話しさせていただき、反省会的なスタートをするのです。

そこで「今日は開始から1時間が好調で、そこからアタリが激減してしまいました。
ただ、明日の潮見は1時間遅れるので、明日は開始から2時間位チャンスタイムがあるかもですね」とお話ししたのです。

そして、しばらく呑み進める内に皆さん饒舌に、そこで、右から3番目の日下さんがこう言い出しました。

「明日は2時間でツ抜けする!」と!!

誰からともなく「では、2時間でツ抜けしなかったらどうするの?」

表情を固まらせ、目を見開き考える日下さん・・・

そこでまた誰かが

「じゃあ、ツ抜けしなかったら、帰りに皆にラーメンおごりね!!」と!!

ちょっと驚く日下さん、でも「はい、いいですよ。帰りのくるまやラーメンで」と言うと

すかさず豊さん(写真右端)が「フカヒレだよ、フカヒレラーメン、中華街、中華街!」と日下さんをからかうのです(笑)

「でもさ、日下さんが勝っても何の得もないし、負けたらラーメンおごりでいいの?」との問いに

間髪入れずに彼は「はい、いいです」と!!

P8110012


翌日、立川さん(写真左から3番目)と冨永さんに挟まれる釣り座にて、8時10分より勝負開始、もちろん勝っても何の得もなく、負ければラーメンおごりという、いわばご自分で言い出した罰ゲーム的な勝負なのです。

2時間終に了後、結局ツ抜けには届かず、帰りは幸楽苑にて皆に(お子様含めて確か8名)にラーメンをご馳走してくれた日下さん。

皆食べ終わり、伝票を手にレジに向かう彼の後姿は、もちろん勝ち誇った背中なわけでもなし、ガックリ肩が落ちているわけでもなかったのですが、ポロシャツの背中の RYO'S METHOD のマークが少し大きく見えたような気がしました。


こんな、2日間の釣り教室の〆を盛り上げようとする粋な日下さん。

タオルを被って釣りをして、眉毛の上からクッキリとツートンカラーの顔でスーパーに買い出しに行った日下さん。

優しく気のいい日下さん。

RIMG3861


2日間ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。


 【釣り教室のご案内】

夏休み! アジ釣り教室 at えさ政釣船店さん8月19日(日)

カワハギ釣り教室 at 小見山丸さん 9月1日(土)

〔New〕カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん9月2日(日)

〔New〕カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん 9月17日(月・祝)

※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

※詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)

※DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいております     



林 良一 facebook



前日に引き続き追加日程として、8月12日(日)も巳之助丸さんにてカワハギ釣り教室を開催させていただきました。

RIMG3863

RIMG3864

レクチャーでは、前日に引き続きご参加の方が何人かいらっしゃる中、大切な部分はそのままに、お伝えしていなかった内容も盛り込みました。

RIMG3870

RIMG3868

RIMG3875

RIMG3871

レクチャー終了後に出船、エサの付け方を個々にお伝えさせていただきました。

RIMG3876

RIMG3880

RIMG3885

剣崎沖は相変わらずの澄み潮で、前日程では無いにしろ朝一はアタリが多い様相でした。

最初に釣り上げられたのは、右舷大艫の倉田さん。多くのご質問をご用意されて来られたようでした。

RIMG3889

冨永さんは60thのSFで釣り上げました! この1枚、思い出に残る1枚ですね!!

RIMG3891

P8120023

小前さんはなにやら、美形のカワハギを釣り上げこの表情 綺麗な魚体、珍しい色合いの1匹でした。

RIMG3892

これまた多くのご質問をいただきました浅野さん。次回は是非、自作の仕掛けでカワハギを釣り上げていただけたらと思います。

RIMG3893

 

左舷舳は竹内さん。この時期の啄むようなカワハギの摂餌に苦労されているようでしたが、先ずは手堅く1枚をキャッチ!

RIMG3896

小峰さんも60th SFで良型を釣り上げました! いつも笑顔の小峰さん、この時ばかりは凛々しい表情でした。

P8120022

誘い方、アワセの仕方のご質問をいただきました田村さん。そのタイミングが合ったよう、念願の1枚を見事手にされました。
RIMG3897

カワハギ釣り初挑戦の小田切さん。「なるほど、分かりました!」と、勘所を掴まれたようです!

RIMG3898

様々なゲストを釣り上げ「今日は五目釣りだ」と笑っておられた縫村さん。待望の1枚を手にこの表情です!

RIMG3899


日下さんも小型ながら手堅く1枚を釣り上げこの表情。F-1を使わせたらこの方、上手いですよ~

RIMG3900

 


さて、前日はモーニングサービスが少しあったものの、この日カワハギはあまり活発にエサを追いませんでした・・・

午後からは3枚潮気味となってしまい、上げ潮の筈が表層の潮は下げており、たいへん釣り辛い状況でした。

オモリを着底させると、それからまたラインが出て行ってしまい、きっと海中ではラインが様々な方向のS字を描いているような状況が推察できました。

そんな状態では、小さなアタリのカワハギのこと、アタリを感知出来ずにエサだけ盗られてしまうことが考えられます。

こんな時は、とにかくラインに張りを出すように、オモリを切っている状態でも底に着けている状態でも、タタキを入れながらラインを巻き取り、なるべくラインスラッグが無い状況を作ることが大切になってきます。

RIMG3903

ロッド:極鋭カワハギ EX AGS ボトム  リール:スパルタン TW  ライン:UVF メガセンサー 8ブレイド+Si  0.6号

P8120026

 


立川さんは安定の釣りっぷり、と褒めようと思ったら、ヨソギちゃんと遊んでいました(笑)

RIMG3901

RIMG3907


「大きい、大きいのきたよ~!」の声に振り向くと、何と肉厚のマコガレイが! でもカワハギも!! 樋口さん、ナイスでした!

RIMG3904

RIMG3909

お父さんとご参加の晄子ちゃん。終わってみればお父さんより1枚多く釣ったとか!? 当分自慢しちゃいましょう!

RIMG3906

 

この日石川さんは苦戦されていましたが、中盤からは会心のアタリを掛けに行きこの通りでした!

P8120029

 

カワハギ釣り初挑戦の若月さん。でも平均を超えるカワハギを手にし、次回はマイロッドでのカワハギ釣りですかね。

RIMG3910

 

当日は曇り空、そよそよと吹く北風が心地よい1日でした。

今回はアタリが少な目で、3枚潮もあり難しい日でしたが、皆さん沖上りまで頑張っておられました。

 

下船後は、その日1日の状況をお話しさせていただいており、今後の釣りに繋げていただけたらと思っております。

RIMG3913

ステッカーを賭けたジャンケン大会。

RIMG3915

解散後はヨリモドシ掬いを開催!

RIMG3917

 

ご参加いただきました皆さま、是非またカワハギ釣りに挑戦していただけたらと思います。

巳之助丸さん、大船長、女将さん、功一船長、矢内さん、2日間お世話になりました。

RIMG3866


熱いカワハギロードはまだ始まったばかりです.

P8120019

 

【釣り教室のご案内】

夏休み! アジ釣り教室 at えさ政釣船店さん8月19日(日)

〔New〕カワハギ釣り教室 at 小見山丸さん 9月1日(土)

〔New〕カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん9月2日(日)

〔New〕カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん 9月17日(月・祝)

※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

※詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)

※DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいております     



林 良一 facebook

毎年6月、7月の自主解禁を経て8月1日にカワハギ釣りが解禁となる剣崎沖。

そんな、丁度ポイントのリサーチが一巡した頃となる8月11日(土・祝)、久比里の巳之助丸さんにてカワハギ釣り教室を開催させていただきました。

 

宿の横のスペースで釣り座決めの受付けをしていいると、続々とご参加の皆さまがお集まりになってきます。

そして当日はカメラマンが乗船、動画撮影をさせていただきました。

RIMG3814

 

釣り教室では、船上にてレクチャーを行っております。

RIMG3818

レクチャーでは、四季を通じてのカワハギの生態、この時期ならではの摂餌の仕方、タックル、仕掛け、釣り方などをお話しさせていただいております。

RIMG3823

RIMG3820

レクチャー終了後、23名様を乗せた功一船長の船は、
平作川を下り舳先を剣崎沖に向けました。

ポイントまでの航行中、大切なエサ付けは個々にお伝えさせていただいております。

RIMG3826

ポイントは剣崎灯台付近の20m前後。潮色は済んでいて良好、1投目から期待が持てそうな雰囲気です!

RIMG3841

開始早々、そう、オモリが着底して数秒で掛けたのは、「またさん」こと猪俣さん。何とロッドはとリールは60th Edition! それで開始早々に釣り上げたのですから、もしかしてユーザーさんの中で最速に60thセットでカワハギを釣り上げたかも知れません!!

RIMG3832

 

P8110005

 

P8110001

コッパも混じった当日、そんな泳ぎが巧みで摂餌が上手いコッパを掛けたのは石川さん。このサイズが釣れれば大型は容易くハリ掛かりさせられるものです。

RIMG3833

タチウオに続きカワハギ釣り教室にもご参加いただいた小松さん。手堅く中型をGETです!

RIMG3834

右舷舳は粕谷さん。これは良い型、ヒレが回復している夏カワハギです。水面まできて大暴れしていました。

RIMG3835

 

中村さんは小型を釣り上げました。朝一からしばらくは、活発なアタリが続きそれに追従されていました。

RIMG3836

浅場の黒っぽいカワハギを釣り上げたのは豊原さん。このサイズになると引きも強く、釣り上げると夏カワハギを堪能した気持ちになります。

RIMG3837

 

ジックリと狙っていた佐藤さんですが、アタリにはすかさず反応して掛けられていました。

RIMG3838

背びれがまだ傷んでいるものの、この時期特有の、産卵から回復傾向のカワハギを釣り上げたのは立川さん。

RIMG3842

これぞ会心の1枚という笑顔の伊藤さん。カワハギ釣りの面白さを味わえましたでしょうか。

RIMG3843

久し振りのカワハギ釣りとおっしゃっていた高橋さん。でも、釣る時はキッチリと釣られていました。流石!

RIMG3845

 


さて、開始から小1時間でほとんどの皆さまがカワハギを釣り上げられました。

このタイミングで僕も、ロッドを携え皆さんの間に割って入らせていただき、ご質問をお受けしながら、また、お話ししながら釣らせていただきました。

RIMG3849

当日の状況は、良い感じの澄み潮が流れていて、ポイントを流し替える度に船中どなたかのロッドが曲るといった感じでした。

しかし、下げ潮が緩くなってくると緩やかに活性が下がり、アサリのワタだけ盗られて行くような状態になってきました。

こんな時は産卵後ということもあり、中オモリを使って「弛ませる⇔沢山弛ませる」を繰り返しながらアタリを出し、アタリがあっても、ハリ先をより口の奥に入れるために幹糸に弛みを持たせてからのアワセとなります。

DSC02656

ロッド:極鋭カワハギ EX AGS ボトム  リール:スパルタン TW  ライン:UVF メガセンサー 8ブレイド+Si  0.6号

 

日下さんにボトムをお貸しし1投目、すぐにカワハギを掛けてくれました! 流石です!!

P8110011

P8110012

 

さて、活性が下がって行く中、植野さんにヒット! 浅場のカワハギはこのサイズでも結構引きが強いものです。

RIMG3846


大髙さんに大型がヒット! 背びれの傷が夏カワハギの特長、体色の濃い活性の高い個体です。

RIMG3847

様々なご質問をいただいた大木さん。コンディションの良いカワハギを釣り上げられました。

RIMG3848

これは大きい! 釣り上げられのは疋田さん。31cmあったそうです!!

RIMG3850

これも大きい! 釣り上げられのは奥田さんん。色白のベッピンさんでした。

RIMG3851

タチウオに続いてカワハギ釣り教室にもご参加いただいた鈴木さん。ロッドをメタリアに替えた途端に連発でしたね!

RIMG3852

 

夏の日差しの中、心地良い南風を受け定刻まで釣りができました。

下船後は宿の横のスペースにて、当日の状況をお話しさせていただいており、次の釣行に繋げるヒントにしていただいております。

RIMG3853

8月よりリニューアルした RYO’S METHOD ステッカーを賭けてのジャンケン大会!

RIMG3857

解散後は大好評のヨリモドシ掬い!

RIMG3859

 


夏本番の日並、夏特有のカワハギ釣りでした。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。何か得ることはございましたでしょうか。

巳之助丸さん、大船長、女将さん、功一船長、矢内さん、大さん、お世話になりました。

DSC02571

この翌日も巳之助丸さんにて、追加日程のカワハギ釣り教室です!

RIMG3811

 

 
【釣り教室のご案内】

夏休み! アジ釣り教室 at えさ政釣船店さん8月19日(日)

〔New〕カワハギ釣り教室 at 小見山丸さん 9月1日(土)

〔New〕カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん9月2日(日)

〔New〕カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん 9月17日(月・祝)

※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

※詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)

※DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいております     



林 良一 facebook

↑このページのトップヘ