林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理やアウトドアのことなども!

東京湾の夏の風物詩と言っても過言ではない、大人気のタチウオ釣りが開幕いたしました!

その開幕を見越して、えさ政さんで第1回目のタチウオ釣り教室の日程を組ませていただきましたが、前日より浅場で好釣果が記録され、期待十分の初回教室となりました。

今回ご参加いただきましたのは24名様。いつも多くのご参加ありがとうございます。

 

釣り教室では、出船前に船上でレクチャーを行っております。

P7160045

 

レクチャーでは、前日より「夏タチウオ」釣りになってきて期待が持てそうなこと、そんな浅場のタチウオは、どのようなタックルで攻略するのか? テンビンはは?仕掛けは? 気になるシャクリ方のポイントは? 取り込む時の注意点等をお話しさせていただきました。

20108172_1910355599223378_8465799455993247230_n

P7160049

 

30分程のレクチャー終了後、岩越船長が舵を握る船は富津岬の手前、木更津沖の南の海域を目指します。

ポイントに到着するまでに船を一回り、エサ付けのレクチャーは個人個人で行っております。

P7160051

P7160052

 

約1時間の航行で船はスローダウン。目前には、おびただしい数のタチウオ船団が!!

P7160053

 

船は船団をぐるりと一周、魚探を睨む岩越船長。ここぞというところで開始の合図、船中1本目のタチウオは、千葉さんが釣り上げられました。

P7160057

 

「たけちゃん」こと武田さん。状況に合わせた緻密なシャクリを展開し見事GETです!

P7160058

 

果敢にアタリは出すが、掛け所が難しい、浅場で小型のタチウオ。エサを放した直後のシェイクでお見事でした大河原さん。

P7160091

P7160059

 

真剣な表情でシャクリを入れていた柘植さん。シャクリとシャクリの間のアタリで掛けました!

P7160060

 

「タチウオ釣りは始めてなんです」という山田さん。基本に忠実に釣ることで、この日船中最高の釣果に! このまま万進していっていただけたらと思います。

P7160061

 

「りょうさんのタチウオ釣りの映像を観てきました」とは日野さん。慣れてくればこの通り、その予習が効きましたね!

P7160062

 

硬めのゲームロッドで初挑戦の村田さん。開始直後はショートバイトが多く、すぐに掛けられる硬調ロッドに分がありました。

P7160063

 

危なげない釣りを展開する岸さん。この日も見ていて安定した釣りをされていました。流石です!

P7160064

 

小川さんの奥様もタチウオ釣り初挑戦! やはり予習されてきたようで、当日のアドバイスをはめ込んで、バッチリ釣っていらっしゃいました。

P7160065

 

「初めての大艫です」とは貝吹さん。ポイントを移動する度に釣っていらっしゃいました。次回はシェイクを覚えて釣果アップですね!

P7160066

 


さて、朝の時合が終わる頃、スーパー舳で竿を出してみることにいたしました。

水深は15m前後で、指示ダナは8~5mでしたので、8mまで沈めてシャクリに入りました。

ここで、指示ダナの幅が3mしかないので、深場の冬タチウオのような大きな幅のシャクリでは、そのタナを一瞬で過ぎてしまいます(実際そんなシャクリで、全くアタリが出ない方もいらっしゃいました)。

それでは?

リールのハンドルの1/4~1/8位の、細かく小さなシャクリ=エサが揺れながらユックリと通過する を意識してシャクリを入れ、3mのタナを効果的にエサを目立たせ通過させます。

その細かな、連続したシャクリとシャクリの一瞬エサが止まった時にアタリがありますが、超ショートバイトでハリ掛かりに至らないことも多いようでした。

そこで

ショートバイト直後は、エを食べようとする活性が高いタチウオがまだエサの近くにいるわけで、一噛みされて瀕死の状態のイワシを演出する為に、タタキを入れてピクピクと、切り身エサを動かします。

その後、極々ユックリと聞き上げる=エサが逃げる 動作をすることで、逃げるエサを逃すまいと、たまらずタチウオはエサを襲ってきます。

P7160075

 

ロッド:極鋭ゲーム M-175

リール:スパルタン RT TW

ライン:紅牙12ブレイド 0.6号


テンビン:快適天秤 スピード スピード Φ1.2-200


ハリ:D-MAX 船タチウオ SS 1/0、2/0


ハリス:タフロン船ハリス EX 5~8号


オモリ:快適船シンカー S 30号

 

 

さて、「中ちゃん」こと中山さんは、前日に深場の釣りに行き当日はタチウオ、翌日はまた深場の釣りに行くというタフさ! 見習いたいものです。

P7160067

 

村田さんの奥様、藍さん。この日の旦那とのバトルはイーブンでした。愛さんが買った場合は、極鋭ゲームを買ってくれると言うこですよ~(笑)

P7160069

 

マルイカ釣り教室にもご参加いただいた夏目さん。最初苦戦されていましたが、勘所を掴まれたよう、お見事でした。

P7160070

 

「ん~、アワセ所が分からない」とは多々良さん。そこと、エサ付けを詳しくお伝えしたところ、すぐに釣り上げられました。

P7160071

 

1年振りのタチウオ釣りにちょっと苦戦していたのは松永さん。でも、時間が経つにつれて勘が戻ってきたようです。

P7160073

 

序盤苦戦されていた荒谷さんでしたが、柔らかなロッドを硬く使う方法で勘所を掴みました。お見事!

P7160079

 

中乗りさんのように、釣り教室のお手伝いをしていただいている矢内さん。竿を出せば瞬時にこの通り! 流石です!!

P7160081

 

「深場はやったことがあるんですが、浅場は初めてなんですよ」とは大塚さん。タチウオ釣りには一か条をお持ちで、こだわりの水中ライトを点けての釣りでした。

P7160084

 

「あっちゃん」こと小川さん。奥様にお教えしながら、あれあれ、奥様に引き離されて・・・。でもこの笑顔! 心より釣りを楽しんでいる表情ですね。

P7160085

 

船中タチウオが釣れ盛り、「バタバタバタ」と、その尻尾で船縁を叩いている音を聞きながら、2時間絶不調だった佐藤さん。でも、起死回生の釣り方で、後半グングンと釣果を伸ばしていらっしゃいました。

P7160086

 


さて、今年初のタチウオ釣り教室でしたが、型は小さかったものの、皆さん十分な釣果でした。

下船後は宿の裏手で、その日の状況、総評をお話しさせていただいております。

P7160093

 

食いダナが狭い事、潮が濁っている事があり、細かなシャクリが功を奏しました。


ご参加の皆さま、ありがとうございました。何か得るところはございましたでしょうか。


えさ政さん、大船長、女将さん、岩越船長、今回もお世話になりました。


  8月13日(日)にも、 LT夏タチウオ釣り教室 Vol.3 at えさ政釣船店さんを開催させていただきます。

こちらはまだ余裕がございます。

釣って楽しく食べて美味しいタチウオ、是非ご参加いただけたらと思います!

PD1-1500194701-6-840

 


タチウオ釣りは初めてでしたが、一人だけ20本台を釣り上げた山田さんの雄姿。

P7160088

P7160089

P7160090

P7160083

 


【今後の釣り教室のご案内】
 
7月23日(Sun) 追加日程・LT夏タチウオ釣り教室 at えさ政釣船店さん (お後1名様!)


8月  6日(Sun) 剣崎沖解禁カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん (満船御礼)

      11日(Fri) カワハギ釣り教室 Vol.2 at 巳之助丸さん(募集中)

      13日(Sun) LT夏タチウオ釣り教室 Vol.3 at えさ政釣船店さん(募集中)


今季志平丸さんで6回目となるマルイカ釣り教室を、7月15日(土)に開催させていただきました。

今回は15人様のご参加をいただきました。いつも多くのご参加ありがとうございます。

 

釣り教室では、出船前にレクチャーを行っております。

P7150003


レクチャーでは、水温が上り浅場となってきたマルイカの釣り方、特にオモリを切った釣りとゼロテン釣法の違い、スッテのタイプとカラーチョイス、直結と直ブラ仕掛けのメリット、デメリット、投入器の使い方と取り込み方等を網羅、志平丸さんでは宿の前で、本船に渡る前の30分程行っています。

P7150005

 

P7150006

 

レクチャーが終了すると艀に移り、永津船長が舵を握る船へと向かいます。

出船するとまず、港前の浅場を攻めますが、ここは反応が疎らなようで少し南下、長井沖方面に向かいました。

ここでは水深45m前後とこの時期にしては少し深い水深でしたが、マルイカ船の密集具合をみると、良い反応が期待できそうです!

 

そんな中、船中1杯目のマルイカを釣り上げたのは井田さん。極鋭ゲームでの、オモリを切った聞き上げの釣りで釣果を伸ばしていらっしゃいました。

P7150013


志平丸さんのマルイカ釣り教室皆勤賞の大内さん。前回50杯近い釣果をたたき出しましたが、今回はトリッキーな展開にやや苦戦、でも、直結仕掛けにバッチリと掛けました!

P7150014

 

今回、船釣りそのものが初挑戦の大野さん。開始早々から良型を釣り上げました! 都内からオフロードバイクに乗ってのご乗船、ありがとうございました。

P7150015

 

佐藤さんはマルイカ釣り初挑戦でしたが、投入器の使い方をすぐにマスター、写真はムギイカですが、すぐにマルイカも追加されていました。

P7150016

 

斉藤さんからは、回って行く度に熱心なご質問をいただきました。「最後の3杯は、自分で狙って釣ることができました」と、次の釣行に繋がる、心強いお言葉をいただきました。

P7150017

 

前回もご参加いただきました赤松さん。これはダブルの1回目、この後、もっと型の良いダブルも! 着々と腕を上げていらっしゃいます。

P7150018

 

タタキを入れて止める。その直後のわずかな穂先の変化にアワセに行くのがマルイカ釣り。そんなゼロテン釣法の基本でバッチリ掛けた鈴木さん、流石です!

P7150019

 

さて、朝一の小移動で船中バタバタとマルイカの顔は見られましたが、日が高くなるに従ってアタリは少なくなり、よりテクニカルな展開になってきました。

ここで僕も、MCを出してみることにしました。

潮色はささ濁りで、マルイカには良い潮色で、日中の日の高さ=水中の光量の多さ を加味し、スッテはライトブルー、もう少し濃いギョクロなどを配してみました。

開始の合図と共に、ドラゴンシンカーTGの35号を海面に投入⇒着底後瞬時にゼロテン、ロッドとラインの角度を90度に⇒アタリがあれば即アワセ、無ければタタキ⇒タタキは、穂先を30cmほど下げては跳ね上げるを繰り返すタタキで、5~10回でストップ⇒ゼロテンション⇒穂先に変化=アタリ⇒即アワセ!

このような一連の動作で先ずはムギイカを、その後はマルイカを追加して行きました。

P7150027


ロッド:極鋭マルイカ レッドチューン AGS MC


リール:スパルタン RT TW


ライン:紅牙12ブレイド 0.6号


シンカー:ドラゴンシンカーTG


スッテ:ミッドスッテ

 

タタキの後に、教科書通りに素直なアタリ出していたマルイカでしたがこの後、潮止まりに向かってよりテクニカルな展開になって行くのでした・・・

タタキを入れた後、アタリが出難くなってきたのがその兆候で、そんな時は、タタキを入れ終った直後=アタリの出るタイミングで、穂先のテンションをゼロテンション=ラインを張るテンションが掛かっている のに対し ゼロマイナステンション=穂先が真直ぐになるように完全にテンションを抜く 状態で、より幹糸に負荷を出さない状態を作り上げアタリを創作します。

P7150028

 

そしたまた、中盤を過ぎた頃船が密集、この日2度目の盛り上がりを見せました。

序盤苦戦されていた宮沢さんも、ここぞとばかりに掛けに行きました。流石です!

P7150020

 

自作の柔軟穂先でアタリを出し掛けに行く井上さん。この日は好釣果、ご参加の度にステップアップされています!

P7150022

 

この盛り上がりでは、片舷の釣り人皆のロッドが曲り込む時もありました。

P7150024

 

神保さんはこの日、念願のツ抜けを達成! その嬉しそうな表情は、僕の記憶にも残って行くと思います。

P7150025

 

「ゼロテンションは難しいですね」とおっしゃっていた上条さん。穂先の変化にすかさずアワセに行きこの通り!

P7150029

 

P7150030

 

暑い夏の海、熱いマルイカ釣り。幾分上がった南風を受けての帰港となりました。

 

下船後は、その日1日の状況をお話しさせていただきます。是非次の釣行に繋げて行っていただけたらと思います。

P7150031

P7150036

 

ご参加いただきました皆さま、何か得ることはございましたでしょうか。

志平丸さん、大船長、女将さん、永津船長、今回を含め6回のマルイカ釣り教室を開催させていただきました。ありがとうございました。

P7150038

 

志平丸さんでの、今季のマルイカ釣り教室はこれで終了とさせていただきます。ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

今後志平丸さんでは、カワハギ釣り教室を開催させていただきたいと思っております。

 

P7150040

 


【今後の釣り教室のご案内】
 
7月23日(Sun) 追加日程・LT夏タチウオ釣り教室 at えさ政釣船店さん (キャンセル待ち)


8月  6日(Sun) 剣崎沖解禁カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん (満船御礼)

      11日(Fri) カワハギ釣り教室 Vol.2 at 巳之助丸さん(募集中)

      13日(Sun) LT夏タチウオ釣り教室 Vol.3 at えさ政釣船店さん(募集中)

DAIWAカワハギNewロッドが今年も発表されました!

アナリスターは7:3、8:2、9:1の3つのバリエーションがあります。

P7140003


7:3は、SFの調子を取り入れ、穂持ちに柔軟性を持たせた新たな調子となり、キャストしての多ンションフォール後、エサが自然落下している時、カワハギにハリを仕込んだエサを吸込ませるのに一役買いそうです。

8:2は、カワハギ釣りを始めて最初に持っていただきたい標準的な調子、手に取り曲げてみた感じは、ややマイルドな仕上がりに感じました。

9:1は、硬調ながら、硬調ロッドの入門調子といった、やはりマイルドな仕上がりに感じました。

上から7:3 8:2 9:1

P7140005


もう1アイテムは、極鋭カワハギEX AGS F1

ついに登場、使い手を選ぶF1調子!!

1455に近い1454設定となり、EXシリーズの硬派な硬調ロッドの登場と言ったところでしょうか。

P7140007

そのテーマは 最速レスポンスへの挑戦!

超高感度、そして超軽量の62gは、仕掛け操作とアワセのタイムラグを徹底的に排除し、最速の伝達性能を実現しました。

フィールドテストで9本のプロトロッドから選び出した渾身の1本、前作の1454、又は1455よりも高次元のパホーマンスを約束してくれ、それプラスαの使用感を体験していただけたらと思います。

P7140010

P7140009

このロッドを早めに使い倒してから、詳細なインプレッションをさせていただきます。


今年もダイワのカワハギロッドから目が離せません!


【今後の釣り教室のご案内】
 
7月23日(Sun) 追加日程・LT夏タチウオ釣り教室 at えさ政釣船店さん (キャンセル待ち)


8月  6日(Sun) 剣崎沖解禁カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん (満船御礼)

      11日(Fri) カワハギ釣り教室 Vol.2 at 巳之助丸さん(募集中)

      13日(Sun) LT夏タチウオ釣り教室 Vol.3 at えさ政釣船店さん(募集中)

↑このページのトップヘ