林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

根掛り対応策 <前編>より続きます


根掛りしてしまった場合、ハリが1本の場合はハリスから切れることも期待できますが、ハリが複数掛かってしまった場合、オモリが根に噛んでしまっている場合は、しゃにむに竿を煽っても外れず、竿の破損にもなり兼ねません。

オモリが根掛かってしまった場合は、ラインを巻き込み竿を真下に向け、前後左右に激しく竿を揺すると、半分以上のオモリの根掛りは外れます。

このメカニズムは、竿を真下に向けることで竿の弾力を無くし、激しく揺すること=瞬間的にテンションを掛ける、直後に抜く の繰り返しをしているのです。

瞬間的にテンションを掛けて抜く≒引っ張っているラインを突然切るような 反動がオモリに与えられ、それは、根掛かっている姿勢でテンションを抜かれることになり、その一瞬の、位置が変った時に次のテンションがくればまた少し動く、を繰り返している内に、オモリは根を脱するのです。

ですから、根掛りしているラインをユックリと張っていっても効果はなく(海藻の根などに掛かっている場合は有効)、瞬間的な緩急が根掛りを外すポイントとなります。

また、方形で細長いオモリ形状より、球形の丸型オモリの方が、根掛かった場合、糸を引っ張ってみることを想像すると、根を脱しやすいことが考えられます。


もっとも船上では、ハリがなのか、オモリがなのか、ハリなら何本根掛りしているのかの判断は難しいものです。

そこで僕は、カワハギ仕掛けにはウイークポイントを持たせ、オモリは自動ハリス止めにオモリの捨て糸を引っ掛けた捨てオモリ式に、3本のハリのどれが、もしくはすべてが根掛かってしまったとしても、ハリスを止めてあるフックビーズの上のコブから切れるようになっていて、PEラインの高切れを防ぐようにしてあります。

根掛りや、先のオマツリもそうですが、その時は釣りをしていない時間帯となり、なるべく避けるようにしたいことと、もし根掛りしてしまっても、素早く外して釣りを再開、ウイークポイントを持たせた仕掛けでは仕掛けが切れるので、船上でラインシステムを組むことなく、予め用意してある予備の仕掛けを付け替えればすぐに釣りを再開することができます。

湾フグ釣りでは、期間限定と言うこともあり、毎年盛り上がる白子のシーズンが近づいてまいりました。

4月24日(日)、そんな白子前哨戦的な湾フグ釣り教室を、羽田のえさ政釣船店さんで開催させていただくこととなりました。

ふぐ4・24



東京湾の冬の風物詩的なアカメフグよりアタリが小さく、よりテクニカルなショウサイフグを狙った釣り教室となります。

釣り教室では、出船前にレクチャーを行っております。



12670185_1644806245782736_4473857715785724102_n


レクチャーでは、湾フグ釣りに適したロッドは? 仕掛けは? 釣り方は? はたまた食べ方などのお話しをさせていただいております。

11329724_844783625601677_2036199454_n


ポイントではお一人お一人を何度となく回らせていただき、当日の状況に合ったご指南をさせていただいております。

フグ2


ご予約は、えさ政釣船店さん(TEL03-3743-1585 直通080-5449-0147)へお願い致します。


皆さまのご参加をお待ちしております。

160306_155805



※今回は、釣り教室の新企画に伴うテストも行わせていただく予定です。


今年で4年目に入った釣り教室ですが、今月初旬の湾(アカメ)フグ釣り教室の後は、白子シーズンを迎えるショウサイフグでの釣り教室を企画しております。


12509694_589038087914685_2839218521465787669_n

11401063_852165158195604_8221982581852225430_n


また、予てから夜アナゴ釣り教室の要望も多く聞かれ、来月にはシーズンインするアナゴ釣り、今年はどのような模様でしょうか?

150530_185851


餌木スミイカ釣り教室の要望もあり、今年は秋、一度は実現させたいと思っております。

1676c2a2



それらに加えマルイカやタチウオ、メインであるカワハギの釣り教室も企画して行きたいと思っております。

12825258_1709327265945691_1416522940_n



また今年からご参加の皆様向けに、新たなサービス(新企画)の実施も考えております(お楽しみにしていて下さい)。


これからも、楽しく、愉しく、真剣に! そして笑顔の釣り教室を心掛け開催して行きたいと思っております。

160207_154501



↑このページのトップヘ