林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

刺し身、から揚げ、鍋など、どれも美味しい河豚料理ですが、ちょっと趣向を変えて蒸してみてもたいへん美味しくただけます。

160111_130435


身欠きの河豚がコロッとしているので、熱を通りやすくする意味でサイドに切れ込みを入れるか、2枚におろして、骨なしの方は刺身などに、骨付きの方は蒸してもよいかも知れません。

蒸し器より一回り小さい器に河豚を並べ酒を一回りかけ回し、グラグラ煮立ったお湯で10分足らず、あっという間に手間いらずの蒸し河豚の完成です!

160111_131350


熱いものを持つ料理用のミトンで、火傷に注意しながら取りだしてください。

160111_131641

ぽん酢に一味が良く合います。

160111_131656

160111_131703

160111_131736

160111_132802


器に残ったスープがまた絶品!

雑炊や、和風の麺類なんかにも良いかと思います。

160111_135531


カワハギとウマズラも蒸してみましたが、こちらもまたたいへん美味でした。

160111_171600


160111_172816


ちょっと凝って、出来上がりに白髪ねぎをあしらい、お玉でアツアツに熱した油をかけ回せば中華の一品になります。


「河豚はちょっと飽きたな~」と、沢山釣れ過ぎて贅沢な趣向に是非!



【湾フグ(アカメ)フグ釣り教室のご案内】

大好調につき3月6日(日)も、えさ政釣船店さんにて湾フグ(アカメフグ)釣り教室を開催させていただきます。

fuguSchoo0306


詳しくはこちらをご覧いただけたらと思います。

皆さまのご参加をお待ちしております。



昨日は、釣りビジョン公式HP内のオフショアマガジンの取材で、茨城県鹿嶋の幸栄丸さんに、18日から始まったホウボウ船に乗船させていただきました。

C360_2016-02-18-17-15-55-280



毎年好釣果を記録するホウボウですが、前日は20~45匹の釣果でした!

取材前日夕方に根波さんと現地入りし、幸栄丸さんが営むかもめ荘に素泊まりさせていただきました。


ホウボウ、数点掛かるとその引きはかなりパワフルでしたよ!

あまり市場には出回らず、高級魚であるホウボウの上品な白身は、釣り人ならではの特権です!!

C360_2016-02-19-11-59-56-315


取材の合間に極鋭GEAR M-210に150号オモリを使い釣りましたが、オモリ負荷80号までながら、鋭敏 3段変則調子ゆえ、その胴中のしなやかな粘りに助けられ、たいへん楽しく快適な釣りとなりました。

C360_2016-02-19-12-01-21-965


詳しい取材内容は後日、釣りビジョン公式HP内のオフショアマガジンに掲載させていただいたときにご案内させていただきます。


おふ




毎年年明けから意識を向けるマルイカ釣り。

そんなマルイカシーズンの入口を経て、第1コーナー辺りとなる3月、待望の「マルイカ X S/MH-155」が発売されます。

160215_090209

160215_090233


実はこのロッド、横浜フィシングショーでマルイカフリークの皆さんに積極的にご紹介させていただきました。

と言いますのは、去年のマルイカ釣行の際、ダイワのあるロッドをマルイカ釣りのゼロテン釣法に使ってみました。

するとそのロッド、グラスを削り込んだ柔軟な穂先を持つゆえ、食いの渋かった当日、ゼロテンション時のアタリを出し、そこそこの釣果を上げることが出来たのでした。


ただ、マルイカ専用ロッドではないゆえマルイカ釣りには長く、タタキなどを行うとバランスが悪かったのです。

そこをダイワのロッド担当の方がマルイカ用にリメイク、専用ロッドとして今シーズンから発売となりました。

特筆すべきはその穂先の柔軟さです。

160215_090300

まだ実釣してないのですが、去年モデルとなったロッドと同等の軟らかさがあり、今から期待十分です!

穂先が軟らかいゆえ、実釣中の巻き込みなど不意の破損には、穂先部分のみが交換できる継ぎとなっている為、替え穂先があれば心配ご無用です。

160215_090320


廉価版のXシリーズ、それも、マルイカゼロテン釣法対応ロッド!?


今シーズン、エアド レッドチューンを取り付けて、こいつを使い倒します!!


↑このページのトップヘ