林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

アタリを創る・カワハギ 後編 より続きます


カワハギは、海底の砂に口から水を吹きかけエサを探し、そこに口を持って行く=前傾姿勢になり、底にあるエサ、又は岩礁等にあるエサを摂ったりしていると考えられます。

しかし、例えばタイ釣り船のコマセに付いているカワハギは、上から降り注いで来るコマセに翻弄され海底を離れ浮きやすいようで、驚くほどの中層で釣れることがあります。

海底の根が荒いポイントでは、その根の頂点と頂点とを結ぶ面があたかも海底かのように浮くことがあります。
また、海中にはらみながら垂直に張られている定置網も縦のストラクチャーとして、カワハギが浮くことを助長するようです。


その他の条件でもカワハギは海底を離れて宙に浮くことがありますが、そんなカワハギを狙っての宙釣りは、オモリを底に着けた釣りよりも、仕掛けを上げ下げする遊びが極端に少ない、極めて範囲の少ない釣り方となります。


宙でオモリをヒラウチさせ、その動きやフラッシングに魅了され近づいてきたカワハギに、先ずオモリから一番近いハリで勝負するイメージなのですが、やはりエサ盗り名人のこと、僅かなアタリに躊躇しているとツルテンなんて言うことがあります。

では?

アタリの初動を感じたら、冒頭のように、常時カワハギがエサを食べなれている前傾姿勢にする為に仕掛けを数センチ下げ、上からエサを追わせるようにします。

その時、フトコロが広いフックなりワイドフックなど、ハゲバリ系のハリ先部分を上に向けフックビーズにセットしておくことで、カワハギはハリ先からエサを食べることになり、食っている時最初に下げた数センチ分を聞き上げることによって、カワハギの口の中にハリ先が入っていれば自然とモタレが出る=アタリを創ることになり、違和感で暴れ出したカワハギの挙動にアワセを入れれば竿の胴はフッキングを促し、カワハギ特有の叩くような引きが伝わってくる筈です。



【カワハギ釣り教室のご案内】

釣り具のブンブンさん主催【女性だけのカワハギ釣教室】、肝が入って美味しい時期です。是非女性釣り師のお友達を見つけてみてはいかがでしょうか。

初心者の方からスキルアップを目指される方まで、TKB(東京湾カワハギバトル)の練習にも!? 湾奥第1弾【カワハギ釣り教室 at えさ政釣り船店さん】



ロッドにオモリ負荷の表記が記された「ターゲットシンカーコンセプト」の極鋭ゲームシリーズ

H-175 AGS は 20-30-60(号)のシンカーコンセプトで、このロッドを携えてLTヒラメに行く機会がありました。

150902_062536


オモリは40号で水深は25m前後、ラインはPE2号、活きイワシをエサとしての、横流しではなくエンジン流しのヒラメ釣りでした。
エンジン流しなので当然ラインは立ち気味なのですが、当日は潮が効かず、やや引っ張り加減の操船でポイントをずらして行きました。

魚礁近くでアタリが多く、その周りを周到に攻めながら、たまには「漁礁に乗っかっちゃたから根掛りに気を付けて」とのアナウンス。
聞けば漁礁は鉄骨で3m位の高さで、周りには、立方体の中が無く、12本の柱で形成されたコンクリートブロックを積み上げてあるそうです。

その時は、オモリの横から当たるブロックを素早く察知できるSMTで根掛りを回避しながら底をコンタクトすると同時にエサのイワシの活性を推し量ることができました。

魚礁が途切れたことを手感度で感じ、底を取り直そうとしたときにアタリが出ました!

でも、断続的に穂先は動くものの、手感度には「ガツガツ」という硬質なアタリではなくソフトな感触が伝わってきました。
これはきっと、親バリ、孫バリとも掛かっていない状態が手感度として伝わったことを意味するアタリと捉え、食い込みを促す為に僅かに聞き上げ逃げるイワシを演出してみたところ、残念ながらなぜかエサを離してしまいました・・・。

巻き上げて確認してみると、イワシの腹のウロコが剥げ落ち身が見えている状態で、やはりハリはヒラメの口には当っていなかったようでした。


夏ヒラメは食い込みが良いのが特徴で、アタリの直後一気に竿を持って行くことも少なくないようですが、真冬のそれのようなアタリ方もするようで、そのハリ先が口に触れていない鈍角なアタリを見事に手感度に伝えてくれたのでした。

逆に、一旦咥えたイワシを食い直すようなアタリの場合、グッと竿先が押さえられ重さも加わり=鈍角なアタリ その後咥え直してイワシを食って行くうちにどちらかのハリがヒラメの口の中に入ると「ガツガツ」といった鋭角なアタリを手感度に奏でてくれました。

これはタチウオ釣りにも同じことが言え、特にスローな釣りの場合、エサであるサバの切り身の先端を咥えているのか、ハリ先が口の中に入っているのかの差を明確に伝えてくれる感度を持ち合わせていると言えると思います。


柔軟なSMT(スーパーメタルトップ)で食い込ませた後は、胴中~バット部の粘り強さでヒラメを浮上させ、正味2時間余りの釣りで7枚のヒラメを釣り上げることができました。



以上、極鋭GAME M-175 AGS をLTヒラメで使用したインプレッションでした。


カワハギトップシーズン真っ只中の10月17日(土)、羽田のえさ政釣船店さんにて、カワハギ釣り教室を開催させていただきます。


釣り教室では出船前に、タックル、仕掛け、釣り方、当日予想出来うる攻め方などのレクチャーをさせていただき出船となります。

11304159_844783592268347_511711297_n


ポイントでは、お一人お一人を何回となく回らせていただき、お手持ちのタックルに合わせた釣り方をご指南させていただいております。

141103_110008


カワハギ釣りを始めてみたいと思っている方、また、是非スキルアップを目指している方にも最適な釣り教室です。

釣って楽しく、食べて美味しいカワハギ、美味しい肝が入るのもこの時期です!


日 程:10月17日(土)

時 間:7時15分出船(30分前より船上にてレクチャーを始めます)


参加ご希望の方は、ご予約はえさ政釣船店さん(℡ 03-3743-1585)にお願いいたします。

facebook内の極鋭カワハギ友の会にもイベントを立てさせていただきました。

皆さまのご参加をお待ちしております。

150816_155948


カワハギ釣りの基本的なことから応用編までを網羅した【Honda釣り倶楽部・カワハギスキルアップ動画】、カワハギ釣り教室の予習として、是非ご覧いただけたらと思います。



↑このページのトップヘ