林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

【湾フグ考1・チラシバリ仕掛け<前編>】より続きます


前編の内容を考え実行してみたこと、それは親バリをサイズダウンして3つに分散、エビを3つに切ってエサのボリューム自体は変えず、それぞれのハリにエサを縫い刺してみるということでした。


こうすることにより、フグが食いに来たエビのすべてにハリがあり、摂餌→アタリ、になりやすいこと、真ん中のエサを食いにきても、一番長いハリスがそのエサの近くにあるわけだから、その硬いハリスにフグの歯が当たれば、仕掛けの微細な移動=目感度アタリ、ハリを噛む挙動=手感度アタリと捉えられると考えました。

1132085493_118s



この仕掛け、以前浅草釣具さんからのご依頼をいただきひな型を作製、好評に付き品切れ続出でした。


1133133326_238s

 
その後、数社の仕掛けメーカーから発売され現在に至っています。


実際の釣りでは、アタリがあれば即アワセ、親バリがフグの口に掛かっているか、掛かっていなければ、アワセによって後からくるカットウがフグを掛けてくれます。

また、カットウの糸にはハリス止付きサルカンをスリーブ止めして接続、カットウが根掛かりした時に捨て糸が切れ、細いPEラインを高切れさせることなく、予備の捨てカットウに付け替えるだけですぐに釣りを再開することができます。

RIMG8640



チラシバリ仕掛けのパーツですが、カットウのイトはフロロ8号、12号のハリス止付きサルカンに、カットウバリの捨て糸は3号です。

親バリは、オモリに1番近いハリが太軸のマルカイズ15号、後の2本は12号前後の太軸マルカイズ、ハリスはフロロの5号で、0.6mmの硬質夜光パイプを通してあります。



3本のハリは予めペンチなどでカエシを折り取っておきます。

そのカエシの折れ残りで、外れにくさには十分な効果があり、掛けたフグを外すのも楽です。

それらを1まとめにし、プレッサーを使いスリーブ止めします。

仕掛け上部のチチ輪にはビーズや模造真珠などを通し、オモリと仕掛けの直接の干渉を防ぎます。

そして、アタリをより大きく出すために、オモリもできるだけ軽くします。


このオリジナルのチラシバリ仕掛けにご興味ある方は、その仕掛け作りを収録したDVDもご用意させていただいております。




次回は、カットウバリ単体を扱った「カットウバリ編」です。


【湾フグ考3・カットウバリ編】へ続きます



 facebook        instagram          Twitter


【RYO'S METHOD How To DVD

年間2000本ものアナゴ釣り上げた・RYO'S METHOD アナゴ仕掛け作り

RYO'S METHOD の集大成・RYO'S METHOD Compilation Film(コンピレーション フィルム)

船の流し方向を予測し有利な釣り座を導き出す・潮の流れと風向きと釣り座

湾フグチラシバリ仕掛けを解説しながら作製・RYO'S METHOD 湾フグ仕掛け作り

2度のDKO優勝に導いたノウハウが詰まったカワハギ仕掛け・RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作り

鋭い歯を持つタチウオにハリ飲ませて掛ける・RYO'S METHOD タチウオ掛け作り

詳しい内容、お問い合わせは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問合せいただけたらと思います。

スマホの場合はブログ画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます。

初夏の湾フグパターンは?

はたまた

湾フグ釣りのマストスキルであるゼロテンションを際どく詰めると?

などなど

そんな、今まさに開幕している白子シーズンの湾フグ釣りのセオリーを、つり情報誌の沖藤編集長にお話しさせていただきました。


その内容が5月15日発売の隔週刊つり情報誌 No.1002に、「フグ釣りの極意・ゼロテンションの落とし穴とは?」というタイトルで掲載していただきました。

P5170006


また、発売1000号を記念して、根岸発行人からはこれまでのつり情報誌の経緯、読者としては知られざる過去を熱く書かれています。

P5170003


また釣友の姿も発見!

P5170002


隔週刊つり情報誌 No.1002、是非お読みいただけたらと思います。

P5170001


 facebook        instagram          Twitter


【RYO'S METHOD How To DVD

年間2000本ものアナゴ釣り上げた・RYO'S METHOD アナゴ仕掛け作り

RYO'S METHOD の集大成・RYO'S METHOD Compilation Film(コンピレーション フィルム)

船の流し方向を予測し有利な釣り座を導き出す・潮の流れと風向きと釣り座

湾フグチラシバリ仕掛けを解説しながら作製・RYO'S METHOD 湾フグ仕掛け作り

2度のDKO優勝に導いたノウハウが詰まったカワハギ仕掛け・RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作り

鋭い歯を持つタチウオにハリ飲ませて掛ける・RYO'S METHOD タチウオ掛け作り

詳しい内容、お問い合わせは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問合せいただけたらと思います。

スマホの場合はブログ画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます。



先日終了した【アナゴ考】ですが、多くの方にお読みいただきましてありがとうございました。

それに続き、これもテクニカルな釣りの代表格、湾フグ釣りを考えてみたいと思います。

やはり以前書いた文章に大幅加筆、編集して連載させていただきます。

よろしければアナゴ考同様お読みいただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。



湾フグ釣りを始めた当初、ある釣宿の名手の方がこう言っていたのです・・・ 

「誘いをかけてエサに寄ってきたフグが、カットウバリに触れるのを察知して、エサを食わさずしてフグを掛ける、これが湾フグ釣りの真骨頂!」と話していたのです。

その方、確かによくフグを釣るのですが、それに比例して、フグにエサを齧り取られていたのです。

まさに「言うは易し行うは難し」で、経験豊富で腕の立つその名手の考え方は最もで、格好のいい釣りなのかも知れませんが、実際はフグの方が何枚も上手だったのでした・・・。


「ただでさえアタリの小さな湾フグ。
外房のように、エサに固いところがあるアオヤギを使えば、それをフグが噛み切るときにアタリとなって出るだろう、それに、潮が緩い時が多い大貫沖より潮の流れも速いはず、流されながら摂餌すればアタリも出やすいはず」


と、拙い経験からも様々な考えを巡らし、小さいアタリをより大きなアタリとして出す工夫を始めたのでした。


まず、大きなのアカエビの剥き身一本を、大きな親バリに付ける従来のスタイルを再考したみました。

親バリにエサ付けした状態を考えてみると、エビの尾の長さの半分位はハリがなく、いわゆるタラシなので、そのタラシの先端を食いに来たフグのアタリは出にくいのではないだろうか・・・。

なぜか?

生のエビの尾は柔らかく、クチバシ状で、爪切りのような鋭い歯でサクッと噛み取ることが考えられるからです。

また、エサを食うときのフグの体制が崩れにくい潮のきかない海域、言いかえれば、フグがエサを居食いしやすい環境=アタリの出にくい環境での釣りとなります。

そこで実際に、ハリから離れているエサの先端部分をサクッと噛み取って行くのでは、やはりアタリの出方は微細なものになってしまうと考えたのでした。



【湾フグ考2・チラシバリ仕掛け≪後編≫】へ続きます




 facebook        instagram          Twitter


【RYO'S METHOD How To DVD

年間2000本ものアナゴ釣り上げた・RYO'S METHOD アナゴ仕掛け作り

RYO'S METHOD の集大成・RYO'S METHOD Compilation Film(コンピレーション フィルム)

船の流し方向を予測し有利な釣り座を導き出す・潮の流れと風向きと釣り座

湾フグチラシバリ仕掛けを解説しながら作製・RYO'S METHOD 湾フグ仕掛け作り

2度のDKO優勝に導いたノウハウが詰まったカワハギ仕掛け・RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作り

鋭い歯を持つタチウオにハリ飲ませて掛ける・RYO'S METHOD タチウオ掛け作り

詳しい内容、お問い合わせは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問合せいただけたらと思います。

スマホの場合はブログ画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます。

↑このページのトップヘ