林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

近年その釣技と共にタックルの進化が著しいカワハギ釣り。

以前より「ゲーム性が高い釣り」として名高く、トップシーズンには各地で様々な大会が開催されています。

私は過去10年間近く、その年に開催されるカワハギ釣り大会のほとんど出場していて、今の自分の釣りの糧となった場面が多々ありました。

そういった中で「カワハギ大会で勝機を得るには」どうしたらよいのか? 自分なりの考えをまとめてみました。

 


こういったお話しをレクチャーの冒頭に、カワハギ釣り大会強化教室を始めたのでした・・・

 

さて、今回お集まりいただきましたのは22様、いつも多くものご参加ありがとうございます。

RIMG4354

レクチャーでは「カワハギ釣り大会に勝機を得るには」と題し、カワハギ釣りの基本では無しに、大会に挑む心構え、大会ならではの雰囲気、大会ならではのスキルについてお話しさせていただきました。

RIMG4362

RIMG4360

RIMG4362

RIMG4365

レクチャー終了後、女将さん達のお見送りを受けながら、功一船長の船は、DKOの決戦の舞台竹岡沖を目指しました。

RIMG4368

 


30分余りで、竹岡沖の北側に到着、下げ残りの潮がある中、船中のファーストヒットは山下さん。嬉しそうな笑顔が印象的でした。

RIMG4370

岩下さんは5組でご参加いただきました。序盤アタリの遠い中お見事でした。


RIMG4371

同じく岩下さん。中型サイズにこの笑顔。やはり、ご自分で狙って掛けると嬉しいものですよね。

RIMG4372

カワハギ釣りが5回目だとおっしゃっていた梶原さん。「どうしたらいつも10枚以上釣れますか?」など、様々なご質問をいただきました。

RIMG4374

小峰さんに良い型のカワハギが!このサイズになると、今の浅場ではかなりの引きを見せます。お見事でした!

RIMG4376

これも大きい! 釣り上げられたのは原田さん。 ジックリ誘い、ステイの時間を長く、大型を捉えました!!

RIMG4378

このサイズが出てくると竹岡沖のカワハギ釣りは面白くなってきます。釣り上げたのは谷口さん、このサイズを掛けるのは難しいものなのです。

RIMG4380

仲間内からは「嫁ちゃん」の愛称で呼ばれている、小川あっちゃんの奥様の枝美子さん、コンディションの良いベッピンカワハギを釣り上げ満面の笑顔!

RIMG4382

60thエディションのSFとスティーズで臨んだのは吉氷さん。「SFの使い方が分かりました!」とこの日好釣果。応援しております!

RIMG4383

 


さて、中盤前より僕もロッドを携え船内を回らせていただきました。

当日の状況は、9時頃潮止まりから上げ潮の潮見でしたが、到着直後は浅場なのになんだか変な2枚潮で釣り辛く、アタリも遠い様相が続きました。

潮色は薄濁り、潮止まりから上げ始めがチャンスかと捉え、しばらく我慢の釣りが続きました。

そんな中、50cm程オモリを切りヒラウチ⇒ユックリと着底⇒チョイ宙でステイ⇒船の揺れで曲り込んでいた穂先が押さえ込まれて戻らない⇒聞き上げ⇒底に張り付く引き!!

上がってきたのは丁度30cm(正確には30.3cmが尺)の尺カワハギでした!!

RIMG4381

ロッド:極鋭カワハギEX AGS ボトム

PA060017


リール:スティーズ

PA060019

RIMG4375

 


その後、9時頃から上げ始める潮は、10時半前頃から動き始め、その頃船内ではアタリが煩瑣に続き釣れ盛りました。

静かな釣りスタイルの石川さん。でも、永遠の中の一瞬のアタリを逃さず掛けました。流石!

RIMG4384

中からの誘い下げでオモリとエサを見せつけ、底に釣れて行って掛ける。この日このパターンを見つけた松永さんは、誰も釣っていない時でもコンスタントにカワハギを釣り上げていました。次回、カワハギ釣り教室のレクチャーをお願いいたしますよ(笑)

RIMG4386

11時過ぎまでノーフィッシュだった冨永さんでしたが、それからの快進撃が凄かった! 終われってみれば枚数はトップ、恐れ入りました。

RIMG4387

「カワハギ釣りは難しいですね」とは足立さん。次回は新たなロッドでカワハギ釣りをなさるのかな。

RIMG4388

いつも、釣りを心から楽しんでおられる猪股さん。この日も60thエディションで楽しまれていました。

RIMG4389

鈴木さんはダブル~~!! 短い時合にキッチリと嵌めるあたり、流石の一言です!!

PA060013

こちら岩下さんもダブル! 群れが固まっていないこの時期、チャンスを逃さない釣りに感服いたしました。

PA060015

様々なご質問をいただきました山下さん。その探究心、研究熱心さ、応援しております。

PA060022


釣り教室のお手伝いをしていただいている矢内さん、ロッドを出せばこの通り。凄腕!

PA060024

 


暑いくらいの秋の凪の1日でした。

10月にしては、やや豊潤な空気を感じながらの帰港となりました。

PA060023

 

下船後は、当日の状況をお話しさせていただいており、次回の釣行に繋げていただけたらと思っております。

RIMG4390

RYO’S METHOD ステッカーを掛けたジャンケン大会!

RIMG4395

大好評ヨリモドシ掬い!

RIMG4401

RIMG4402

 


ご参加いただきました皆さま、何か得ることはありましたでしょうか。

巳之助丸さん、大船長、女将さん、功一船長、矢内さん、この度もお世話になりました。

 

DKO久比里予選まで1週間、今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。

PA060001

 



【釣り教室のご案内】

エギスミイカ釣り教室 at 松陽丸さん10月14日(日)・満船御礼キャンセル待ち

カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん10月21日(日)・お後数名様

〔New〕
カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん10月28日(日)・現在8名様のご予約

〔New〕11月に巳之助丸さんにて、カワハギ釣り教室企画中!

※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う
仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

※詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)

※DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます     



林 良一 facebook






快適天秤などに取り付けてタチウオを狙うオモリに新たなカラーが加わりました!


快適シンカーSのレパートリーで、S ケイムラ紫/夜光と、

IMG_20181005_092349


S ケイムラ紫/ゼブラ

IMG_20181005_092401


タチウオのテンヤやジグでも実績のカラー、既に釣友から「効果があった!」との報告もいただいております!!

号数は30、40、50、60、80号のラインナップがあり、夏の浅場から深場までの水深を網羅します。

更にタチウオ釣りが楽しくなりそうです!!




【釣り教室のご案内】

エギスミイカ釣り教室 at 松陽丸さん10月14日(日)・満船御礼キャンセル待ち

カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん10月21日(日)・お後数名様

〔New〕
カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん10月28日(日)・現在8名様のご予約

※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う
仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

※詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)

※DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます     



林 良一 facebook





主にカワハギや湾フグ、マルイカ釣りなどで使う小型ベイトリールですが、ハンドル側のサイドプレートには、大抵メカニカルブレーキ(以下ブレーキ)があるものです。

ブレーキは、絞め込んで行くとスプールの回転に負荷が掛かって行き、逆に緩めると負荷が少なくスプールは回りやすくなり、果ては軸を支えているベアリングの回転抵抗だけとなり、慣性の法則よろしくかなりスムーズに回転します。

ですから、ベイトリールでキャストする場合は、ブレーキを緩めておけばおくほどスプールが回る時の抵抗が無く、理屈では飛距離が伸びるのです。

ただ、キャストの初動のオモリの速度と、オモリが海面に落ちる寸前の速度を考えてみると、当然オモリに速度を与えられた初動の方が早いのです。

ロッドの弾力で運動能力を与えられ放たれたオモリは、その後ラインを引き出しながら、また空気抵抗を受けながら飛んで行きますので、段々と減速してしまうものなのです。

これは野球でも、ピッチャーの手から放たれたボールの初速より、キャッチャーの寸前の速度の方が落ちていること、果ては地面に落ちて止ってしうことからも分かります。

また、キャストするのでは無しに、ただ単にオモリを海底に着底させる時でも、ブレーキが効いていない状態では、オモリ着底と同時にバックラッシュを起こしてしまいます。

バックラッシュとは、ラインの動きが止っているのにスプールが慣性で回ってしまってラインが放出してしまっている状態のことで、ラインが乾いている状態では静電気も発生してしまい、ラインがスプールの周りに鳥の巣状にこんもりと、絡んだ状態になってしまう現象なのです。

そんな時は以前にも書かせていただきましたが、ドラグをフルロックにした状態で、バックラッシュしたラインごとスプールを押さえ、ハンドルを回すことをし、またクラッチを切りラインを出せるだけ出して同じことを繰り返すのです。

また、ラインが乾いているときは水で湿らせて作業をすると効果的で、軽度のバックラッシュであれば、大抵直ってしまうものです。


では、そんな前知識があるなかで、いよいよキャストしてみましょう!


キャストする時は 〔後編〕に続きます


【釣り教室のご案内】

DKO強化カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん10月6日(土)・満船御礼キャンセル待ち

エギスミイカ釣り教室 at 松陽丸さん10月14日(日)・満船御礼キャンセル待ち

カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん10月21日(日)・お後数名様

〔New〕
カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん10月28日(日)

※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う
仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

※詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)

※DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます     



林 良一 facebook



↑このページのトップヘ