林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

今年の春一番は2月17日でしたが、その翌日の18日(土)、羽田のえさ政釣船店さんにて、湾(アカメ)フグ釣り教室を開催させていただきました。

P2180121

P2180124

P2180122

 


今回ご参加いただきましたのは24名様。いつも多くのご参加ありがとうございます。

釣り教室では、出船前に30分程、レクチャーを行っております。

P2180131

P2180125

 


レクチャーでは、簡単なフグの習性、適したタックル、釣り方などについて述べさせていただいております。

P2180127

P2180129

 


レクチャー終了後、定刻に出船した岩越船長は、富岡沖のポイントへ向け船を走らせました。

 

ポイント到着までに、大切なエサ付けは個々にレクチャーさせていただいております。

P2180145

 


富岡沖までは45分程で到着。やや北風が強いですが、そう寒くはない日並の中、期待第1投です!

船中最初に顔を出したのはマダコ。このサイズは柔らかで美味しいんですよね、原田さん!

P2180146

 


小宮さんの奥様は大型をGET! 正確な誘い下げが功を奏したそようです。

P2180147

 


湾フグ釣りが初めての秋山さん。早々に中型を釣り上げられこの表情です。

P2180149

 


左舷大艫は、湾フグ釣りが2回目の片山さん。フグの引きに驚きながらの1匹目、お見事でした!

P2180150

 


森本さんは、小型ながら早々に釣り上げられました。「サクサスのカットウバリのMでは、アカメフグには小さいかなぁ」と、仕掛けの細部へのこだわりのご質問をいただきました。

P2180151

 


古川さんは、小型ながら、キッチリとカットウに掛け釣り上げました。お見事でした!

P2180152

 


カワハギ釣り教室にご参加いただいていて、今回は初の湾フグ釣りに挑戦されたのは今津さん。徐々にサイズアップされていました!

P2180154

 


やはりカワハギ釣り教室、仕掛け作り教室からのご参加の有薗さん。ご自分で設定した引数をクリア、熟成の終わる1週間後が楽しみですね。

P2180156

 


さて、中盤から僕も、ロッドを携え船中を回ってみることにいたしました。

ロッド:アナリスター・湾フグ リール:エアド  レッドチューン ライン:紅牙12ブレイド0.6号 シンカー:紅牙遊動テンヤ+SS   紅牙ベイラバー フリーヘッド カットウ:D-MAX フグカットウ針 SS

 

P2180155

P2180137

P2180142

 


下げ潮がきき始めた富岡沖は、前日の春一番の影響か、潮色は濁ってしまっていました。

釣り教室で竿を出させていただく時は、僕の釣り姿をご覧いただく意味合いがあり、スジを変える為にも軽くキャストして沖を狙い、ポイントを変えています。

オモリ着底後ロッドを倒しラインを巻き込み、勢いよくロッドを起こしてテンションフォール、紅牙遊動テンヤ+SSの、ユックリとしたフォールスピードと、ゴールドのホログラム、又は夜光がアカメフグを誘います。

そうして10回近くテンションフォールを繰り返し、船下まで誘い切った後仕掛けを回収、再度キャストを繰り返しました。

ところが、潮の効き加減は丁度良いのですが、前日の、強烈な南風の影響でしょうか、浅場ゆえ、底荒れをしてしまっているのか、フグからのアタリは中々訪れないのでした・・・

16808726_1886957561551015_849788462_n

 


そんな中、当日の最大魚を釣られたのは品田さん。激しく首を振る、暴力的な引きを制しました!

P2180157

 


小前さんは、穂先が柔軟なMCゲームで挑戦、その穂先を揺らすアタリに、果敢に掛けに行きました!

P2180158

 


栗本さんは序盤、食わせの間を作っているゼロテンションに苦戦されていましが、勘所を掴むとこの通り、お見事でした!

P2180159

 


久保さんは、この日少ないアタリにも、根気よく頑張っておられました。その甲斐ありましたね!

P2180160

 


釣り上げられたときに「よかった~」と、ホッとされていた川畑さん。カットウが良い所に掛かっています。

P2180161

 


終盤、粘り腰で掛けたのは陸さん。来月のカワハギ釣り教室でも、よろしくお願いいたします。

P2180162

 


ご自分でペイントされたオモリで釣り上げたのは廣瀬さん。こういった、自作のものでの1匹は、格別なものがありますね!

P2180163

 


さて、今回底荒れの影響か、ちょっと厳しい教室になってしまいました。

今後えさ政さんでは、アカメからショウサイ狙いにシフト、湾フグ釣り教室を続けて参ります。

 

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

えさ政さん、岩越船長、マスター、今回もお世話になりました。

P2180165

 


次回のえさ政さんでの湾フグ釣り教室は3月18日(土)に決定! こちらはショウサイフグ狙いとなります。

 

P2180140

 

この RYO'S METHOD ブログですが、毎日更新することを心掛けていて、毎朝、facebookで更新した旨を投稿させていただいております。

ですから、その投稿ごとに、facebookにコメントをいただけることもあり、先日のの投稿では、「状況に合わせた、針の種類や大きさの選択についても、機会があれば教えていただきたいです」とのご要望をいただきました。

カワハギ釣りのハリには、形状が幾つかあり、大きさである号数、又はハリスの長短や太さなど、様々な要素が存在します。

そういった「カワハギ釣りのハリ」について、私見ではありますが、書いてみたいと思います。


さて、カワハギ釣りのハリには、大別して、DAIWAの「スピード」に代表されるような早掛けタイプと、昔からあるハゲバリタイプである「フック」、更にフトコロを広げた「ワイドフック」があり、セイゴバリタイプの「マルチ」があります。

先ずは「スピード」です

スピードとは読んで字のごとく「早い」という意味合いを持ち、「早掛けタイプ」と称されますが、少し違った側面もあります。

P2140116

スピードは、ハリ先から最初の曲りまでの幅=フトコロが狭く、その狭さゆえにカワハギの口に入り易い、吸い込み易い形状と言えると思います。

下の写真は、カワハギに対してハリはかなり大きくなっていますが、カワハギが、その狭いフトコロから吸込むイメージができるかと思います。

P2140120

よって、スピードを仕込んだエサを、より吸い込み易くするために、ハリスは細くて長いものを使うことが多く、10cmハリスはその最たるもので、カワハギの口の中にハリを入れ込むことに貢献しています。

例えばどんな釣り方の時に使うのか?

それは、吸い込ますハリですので、幹糸を弛ませる釣りに使うことが、その性能を発揮させる釣りとなります。

ハリから出るエダス(ハリス)が接続する幹糸が張っていると、カワハギが、エサを仕込まれたハリを吸込もうとしても、ハリスが真直ぐに張ってしまうと、カワハギが一定の場所にいると考えると、それ以上ハリを吸込めなくなってしまします。

そこで

幹糸の上部に中オモリであるとか、集器等を取り付け、海底で一番下にあるオモリと中オモリの相対距離を縮めてあげることで、幹糸に弛み=余裕 ができ、カワハギがハリをより吸い込み易くさせてあげるのです。

活性の高い時などは、長めのハリスをほとんど飲んでしまうことがあり、幹糸のフックビーズからハリスが1cm、その先にカワハギが付いているなんてこともあります。

ですから

吸い込み易いハリであるスピードは、長めで細いハリスを使い、ハリの自由度を上げてあげること、幹糸を張らずに弛ませることによって、より違和感を感じさせないで、カワハギにハリを吸込ますことを心掛けると良いと思います。


カワハギ釣り・ハリ ≪後編・フック・ワイドフック編≫ に続きます


【釣り教室のご案内】

3月4日(土) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん




釣りビジョン公式HP内のオフショアマガジンが更新されました!

今回は大原沖のフグ取材の内容で、敷島丸さんからの出船でした。

CIMG0495

CIMG0565

動画では、エサを効率よく使うハリ付けも公開しています!

CIMG0506

CIMG0511

オフショアマガジン・多彩なポイントで微細なアタリを捉える!大原沖のフグ是非ご覧いただけたらと思います。

CIMG0516

CIMG0549


【釣り教室のご案内】

3月4日(土) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん



↑このページのトップヘ