林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

湾フグ釣り・チラシバリ仕掛け 前編 より続きます


当時の湾フグ釣りの名人さんからは・・・

「誘いを掛けて寄ってきたフグの腹が、カットウバリに触れる極僅かな動き(アタリ)を察知して、エサを食わずしてフグを掛けるのがフグ釣りの真骨頂、お前さんの仕掛は邪道だ」とも言われたものでした。

ただその名人さん、仕掛けを上げてきてみるとあれあれ? エサが半分フグに齧られているではないですか・・・!?


そんな経緯もありながら釣果を伸ばしていきましたが、どの仕掛けにもデメリットがあるもので、チラシバリ仕掛けにもそんな部分があります。

それは、エサを3個付けなくてはならないこと、掛けたフグにチラシバリが掛かってしまうことなどがあり、いづれも手返しのスピードが落ちることとなります。


また、この仕掛けが誕生するまでには、こんな秘話もあります。

それは・・・

湾フグ釣りを始めた当初、とある船宿さんの研究熱心な船長は、船を出す度に色々と自作の仕掛けを試していたものでした。

そこで「釣れない」との烙印を押され、お蔵入りしている仕掛けが幾つかあったのでした。

船長からそれらを参考になればと手渡され、トライ&エラーをしながら改良を重ね、現在の形になったのがチラシバリ仕掛けでした。

160121_125147


従来から長く使われている仕掛けは、実績に裏打ちされた優れたものであることは言うまでもありませんが、そこに疑問の入り込む余地があったとすれば、同船の方にご迷惑を掛けないことを前提に、ご自身の考え、釣り方にアレンジした仕掛けを作り試すことも釣りの面白さの一つだと思いま。

そこに上向きとなる釣果が付いてきたなら、それほど喜ばしいことはないですし、太く揺らぐことが無い、我流という幹がご自身の中にそびえ立っていることとなるのではないでしょうか。





【湾フグ(アカメフグ)釣り教室のご案内】

好調につき2月7日(日)も、えさ政釣船店さんにて湾フグ(アカメフグ)釣り教室を開催させていただきます。

fuguSchoo0207


詳しくはこちらをご覧いただけたらと思います。

皆さまのご参加をお待ちしております。



湾フグ釣りで冬は、美味しいアカメフグを狙えますが昨日はTop18匹が2名、お後は14匹と続き絶好調な釣果でした。

esamasa-2016-01-23T153A243A46-4



今日は、そんな湾(アカメ)フグ釣りの追加日程を、羽田のえさ政釣船店さんで開催させていただきます。

12509676_654065361401276_6759435307161372455_n


極微細なアタリにアワセを入れると、大型ほど根掛りに酷似した挙動に驚かされ、首を振る重鈍な引きに竿は断続的に叩かれます。

151212_171449



さて、今日はどんな釣りが、どんなガマガエル(大型アカメフグの通称)に出会えるのでしょうか?

12509694_589038087914685_2839218521465787669_n


ご参加の皆さま、よろしくお願い致します。



【湾フグ(アカメフグ)釣り教室のご案内】

好調につき2月7日(日)も、えさ政釣船店さんで開催させていただきます。

fuguSchoo0207


詳しくはこちらをご覧いただけたらと思います。

皆さまのご参加をお待ちしております。


今日は今年最初の仕掛け作り教室開催です!

今回はカワハギ仕掛け作り教室ですが、通常3本バリのドウツキ仕掛けに4個のフックビーズを配し、仕掛け各所にウイークポイントを持たせることで、オモリが根掛かった場合、ハリが根掛かってしまった場合のどちらでも、PEラインを高切れさせることなく釣りを続けられる仕掛け作りの教室です。

居酒屋さんの小上りをお借りし、ご参加の皆さまには仕掛け作りのレシピをお配りしての、真剣な仕掛け作りを行います。

11986948_489575654539937_3711241703743070550_n


11252354_713961858732016_8141847499418748770_n


その後は楽しい、釣り談義満載の懇親会です!

150912_221332


150912_184627


仕掛け作り教室はカワハギ、湾フグ、マルイカなどで、皆様のリクエストにより開催させていただいており、現在湾フグ仕掛け作り教室の開催の要望があり、日にちのすり合わせをしております。

開催ご希望の方は、是非ご連絡いただけたらと思います。


↑このページのトップヘ