林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

数年の間不振な釣果を続けていたアナゴが今年好調です!

江戸前の夜アナゴ釣りでは、寸分違わぬ長さ、重さの短い2本竿を両手に持ち、「小突き」と呼ばれる誘いを左右の竿で繰り返す=仕掛け(オモリ)が海底に着いたり離れたりを繰り返します。

アナゴは夜行性で小さな目を持っていますが、主に潮下からエサのニオイを嗅覚でかぎ分け仕掛けに近づいてきて、そこで小突きによって動いているエサを発見、摂餌に移ると考えられます。
船長が獲物をさばいて持たせてくれるアナゴ釣り、その包丁さばきを見ていると、胃袋から小さなメゴチが出てくることがあります。そのメゴチが海底でピョンと移動する様は、どこか小突きで動く仕掛けに似ているのかも知れません。

僕のアナゴの小突きは
ゼロテンション⇒1cm位そっとオモリを切り「聞く」⇒ラインが緩まぬようそっとオモリを置く
といったもので、その「聞く」ときに重さの違い=変化=アナゴが仕掛けの傍にいる、又はアナゴがイソメの端っこを咥えた「前アタリを捉えることに集中した小突き」で、決してドンドンとオモリで底を叩くのではなく、聞き上げとゼロテンテンションとを繰り返しながら、聞き上げで変化を探すことと言い替えることができます。
また、以前の船最前線ブログ記事にゼロテンションと小突きの共通点があります。ご参考になればです。


そんなアナゴ釣りの仕掛けで僕は、段付きの2本バリを自作しています。

1071427933_119

親子サルカンの上部の穴にスナップの小さい方の輪を一旦外し再度接続し、ハリスには編付けが解れにくいコイ釣りの吸い込み糸を、短い夜光パイプにはマルセイゴ、長い方にはカレイバリを使っています。
親子サルカンは、一荷でアナゴが掛かった場合、それぞれがローリングしながら2本一緒にログルグルと回ってもハリスがねじ切られない工夫なのです。
一見短いパイプも、後記する誘導式のマルオモリの糸も含めての長さとなるので、そう短いということはなく、パイプが通っていても、ことアナゴ釣りに関しては食いに影響することもなく、逆に掛けたアナゴの手前マツリを防ぐことに重きを置いた仕掛けとなっています。

仕掛けの上部には、誘導式のマルオモリを取り付け、その上には点滅ライトを取り付けています。

1073297983_160

もう10年位前になりますが、ケミホタルで釣っていた時代に点滅ライトが登場、どう頑張っても点滅ライトの釣果に適わなかった時がありました。

この他アナゴ釣りでは、ハリ外し、エサ箱をセットした自作の「アナゴバケツ」を持参、この仕掛けを使い良い年には、開幕から20回釣行時の平均が42.19本、シーズン合計2000本ものアナゴを釣り上げたこともありました。



今季好調な釣果が続くマルイカ。
釣って楽しく食べて美味しいマルイカ釣りの教室を、神奈川県鴨居の一郎丸さんで開催いたします。

釣り教室では出船前にレクチャーをさせていただいております。
LTマルイカ釣りに適したタックル、直結、直ブラ仕掛けの利点、スッテチョイスの考え方、投入器の使い方、釣り方等をレクチャーさせていただき出船いたします。


141214_064125


ポイントでは、その日の状況に合った最も有効な釣り方を、皆さんのタックルに合わせてご指南させていただいております。

141103_110008



「マルイカ釣りは難しいからな~」とお思いの方、その難しさが壁であるなら、その壁に緩い坂を付けますので、是非一緒に上ってみませんか!


開催日時 6月14日(日)

出船時間 7:20(6:50頃より船上にてレクチャーを行います)


参加ご希望の方は、直接一郎丸さん(℡:046-841-9236)にご予約いただければと思います。


よろしくお願いいたします。



ゼロテン釣法では、シンカーを海底に置いた状態で仕掛けとラインを張り、穂先が少し撓んだ状態でアタリを待ちます。

また、僕のマルイカ仕掛けのエダ間は1mで、5本スッテの場合は エダ間4×1m+シンカー1.5m=5.5mの仕掛けとなります。
その仕掛けを使う場合、魚探に映るマルイカの群れが浮いていて、例えば海底から7m付近だった場合、沈んで行くスッテは群れを通り過ぎてしまい、シンカー着底時には1番上のスッテでも海底から5.5mの位置にあり、沈みゆくスッテを追いかけるような活性が無い時は、反応の下部のマルイカがスッテを発見することは難しいかも知れません。

そこでゼロテン釣法の場合はスッテをもう2本増やし、7本スッテとすれば7.5mの仕掛けとなり、反応に1~2本のスッテが入る計算になります。
また、スッテを増やせば増やすほど、ただでさえ小さなゼロテン時のアタリはより小さくなってしまい、仕掛けさばきも面倒になる為、エダ間を少し広げたり、シンカーを繋ぐ糸を長くしたりなどの工夫も良いかも知れません。

またゼロテン釣法では、シンカーを底に着けているので、仕掛け上部にメタルスッテなど、重さのあるスッテを使ってマイナステンションにすることもでき、スッテにトリッキーな動きを与えられます。

そんなことを考えながらゼロテンションをピタッと決める。
アタリが出なければ底を切る釣りに移行していくわけですが、本来シンカーを切って釣ることも多いマルイカ釣りのこと、ゼロテンの時間を長く取ってしまうことで発生しやすくなる、同船者とのオマツリには十分気を付けることも大切です。

130902_113213-thumb-450x337



↑このページのトップヘ