林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

PEラインが登場した時には、釣り業界の革命とさえ言われ、その驚異的な強度で細いラインが使え、加えて低伸度による感度の良さが大きな特徴として上げられます。

ただ、根ズレなどによる摩擦に弱く、伸び切ったときなど、ショックで切れやすいと言った一面も持ち合わせています。


船上で、自分のラインが0.8号で、隣り合った釣り人が2号、3号なんて言う時もあるかも知れません。

これは、ライトタックルとノーマルタックルの混船の時にあることで、タチウオ釣りやマルイカ釣りで見かけることがあります。

例えば細いラインの釣り人は根掛りしているとして、太いラインが細いラインの1点を擦るように引かれると切れてしまうことがあります。

また、高切れと言って、ラインのどこか、キズなどがあったであろう場所から、アワセを入れた時などの負荷が掛かると切れてしまうこともあります。


そういった、ラインが切れてしまって、仕掛けを回収できない時は仕方がないですが、オマツリなどで、船上でどうしてもラインを切らなくてはいけない時は、右手にロッドから出ているラインを、左手に海中に入っているラインを持つこととなります。

そんな時僕は、両方共ビミニツイストによるダブルラインを大き目に作り、そのループにループを潜らせて連結してしまいます。

そこの間だけマーカーによるメーター数が減りますが、ダブルラインにしてあることにより、そう極端に強度は落ちないようです。

また、この方法はベイトリール使用時に適した連結方法で、ラインがスパイラル状に放出するスピニングリールでは、放出時にループが広がりガイドに引っ掛かってしまうことがあります。

【今後の釣り教室のご案内】

湾フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん

アナゴ釣り教室 at えさ政釣り船店さん

カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん

江戸前の長モノと軟体系・仕掛け作り教室&懇親会 at 酒舞さん




仕掛け作りが好きな釣り人は、ハリにハリスを巻くのも自分でするもので、僕もそんな釣り師の1人なのです。

カワハギ釣りのハリは、海釣りの中では小さな部類に属し、ハリを結んだ後、実際のエサ付けで、チモト部分をこねくり回していると、ヒゲが結び目に押し込まれるように入ってしまうことがあり、結果結びが緩み、カワハギを掛けた後に、ハリがハリスからスッポ抜け、ブタのシッポのようになったハリスに苦笑い、なんてこともありました。

実はその「ブタのシッポ現象」は、2008年の、シマノ探検丸カワハギグランプリの決勝でも発生していたトラブルだったのでした。

そんな中、スッポ抜けが無い、何か良い結び方は無いものかと思案、ヒゲをハリの軸に数度絞め込むように押さえる結びである、南方延縄結びに行きついたものでした。


そのカワハギバリは、現在ダイワからは、ハリス付きのハリが主流になりましたが、今でも自分で結ぶのが嫌いではない僕は、夜な夜なハリスを巻くことを楽しみとしています。

P4180001


そこで思うのですが、鋭く刺さりが良いハリは、袋から取り出す時や、ハリスを巻いている時、期せずして指先に、纏(まと)わり付くように、全く痛さもない程極浅く刺さります。

そんなハリを巻いている時は非常に気持ちが良く、思い通り釣れ進む自分の姿を想像してしまったりするものなのです。

【今後の釣り教室のご案内】

湾フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん

アナゴ釣り教室 at えさ政釣り船店さん

カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん

江戸前の長モノと軟体系・仕掛け作り教室&懇親会 at 酒舞さん


6月3日(土)、神奈川県佐島の志平丸さんにて、マルイカ釣り教室を開催させていただきます。

志平丸さんでは4回目のマルイカ釣り教室となり、シーズン初期の100m近い深場から始まりましたが、トップシーズンの浅場のマルイカ釣りの面白さはまた格別なものがあります。


釣り教室では、出船前にレクチャーを行っております。

レクチャーでは、簡単なマルイカの習性、適したタックル、釣り方、投入器の使い方、気になるスッテのチョイスなどをお話しさせていただいております。

P4220012

ポイントでは、皆さまを何度となく回らせていただき、その方のタックルに合った釣り方をご指南させていただいております。

P4220026

P4220030

P4220035

P4220045


参加ご希望の方は、直接志平丸さん(TEL:046-856-0170)へご予約をお願いいただけたらと思います。

日 程:6月3日(土)

時 間:集合 5:00 レクチャー開始 5:30 出船 6:00

PEラインが1号以下:オモリ60号 1号以上はオモリ80号でお願いいたします。

皆さまのご参加をお待ちしております。

P4220050

【今後の釣り教室のご案内】

湾フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん

アナゴ釣り教室 at えさ政釣り船店さん

カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん

江戸前の長モノと軟体系・仕掛け作り教室&懇親会 at 酒舞さん

↑このページのトップヘ