林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

「江戸前」とは、釣りをせずしても、たまに耳にする言葉ですが、船釣りにおける江戸前の意味することは、どんなところなのでしょうか?

古の呼称である江戸は現在の東京都ということは周知の通り、「江戸前」とは「江戸湾の前」、東京都が面している東京湾を指す記述もあり、江戸川の河口から、多摩川の河口辺りまでを「東京都内湾」すなわち江戸前とするものもあるようです。

また、初期の江戸前は、隅田川河口から西側を指したとも。


東京湾は東京都、神奈川県、千葉県に面していて、東京都ではその全ての沿岸が、他2県でも、かなりの沿岸線が埋め立てられいます。

東京湾の埋め立ては、江戸時代の後期から始まったようで、埋め立て以前の海岸線は、現在の台東区浅草辺り、両国辺りにあったといわれ、「浅草海苔」の呼び名はその名残だと考えられ、浅草のすぐ前の海で収穫された海苔だったのでしょう。


さて、現在「東京湾」の定義は、千葉側の洲崎と、神奈川側剣崎を結んだラインの内側を東京湾と呼び、さらに、富津岬と観音埼を結んだラインの内側を「内湾」、外側を「外海(又は外湾)」と呼んでいるそうです。

12985619_872212126246070_5112486904618048309_n


ですから、船釣りでいうところの江戸前は、概ね内湾を指すことが多いようで、今盛りのアナゴ釣り、手バネで活きエビを使うスズキ釣り、シロギス釣りなどは江戸前の釣り言えるのではないでしょうか。

また、内湾では、タコ、(アカメ)フグ、メバル、カサゴ、アジの他多くの魚種が狙えます。


東京湾は、世界的に見ても稀な、26本もの流入河川がある、栄養豊かな豊穣の海なのです。



江戸前とは・その食味 に続きます

9月25日(日)、神奈川県長井の小見山丸さんにて、カワハギ釣り教室を開催させていただきます。

カワハギ釣りのエリアとして、長井は近年開拓され、そのプレッシャーの少なさ、変化に富んだ海底形状から、カワハギの生息場所に適した場所となっています。


釣り教室では出船前に、カワハギの生態、適したタックル、仕掛け、釣り方などのレクチャーを行っております。

141019_065909-thumb-350x466


ポイントでは、ご参加の皆さまを何度となく回らせていただき、その方のタックルに合ったご指南をさせていただきております。


日 程:9月25日(日)

時 間:7:00出船 6:30レクチャー開始

参加ご希望の方は、小見山丸さん(TEL:046-856-2310)にご予約いただけたらと思います。

皆さまのご参加をお待ちしております。

141019_143017



                                                  【釣り教室のご案内】

             湾フグ   8月21日(日)  鴨居・一郎丸さん

             カワハギ 9月19日(月祝) 久比里・巳之助丸さん

             カワハギ 9月25日(日)  長井・小見山丸さん

今公開されている、釣りビジョン公式HP内のオフショアマガジンにて、久比里の巳之助丸さんで8月1日(月)に取材させていただいた「“大型カワハギ連発!” 夏ハギシーズン開幕の剣崎沖」が公開されました!

CIMG0016


どちらも解禁直後、カワハギでは、個人的に10年近く行っている剣崎沖解禁カワハギ仕立てで、取材、動画撮影をさせていただきました。

P8010087

カワハギは、毎年仕立てている仲間との、和気あいあいな雰囲気を撮ることができました。

P8010090


片貝の二三丸さんで取材させていただいた「魅力満載のLTで狙う! 解禁直後の片貝沖・夏ビラメ」では、片貝沖のヒラメの部分解禁、初場所3日目の取材となりました。

CIMG0171


ヒラメは、1年越しの二三丸さん、こちらもロッドを大きく曲げるところが何回も撮れました。
CIMG0199

CIMG0222



どちらも解禁直後、是非ご覧いただけたらと思います!




                                                 【釣り教室のご案内】

             湾フグ   8月21日(日)  鴨居・一郎丸さん

             カワハギ 9月19日(月祝) 久比里・巳之助丸さん

             カワハギ 9月25日(日)  長井・小見山丸さん

↑このページのトップヘ