林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

ここのところ「本牧沖の40mで指4本が連日好調!」との釣果情報が、東京湾よりタチウオ遊漁船を出している船宿さんのHPに掲載されていました。


通常は浅くて70m位、深ければ200m近い水深になるこの時期のタチウオですが、ライトタックル、それも手巻きで大型タチウオ=ドラゴンが狙える水深ということで、「これはいなくなる前にいかなくちゃ!」と12月23日(水・祝)、浦安の吉久さんへ行ってきました。

 

当日は久し振りの単独釣行。ここのところのタチウオ人気もあり早目に吉久さんに到着しますが、既に9人のタチウオ釣り師の方々が釣り座を取っていおれらました。僕は左舷の舳2番のキャップを取って、宿にてラインにリーダーを取り付けたり、リールをロッドにセット、ガイドにラインを通したりしていました。


151223_052757


C360_2015-12-23-04-16-27-354



そんな時間も楽しいもので、吉久さん常連の石井さんとしばしカワハギ談義、聞けば去年、TKBで準優勝されたそうです(拍手!)

そうして何人かの方とお話ししているとやがて夜が明けてきて、昭久船長の20号船にタックルを持って乗り込みました。


151223_052739


タックルの組み立ては、まず40mの水深を鑑み、リーディング 73-MH 200にリールは堅牢なミリオネア、連日好調とはいっても、突然の食い渋りを想定しての同リーディングではありますが、1段柔らかで食い込み重視の73-M 200、浅場で芳しくなく、7~80mラインのポイントになっても大丈夫なように極鋭GEME M-175AGSをチョイス、リールはバックアップにスパルタンを用意しました。


C360_2015-12-23-06-21-54-603



当日はタチウオ乗り合いは大盛況! すぐさま2隻出しとなり定刻に出船、大澤船長の船の航跡をみながら、昭久船長の本船も江戸川を滑るように航行して行きました。


C360_2015-12-23-06-50-46-774



航行1時間程で、船は本牧ふ頭の沖堤近くでスローダウン、周囲にはタチウオを狙う船が20隻近くいたでしょうか。


早速釣り開始、ここの所の好調に鑑み、リールのハンドル1回転で1ピッチの早めのシャクリで誘ってみます。


しばらく続けますが反応なし・・・

となれば、リールのハンドルを1/2で、更に1/4にしステイも入れながら誘いますが、全く反応なし・・・


反応は健在ながらタチウオのご機嫌は悪く、近くの船も苦戦しているようです。

でも、底付近の反応に焦点を合わせ、粘り強く誘っていると時折アタリが訪れ、指3本が、その後に3本半が、そして4本半も登場しました!


C360_2015-12-23-09-56-20-200



それではと、ハリを大きく3/0にして同じように誘っているとアタリ⇒アワセ⇒??⇒ロッドを下に向けラインを巻き込み⇒ロッドを頭上までスーと上げて重さを聞くも重くない・・??

上がってきたのは・・・

3/0のハリに指1.5本のタチウオ(サヨリ?・苦笑)でした・・・(苦笑)


さて、2時間程本牧沖で粘りましたが、反応の割にアタリが少ないことを鑑み、昭久船長は観音崎に舳先を向けました。


観音崎でもタチウオ船団が出いていて、ここでは水深80m、やはり底付近の反応です。

C360_2015-12-23-11-23-58-130



しかし、観音崎でもタチウオはあまり芳しい反応を見せず、ちょっと戻った走水沖に移動しました。


ここではタナを決めジックリとタチウオと対峙、極鋭GAMEのしなやかなスーパーメタルトップを僅かに持ち上げる、又は押さえ込むアタリを注視し、そこからがタチウオとの「静」の駆け引きの序章、エサの端だけを咥えている状態から、ハリを仕込んである位置までタチウオの食いを促します。


151223_112452



噛みアタリと本アタリを見極め乗せるように大アワセ! 直後に訪れるトルクフルな引きにはつい腰を落としてしまうほでです!


前情報に反してテクニカルなタチウオでしたが、終ってみれば大型主体で20本の釣果でした。

夏のタチウオは、そのシャクリの早さ、バリエーションを当て嵌める釣りですが、冬は動かさないことが誘いのこともあり、そのタナ、ハリサイズの選択、エサの合わせ方、アタリの見極め等々、前アタリからアワセに至るまで、楽しい沢山のプロセスがある冬タチウオ、そんなテクニカルな価値ある1本を是非釣り上げていただけたらと思います。


釣り上げたタチウオはどのように調理しても美味しく、今回は定番の塩焼の他、通常の醤油と味醂の他、三杯酢でも漬けを作ってみました。


151223_194033



151224_174409

151224_163356


151224_163446


どれも美味しく、つい日本酒が進んでしまいました(笑)



さて、最後に吉久さんの年末年始の出船予定です。


151223_053409

カワハギ釣り教室では時折、「湾フグ釣りはカワハギ釣りの裏砥ぎである」というお話をいたします。

湾フグ釣りでは主に、ゼロテンションでアタリを待つ=出す のですが、カワハギ釣りが25~30号のオモリに対して湾フグ釣りは10号以下のオモリを使うことが多く、湾フグ竿の穂先はカワハギ竿の穂先に比べかなり柔軟な作りになっているのです。


たとえば海上に風がある日、ゼロテンションをキープするには船の胴中でも、竿の振幅で1m位の補正を行いながらの状態だったとします。

カワハギ竿では、船が波で上がる時、パーミングを緩めれば、僅かにたわんだ穂先はそのままに、スーッと竿が下がって行くと思います。

150417_080958


また、逆に船が下がる時は、逆転しないリールのハンドルを利用して、ラインを巻き取る時とは反対方向に、ハンドルを回すつもりで竿を起します。

ただ、カワハギ竿では僅かにたわんだ穂先をキープできても、より柔軟な穂先の湾フグ竿では竿先が振れてしまい、より難易度が高くなります。


11751884_10203181889106440_2446577356072392822_n


ですから、湾フグ竿でゼロテンションが決まれば、カワハギ竿ではより精度が高まっていることになるのです。


片刃の出刃包丁の、刃の付いている片面だけを研いでも切れることは切れますが、それだけでは刃先にかえり(バリ)が出ているもので、刃の付いていない平らな面を数回裏砥ぎしてかえりを取り去ることで抜群の切れ味となります。


「カワハギ釣りの裏砥ぎ」的要素が詰まった湾フグ釣り。

是非挑戦されてみてはいかがでしょうか。


150731_110655




今年最後の釣り教室だった12月20日、潮が流れずカワハギの活性が低く、中々テクニカルな日でした。

潮の満ち引きは季節で移ろいがあり、それはご存知の大潮や小潮などの干満の時間もさることながら、季節によっても変わってくるのです。

今時期では、日中の潮の動きよりも夜の干満差の方が大きく、春は逆に、日中に潮がよく動きます。


潮が動かないとおしなべて魚の活性が下がり、カワハギでは「エサ盗り名人」の真骨頂を発揮、アタリを出さずしてエサをかすめ取って行く「居食い」の芸に、ツルテンになって上がってきた仕掛けを見て苦笑いしてしまいます。

潮が動いれば概ね活性が上り、エサを食べながら潮に流され加減にもなるかも知れず、それがハッキリとしたアタリとなって表れることもあると思うのです。


でも、潮が止まっている時でもカワハギはエサを摂っていることもあるわけで、ワタしか食わず水管やベロが残ってきている状態でも、極わずかなカワハギとの接点を捉えて掛けてしまうことはできるのでしょうか?

そんなときは目感度にも手感度にも、極々小さなアタリしか出さず、どうすればそれを察知できるのか、そしてカワハギを掛けにいけるのかに、楽しい苦心をするものです。


各論的にはいくつかキーがあると考えられ、「小さいアタリを大きく出す」ことも考え所の1つだと思います。

食い渋って、口を大きく開けずにエサを食べに来るカワハギを想像すると、潮が流れず=摂餌中にも流され難い=アタリとなって出難い ので、口の中に入りやすい、よりハリは小さい方がよいのか?

そんな低活性な状況下でも、群れの中には活性が高い個体がいるのではないか?

等々、苦戦した釣りに、杯を傾けながら思案するのも実に楽しいものなのです。


151220_131809



カワハギ釣り・食い渋りの竹岡沖では・・・ 後編 に続きます



↑このページのトップヘ