林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

今年のアナゴ復調、そして好調に付き、羽田のえさ政釣船店さんにて、アナゴ釣り教室を開催させていただきます。

江戸前のテクニカルな釣りの代表格のアナゴですが、コツさえ掴めばそう難しい釣りでは無く、美味しいアナゴ料理をご家族で楽しむことができます。

150601_172451

150601_173924


釣り教室では、出船前に船上にてレクチャーをいたします。

160501_121042

レクチャーでは、アナゴ釣りに適したタックル、釣り方などをお話しさせていただきます。

その後はポイントへ、ご参加の皆さまそれぞれのタックルに合った釣り方をご指南させていただきます。

現在このRYO'S METHOD ブログでも、【アナゴ考】と題し、僕のアナゴ釣りのノウハウを連載させていただきております。

釣り上げたアナゴは、全て船長がさばいて持たせてくれるので安心です。


日 時:6月18日(土)

時 間:17時よりレクチャー開始・17:30出船

参加ご希望の方は、えさ政釣船店さん(03-3743-1585・直通 080-5449-0147)へご予約をお願いいたします。

皆さまのご参加をお待ちしております。

150530_185851

【アナゴ考5・点滅ライト、リーダー、PEライン≪後編≫】 より続きます



仕掛け、オモリ、ライトと、各論続きのアナゴ考なので、ここらでちょっと小休憩。

先輩アナゴ釣り大名人達の大釣りエピソードを一つ!
 

毎年「アナゴシンポジウム」と称する飲み会がありました。
 
メンバーは・・・

かつて、手バネの夜アナゴ釣でならした宿の三名人、Sさん、Nさん、Hさん。こちらからはОさん、Sさん、りょう、それと、その飲み会の仕切り役のMさんの、合計七人がレギュラーメンバーでした。


とある居酒屋さんで・・・

「おいおい、りょうさんは知らないよなあ、羽田空港拡張工事のとき、こんなデッカイ(と、人指し指と親指で輪をつくりながら)アナゴがバカバカ釣れたの?」

僕は「なんか凄かったらしいですねぇ」と、名人さん達がほろ酔いになる頃に決まって出る、その話しに耳を傾けるのでした。

「あの時羽田沖には濁りが入ってよう、アナゴは濁りが好きじゃない、寄ったんだよなぁ、それもデカイのばっかり。手バネの片方をアワセて手繰ってんじゃん、そうすると、もう一本の竿もアタっちゃってて、その竿横目で見ながら手繰ってんじゃん、そうすると、デカイアナゴで力は強いは手バネは軽いわで、竿が船縁からすっ飛んで行っちゃて、竹でできた手バネだろう、水に浮くんだよ、浅いもんだからアナゴに引っ張られて、目の前の水面をこう、スイ~と横切んだよな~」

ここで僕の方を向きニヤリ!

さらに・・・


【アナゴ考7・ここらで一息≪後編≫】へ続きます 

期間限定のショウサイフグの白子が楽しめるこのシーズン

ホイル焼きにしても、ぽん酢でいただいても、たいへん美
味しくいただけます。

そんな白子が入ったフグを狙っての【湾フグ釣り教室】を
、神奈川県鴨居の一郎丸さんにて開催させていただきます

13244821_648216191996874_838132164426792542_n


今回は、6月12日(日)と、6月26日(日)の2日程をご用意させていただきました。


釣り教室では、出船前のレクチャー行わせていただいてお
ります。


150613_065021

ポイントでは、ご参加の皆さまのお手持ちのタックルでの、最も効率的な釣り方をご指南させていただいております

釣り教室は、湾フグ釣りが初めて方でもご心配なくご参加
いただいております。


この時期は大型が期待でき、その「横っ走り」と呼ばれる
強い引きが味わえるのも特徴です。

また、今年はトラフグも多いようで、ショウサイフグに混
じる日もあるようです。


釣って楽しく、食べて美味しいフグ釣りの教室です。

参加ご希望の方は、一郎丸さん 電話 046-841-9236 へご予約いただけたらと思います。


皆さまのご参加をお待ちしております。


150613_154656


↑このページのトップヘ