林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

釣りビジョン公式HP内の12月15日更新のオフショアマガジンに、先日取材させていただいた千葉県勝山の利八丸さんのタイ五目が掲載されました。


CIMG0574



新年の宴を彩るタイの他ワラサ、そして高級魚も混じりましたよ~

CIMG0544

CIMG0513

CIMG0540

CIMG0547


オフショアマガジン、是非ご覧いただけたらと思います!


main_header



よろしくお願い致します。

羽田のえさ政釣船店さんにて、1月17日(日)に開催予定の湾フグ(アカメフグ)釣り教室は、たいへんありがたいことに告知から5時間足らずで定員となりました。

それを受けえさ政さんと打ち合わせをし、翌週の1月24日(日)にも【湾フグ(アカメフグ)釣り教室】を開催させていただきます。

esamasa-2015-12-06T163A093A52-2



その姿から「ガマガエル」の別名があるアカメフグですが、1週間ほど寝かせた刺身はトラフグをもしのぐ? と言われるほどの美味です!

151212_171449


味醂と醤油とに漬けた「漬け(ずけ)」もたいへん美味です。

151214_155519


釣り教室では出船の前に、タックル、釣り方などのレクチャーを船上で行っております。

11898523_895601530534718_5781341954872799605_n



参加ご希望の方は、えさ政釣船店さん(℡:03-3743-1585 女将さん直通:080-5449-0147)にご予約をお願いいただけますようお願いいたします。


日   程:1月24日(日)

出船時間:AM7:15(6:45頃より船上でレクチャーを行います)


この機会に是非、美味しいアカメフグを釣り上げていただけたらと思います。

C360_2015-12-06-10-14-04-209





  【カワハギ釣り教室のご案内】

ポイントとなる竹岡沖は今年、シーズン真っ只中のコッパ(小型カワハギ)も出て来ていますが、大型が残っている割合も多いようで、これからの展開も実に楽しみです。

12月20日(日に)、葛西橋の第二泉水さんでの開催です。

是非この機会にレベルアップを、そして美味しいカワハギを堪能していただけたらと思っております。

まだ若干名様の余裕があるようです。

12319343_419613528224659_1749616051_n

先日狙ってきたアカメフグですが、その食味はトラフグに勝るとも劣らず、釣りフグの中で特に珍重されています。

11月のチャリティーフィシングの折も、参加メンバーの「たけちゃん」こと武田さんがいつも持ち寄ってくれるフグ刺しも今回はアカメフグで、彼が釣り上げ熟成させ、その日の為に用意してくれる逸品です。


さて、目が赤いヒガンフグのことを通称アカメフグと呼ぶのだそうですが、その見た目は「ガマ」の別名があるよう、背中は薄茶色にこげ茶の斑点があり、あまり美味しそうには見えないかも知れません・・・。

C360_2015-12-06-10-14-04-209


釣り上げたフグは船宿さんでさばいてくれ、身欠きにして持たせてます。

ショウサイフグやコモンフグは当日刺身で美味しくいただけますが、アカメフグはそういうわけにはいきません・・・

アカメフグは身の固いフグで、その日に刺し身にしてもうま味が今一つで、不味いわけではないのですが、そう美味しくもないのです。

そこで

帰宅後身欠きのアカメフグを良く洗い、水を切った後にキッチンペーパーで包み、その上からラップをキチッと巻いてチルドルームへ、2~3日ごとにキッチンペーパーを替え、最低でも一週間、10日位が熟成されていて食べ頃となります。

これは2度目にキッチンペーパーを取り替える時、6日間熟成したものです。

151212_135043


「また3日後ね」と、チルドでお眠りいただくのですが、僕はラップの代りにスーパーの薄いビニール袋で代用しています。

151212_144550


151212_144625


ちょっと早目ですが、1匹を刺身に引いてみました。

151212_171449


おすすめは、あわ漬け醤油に一味ですが、胡麻油塩もイケますし、オリーブオイル塩では白ワインが合います。


薄皮は適当に切り、電子レンジでくるっとなって、湯気がちょっと出るまでチンします。

151212_171509



また、3枚におろした際の中骨は、カリカリに干した後、炙って少々焦げ目を付けてから、熱燗にジュ―と入れると、最高の骨酒になります。

151212_151351



以上は刺身としての食べ方ですが、季節がら美味しい鍋、から揚げなども絶品のフグ料理、是非ご自分で釣り上げたフグで堪能していただけたらと思います。



↑このページのトップヘ