林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理やアウトドアのことなども!

週刊つりニュース誌に、4号連続で掲載いただいた「マルイカ集中講座」も、今回で最終回となりました。

今回は仕掛け作りについて書かせていただきました。

170411_140117


直結と直ブラとをワンタッチで切り替えられる仕掛けの作成法を、解りやすいイラスト、写真を使って解説させていただきました。

170411_140141


また、前号までにお寄せいただきました、マルイカ釣りをする皆さまからのご質問にお答えする「Q & Aコーナー」も!

170411_140238



週刊つりニュース・4月14日号、是非お読みいただけたらと思います。


【今後の釣り教室のご案内】

湾フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん

マルイカ釣り教室 at 志平丸さん


カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん




湾奥の船宿さんでは、毎年4月の中旬頃から看板が上がる「夜アナゴ」釣り。

夜行性のアナゴの習性から夕方より出船、日暮れの頃からの釣りとなります。

江戸前スタイルでは、一対の竿を市本ずつ左右の手で握り、かつては「技巧御三家」と呼ばれていたアナゴ(あとの二家は、カワハギとフグ)と、半夜釣りの真剣勝負です!


そんなアナゴ釣りの準備を始めていますが、対の専用竿の新旧はこんな感じです。

P4100006

P4100007

P4100008


仕掛けは、16日の仕掛け作り教室でも解説させていただく、独自の遊動丸オモリを使った2本バリ仕掛けです。

P4100002


今年は、シャクリのタイ釣りでの道糸であるラーヂをハリスにしてみました。

P4100004

P4100001


夕刻前、スクランブル発進ができるよう、いつでも準備万端にしておきたいと思います。

P4100006 (1)



ゴールデンウイーク辺りにもう一度
アナゴ仕掛け+タチウオ作り教室なんて、いかがでしょうかね?


【今後の釣り教室のご案内】

湾フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん

マルイカ釣り教室 at 志平丸さん


カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん


土曜日の宵は、ある打ち合わせの為に集まりました。

僕の他2人、3人で杯を囲んでの話しとなりました。

P4080002

P4080001

お酒の席で、真面目な話しは酔わない内にが大前提で、乾杯もそこそこに、3人で右ストレート出しまくりの、直球での濃い話しが始まったのでした。


また今年は、フィシングショー後に「極鋭カワハギ友の会懇親新年会」を企画頂いた方もいらっしゃり、その節は、絶対に楽しいイベントになることに間違いないことを力に、お手伝いをさせていただく形で当日を迎えたのでした。

P1210056

P1210080

6f5af199-s


さて、打ち合わせに戻ります・・・

気が付けば、2人はお酒を飲まない方々でしたので、酎ハイ、日本酒と呑み進む僕なのですが、カルピスサワーや緑茶だったのでした。

P4080004


P4080005


釣り教室を始めて5年半。

釣りは、様々な方々と出会わせてくれます。

ご参加の皆さま、お1人お1人が主人公の釣り教室。

全く知らなかった大人同士が急に出会うことになる環境の中で、僕自身、失敗をしたり、他人を傷つけてしまうこともあったりと、失うものもありました。

でも今、ご参加いただく方の中には、これからの釣り活動に、一緒に歩んで行きたいとおっしゃってくれる方々がいらっしゃいます。

土曜日は、そんな、嬉しく、頼もしい話し合いでした。


これからもRYO'S METHDOを、どうぞよろしくお願いいたします。

P2120112



↑このページのトップヘ