タイ釣りでの沖アミコマセ、イサキ釣りでのアミコマセなど、「コマセ」を使って魚を魅了、活性が高くなったところに、ハリを仕込んだエサを同調させ食いつかせてしまうコマセ釣り。ここのところ、そんなコマセ釣りを少々経験したこともあって、今回はイワシミンチをコマセに使ったアジ釣りに、4月27日(水)、浦安の吉久さんより行ってきました。


160427_161914



吉久さんのアジ船は大型船。東京湾のポイントを知り尽くした松枝船長が舵を握り出船、当日は千葉県保田沖を目指しました。


160427_161542



アジ釣りでは、比較的水深の浅いライトタックルでの釣りもありますが、今回は100m近い水深ということで130号オモリ、その上にカゴ状のビシを付け、ビシの上には片テンビン、エダスの付いた2本バリ仕掛けです。


160427_070532


160427_070214



ビシのフタ部分を開け、イワシミンチを詰めるとこんな感じになります。


160427_090452



エサは活きの良いアオイソメを1cmほど、ハリに刺し通します。


160427_090446



使用したタックルは、中深場でも使って好感触の DEEO TSG 100-170 に、リールはシーボーグ300、ラインはPEラインの3号です。


160427_101516



160427_101524


今回、厚意にしている峯岸船長も同船され心強いばかり、コマセ釣りの門を潜ったばかりの僕に、プロのアドバイスをしていただきました。


それによると・・・


①着底してラインを張り、50cmずつシャクリながらコマセを撒き、3m位で止めてアタリを待つ。


②着底してラインを張る所までは同じだが、一気に2m巻き上げ、そこでコマセを振り、1m上げてアタリを待つ。


③着底して1m巻きコマセを振り、もう1m巻きコマセ、更に1m巻いてアタリを待つ。


など、様々なパターンがありました。また、根や魚礁を攻める場合があるので、そういったアナウンスがあったら、更に底から1~2m離してアタリを待つようにした方が、根掛りなどのトラブルを回避できます(実際根掛りで、仕掛け一式をロストしてしまいました・・・)。

そして、コマセワークを2~3回繰り返してアタリが無い場合は、仕掛けを回収、エサを点検してコマセを詰め直し、再度海底まで沈めてを繰り返します。その為、バッテリーは高容量のものがオススメで、スーパーリチウムバッテリーは、先の中深場でフル充電して300m近い水深を、今回は100m前後をかなり煩瑣に上げ下げしましたが、その2日間フルに使っても残量に余裕があり、頼もしい味方になっています(もちろん船にも電源があります)。

160427_082748



さて、そうしてコマセを振るタナ、アタリを待つタナを、パターン変え模索していると、130号オモリを下げたDEEOの竿先に「クンクン」とアタリがあり、そこで一回アワセを入れ、更にユックリと聞き上げると、今度は大き目のアタリがあり、ここで再度アワセを入れてジョグレバーをON! 中速で巻き上げていると、時折小気味よい引きを見せ、上がってきたのは、体高の張った美味しそうなアジでした。


1461736748680



アジは群れをなす回遊魚ゆえ、1人にアタリがあると連鎖的にアタリが出始め、高速の空巻きとは違う、ちょっと用心深いように巻き上げる電動リールの音でそれと分かります。


160427_092720


1461736711503



さて、序盤は潮が緩くきいていて入れ食いの場面もあり、狙ってのダブルの練習もでき、足元のバケツで元気に泳ぐアジを見ながら投入を繰り返し、バケツの中でストレスが溜まらない内にクーラーに移して行きました。


160427_095021


これはお見事!  何がお見事って、こんな瞬間を写真に撮ってくれた峯岸カメラマンが実にお見事なのです!!


1461736622720


160427_135051


13087509_993438280747847_1654326443800469816_n



ベタ凪の東京湾、曇り空で暑くもなく、絶好な釣り日和、25~35cm位、体高があり、丸々と太った美味しそうな、38匹ものアジを釣り上げることができました。


日頃、「アタリを出して掛ける釣り」ばかりしている僕ですが、それは魚との神経戦での釣りでもあります。今回はノンビリと、3種目めとなるコマセ釣りを、船長と笑い話しをしながら楽しむことができました。


夜の肴にと、釣ったアジは刺身とナメロウにしたのですが、このブログを書き始めた時に、すっかり写真を撮り忘れたことに気がつくほどの美味(言訳)、「アジ釣りは、釣りも面白かったけど、食味もまた良し」と、その味を思いだし、食べたくなったらまたノンビリと釣行しようかと思っています。


吉久さんでは、東京湾内や湾口の、季節の釣り物を看板に上げています。レンタルタックルも揃っていますし、今回もアジ釣りのテンビン、ビシ、オモリなど、一式をお借りしての釣行で、もちろん仕掛けも宿に用意してあります。


東京湾の美味しいアジ、是非湾奥から釣行されてみてはいかがでしょうか。


1461736584333



今後吉久さんでは、夜アナゴ釣り教室を企画中です! 日程など決定いたしましたら、またこの場でご案内を差し上げます。


追記


当日の吉久さんのアジ船の釣果情報は、「峯ちゃん船長も乗船し」という書き出しで峯岸船長が担当、読み進めて行くうちに「『えっ、また重いオモリの釣り?!』の、足立区の林 良一さん」という記述がありました・・・(笑)


160427_092359