この RYO'S METHOD ブログですが、毎日更新することを心掛けていて、毎朝、facebookで更新した旨を投稿させていただいております。

ですから、その投稿ごとに、facebookにコメントをいただけることもあり、先日のの投稿では、「状況に合わせた、針の種類や大きさの選択についても、機会があれば教えていただきたいです」とのご要望をいただきました。

カワハギ釣りのハリには、形状が幾つかあり、大きさである号数、又はハリスの長短や太さなど、様々な要素が存在します。

そういった「カワハギ釣りのハリ」について、私見ではありますが、書いてみたいと思います。


さて、カワハギ釣りのハリには、大別して、DAIWAの「スピード」に代表されるような早掛けタイプと、昔からあるハゲバリタイプである「フック」、更にフトコロを広げた「ワイドフック」があり、セイゴバリタイプの「マルチ」があります。

先ずは「スピード」です

スピードとは読んで字のごとく「早い」という意味合いを持ち、「早掛けタイプ」と称されますが、少し違った側面もあります。

P2140116

スピードは、ハリ先から最初の曲りまでの幅=フトコロが狭く、その狭さゆえにカワハギの口に入り易い、吸い込み易い形状と言えると思います。

下の写真は、カワハギに対してハリはかなり大きくなっていますが、カワハギが、その狭いフトコロから吸込むイメージができるかと思います。

P2140120

よって、スピードを仕込んだエサを、より吸い込み易くするために、ハリスは細くて長いものを使うことが多く、10cmハリスはその最たるもので、カワハギの口の中にハリを入れ込むことに貢献しています。

例えばどんな釣り方の時に使うのか?

それは、吸い込ますハリですので、幹糸を弛ませる釣りに使うことが、その性能を発揮させる釣りとなります。

ハリから出るエダス(ハリス)が接続する幹糸が張っていると、カワハギが、エサを仕込まれたハリを吸込もうとしても、ハリスが真直ぐに張ってしまうと、カワハギが一定の場所にいると考えると、それ以上ハリを吸込めなくなってしまします。

そこで

幹糸の上部に中オモリであるとか、集器等を取り付け、海底で一番下にあるオモリと中オモリの相対距離を縮めてあげることで、幹糸に弛み=余裕 ができ、カワハギがハリをより吸い込み易くさせてあげるのです。

活性の高い時などは、長めのハリスをほとんど飲んでしまうことがあり、幹糸のフックビーズからハリスが1cm、その先にカワハギが付いているなんてこともあります。

ですから

吸い込み易いハリであるスピードは、長めで細いハリスを使い、ハリの自由度を上げてあげること、幹糸を張らずに弛ませることによって、より違和感を感じさせないで、カワハギにハリを吸込ますことを心掛けると良いと思います。


カワハギ釣り・ハリ ≪後編・フック・ワイドフック編≫ に続きます


【釣り教室のご案内】

3月4日(土) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん