先日あるテレビ番組の中で、「カロリーが高い情報」、「熱量が加わっている情報」といった言葉を耳にいたしました。

それは

「ただの情報集めでは無くて、信頼できる人の情報を集める」といった意味合いがあるのでした。


インターネットやSNSが発達した現代、色々な情報を入手することは容易ですが、釣りにおいて、自分が試みて納得の行った情報なら、それが自分の熱量が加わった情報となると思います。

反対に、例えばシーズン始めなどに「〇〇(場所)で△△(魚種)が湧いている!」といった情報があったとします。

その場所がたとえば東京湾なのなら、ピンポイントでどこの場所であるのか?

遊漁船の釣果情報なのか、漁師の情報なのか、一種特殊な、一般的ではない情報なのかを判断してアウトプットしないことには、信頼ができかねるのではないかと思うのです。

また

「これ(釣具や仕掛け等)を買えば間違いなく魚が釣れる!」といった、ある意味希望観測的な情報も、ご自分で使ってからでないとそう言った発信は無責任であり、果たして本当に効果的なのか? どういった条件で使うのか? といった、試みた後の考察が不可欠だと思のです。 

または、場合によっては逆効果になってしまうことがあるかも知れないモノを、他の釣り師よりも先に情報を得たからといって、それに尾ヒレを付けてしまっては、全く信頼のおけない情報となってしまいます。


僕は毎朝、この RYO'S METHOD ブログを更新させていただいております。

ですので、毎回そういったところには十分注意、配慮して書かせていただいているつもりなのです。


すみません、今回は辛口な内容になってしまいましたね・・・


 【今後の釣り教室】

10月14日(Sat) カワハギ釣り教室Vol.6 at えさ政釣船店さん(満船御礼)

10月15日(Sun) エギスミイカ釣り教室 at 吉久さん
(キャンセルが出ました!)


11月5日(Sun) カワハギ釣り教室Vol.10 at えさ政釣り船店さん(募集中)


   【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

また、2017年バージョンのステッカーも好評発売中です!