シャクリのオツリ<前編>・タチウオ釣り より続きます


ただ、その張ったハリスのまま、エサが止まった瞬間にタチウオが食ってきたとすれば、揺れる船上のこと、その時船が持ち上がってしまったとすれば・・・

エサのタラシ部分をタチウオが咥えていた場合、仕掛けは上方に移動、エサがタチウオの歯で切れてしまうことになり、そこでアタリは途絶えてしまうのです。


エサ釣りのシャクリには、ロッドの振り幅と、どの角度からどこまでといった位置、リールへのラインの巻き取り量が密接に関係してきて、それに付随するようにステイの間が入ってきます。

RIMG0350


風などにより、上下動が激しい船上では、真下にロッドを構えていれば、船が上がればそのまま仕掛けも動いてしまうこととなり=アタリ直後のエサ切れの原因となってしまい、そんな時は、シャクリのシャープさは欠いてしまいますが、ロッドを水平近くに構え、船の揺れを相殺するようにロッドを上下に操作しながらシャクリを続け、水中では、エサが一定のインターバルをおいた動きになるようにします。

また、アタリの初動でエサのタラシ部分しか咥えない、中盤過ぎから終盤にかけての、タチウオの活性が低下しての難しい展開では、「シャクリの後にオツリを出し」、ハリスに弛みを持たせることが好釣果に繋がって行くものです。

「オツリを出す」とは、どんなシャクリなのか?

RIMG0328


例えば、ロッドのふり幅を50cmとしたとします。

斜め下方に構えているロッドを50cm、文字通りシャクリ上げるのですが、ロッドを50cm、元の位置に戻す時にはリールに30cmしかラインを巻かないのです。

具体的には、ハンドル1回転で60cmラインが巻けるのであれば、ロッドをシャクリ上げ、その後ロッドを下げながら、ハンドルを半回転だけ回すのです。

すると・・・

先ず海中で50cm、テンビンと仕掛け、エサが、潮の影響もあると思いますが、ほぼ同調して上方に移動することになります。

次にロッドをシャクリ幅である50cm下げながら、ラインは30cmしかリールに巻き込まないのです。

そうすると海中のテンビンは、シャクリ上げた位置より20cm下がることになります。

ここで考えていただきたいのは、テンビンが下がった時のハリスの状態なのです!

斜めにたなびき張っていたハリスは、テンビンが下がることによって弧を描き「ループ状」に、エサも少し引っ張られるかも知れません。

この「ループ状」がキモで、活性の低い時には、エサのタラシを咥えたタチウオに、もう一口食べさせる余裕になること、揺れる船上で、意図せず仕掛けを移動させてしまうことを緩和させる役目があるのです。

RIMG0348


活性が下がって行くとき、船の揺れが大きい時、シャクリにオツリ=シャクッた後に意図的に戻す動作が功を奏すものです。

また、低活性時には、仕掛けのメンテナンス、エサのメンテナンスが大切な要素となってくることも書き加えておきます。

RIMG0338




 【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

また、2017年バージョンのステッカーも好評発売中です!



【釣り教室の予定】

9月10日(Sun) 湾フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん(募集中)

9月16日(土) RYO'S METHOD釣法で掛ける・タチウオ釣り教室
at えさ政釣船店さん
(募集中)


9月18日(Mon)  湾フグ「仕掛け作り」教室 at ふみ屋さん(募集中)


10月1日(Sun) カワハギ釣り教室Vol.6 at えさ政釣船店さん(募集中)

10月7日(Sat) DKO強化カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(満船御礼・キャンセル待ち)

10月9日(Mon) 追加日程DKO強化カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)