釣りをしていて食いが悪い時はおおむね低活性、「止めておくことが誘い」とばかり、食い気が無い魚にジックリとエサを見せて根気勝負を挑むことがあります。

「魚探に反応が出ているのに口を使わない」といった状況がそうで、これは「食わない状況」ということができます。

反対に、仕掛けを入れさえすれば食ってくる高活性時もあります。

こんな時は自己記録更新が狙える時で、釣技よりも、食いが立っている限られた時間の中で、トラブル無く釣り進める、いわば正確な手返しの練習といった意味合いもあるかも知れません。

その 非常に食いが立っている ⇔ 食わない の間には、どの位の段階があるのでしょう?


活性の高い時に比べ低い時には、先の時間的な要素の他に、ハリスを細くするや長くする、ハリを小さく=軽くするといった工夫も効果がある時があります。

では、その段階はどの程度でしょうか?

対象魚を釣り上げる為に、大きさの違うハリを何種持って行かれますでしょうか?

同様に、号数の違ったハリスを何種持って行かれますでしょうか?

「まあ、食いが悪い時用に、ワンサイズ小さなハリと、1号細いハリスを持って行く」と言う方もいらっしゃることと思います。

そうであれば、船上でハリを巻き直す、ハリスごとハリも取り替えてしまうことができると思います。


カワハギでは

ハリの種類×号数×ハリスの長さ×太さをしてみると、大げさに言うと天文学的な組み合わせとなり、それにドウツキ仕掛けの枝間、中オモリの位置などを加えると、増々桁が増えていってしまいます。

カワハギ釣りでは、ハリス付きのハリを買い求めに釣具屋さんへ行くと、畳1枚位のパネルに様々な種類が掛けてあり、どれを買ったらいいのか迷ってしまうこともあるかも知れません。

ただ、その1つ1つに全て意味があり、それを状況によって使い分けてこそ釣果が付いてくるのです。


難しさの段階

ことカワハギ釣りでは、その難しさの段階が細かくあり、その段階を構成する要素であるハリ、ハリスを含めた仕掛け、ライン、ロッドなど、全てのバランスが高次元で合致したときに釣果が期待でき、それを考え組み立てる釣り手の経験からくる思考、釣技も大切になってきます。

そのバランスのどれか1つか2つが合っていないと、釣れることは釣れるのですが、トップの方には及ばない釣果になってしまうものです。


【釣り教室の開催予定】

〔New〕 3月25日(Sun) LTアジ釣り教室 at えさ政釣船店さん(募集中)



 
【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座