この「開き直る」とは、体操選手の内村 航平さんの言葉で、試合に臨む前に彼は開き直るそうなのです。

体操競技は、鉄棒、鞍馬、吊り輪、床、跳馬、平行棒の6種があるのですが、その跳馬競技の着地で足首を怪我をしてしまった内村さんでしたが、その怪我を治しながら鉄棒でのH難度の技に挑戦されている内容のドキュメント番組の中での言葉でした。


彼は練習で、「格好の悪い事をする」といって、基礎となる前転、いわゆる「でんぐりがえし」などをウォーミングアップに取り入れ、そんな面白くないことから練習を始めるそうです。

そこで彼は「面白くない中に面白さを見つける」ことをしているそうで、幼い頃より行っていた単純な運動の中に、更に貪欲に何かを、面白い事を見つけながら挑むのだそうです。


そういったウォーミングアップをして体を温め、そしてH難度の技に挑戦する・・・

そうして「ここまでやってきたのだから100%成功する」といったことを見据えられるようになると、試合に出場する不安感などを払拭できるのだそうで、それを「開き直る」という言葉で表現していました。


10代の頃は、そういった開き直りが無かったそうで、技の途中であきらめてしまって競技を自ら中止してしまったこともあったそうです。

それを「心が体を動かす」と表現していました。


絶対王者にも、やはり若き頃の失敗があり、メンタルを含めたオリジナルの練習の蓄積が開き直りを更に強固なものにして行くのだと感じました。


【釣り教室のご案内】

湾フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん5月20日(日)・(現在12名様)

〔New〕湾フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん6月9日(土)

アナゴ釣り教室 at えさ政釣船店さん6月9日(土)・(満船御礼キャンセル待ち)

※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

※DISCの1回の発送に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいております


林 良一 facebook