先日のカワハギ釣り教室で、適正な中オモリの重さと取り付け位置について詳しくご質問されてきた方がいらっしゃいました。

onetouch_sinker_lock


また、これも釣り教室の時なのですが、出船前から「今日は中オモリは何号を付ければ良いですか?」といったご質問をいただくことがあります。

中オモリの重さについては、水深、潮の早さや二枚潮等、またラインの太さによって変わってきますので、予想をつけて取り付けておいても、実釣中に足したり引いたりと調整しながらベストな号数や取り付け位置を導き出して行きます。

ですからおしなべて

重めの中オモリ:水深が深い・潮の流れが早い・ラインが太い

軽めの中オモリ:水深が浅い・潮の流れが遅い・ラインが細い

となり、位置に関しては、仕掛を動かしたい時は、その動かしたい部分に近い所に取り付ける程仕掛けは良く動き、反対に潮に馴染ませながらナチュラルに幹糸を弛ませたい時ほど上方に取り付けたり、分散させるといった考え方になります。

また、仕掛けを弛ませる意味には

・エサが下方に下がるので、カワハギの摂餌の態勢である前傾姿勢を作ることができる

・カワハギが定点にいて摂餌しても、幹糸が弛んでいないので、無理なくエサが口の中に入る

といった意味合いがあります。

そして中オモリには、タタキやヒラウチ動作をすることによって、幹糸がランダムに揺れ動き、カワハギにエサを取らせないといった動きを与えられます。


中オモリの重さと位置 後編に続きます


【釣り教室のご案内】

カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん9月17日(月・祝)・満船御礼キャンセル待ち

タチウオ・アジリレー釣り教室 at えさ政釣船店さん9月22日(土)・満船御礼キャンセル待ち

〔New〕DKO強化カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん10月6日(土)

〔News〕エギスミイカ釣り教室企画中!

※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

※詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)

※DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます     



林 良一 facebook