湾フグ釣りでちょっと変わった釣りをしたことがありました。

湾フグ釣りというと、10m前後の水深が主なポイントとなりますが、その冬は25~30mのポイントで釣れ盛ったのでした。

釣っている最中に船長に尋ねると、反応は底から1~2m浮いていることもあるということで、いつものカットウ仕掛けで攻めるではなしに、ドウツキ仕掛けを作って行き釣り進めたのでした。


そのドウツキ仕掛け、全長1.8mの間に枝間30cmで6本バリといったモノを作ってみました。

具体的には、フロロの5号を幹糸に、フックビーズを6個介し、ハリスも5号で5cm、ハリは・・・・・(笑)

仕掛の1.8mは、反応の高さを鑑みたことと、ロッドが1.8mだったので、フグが掛かってロッドが曲り、仕掛け下のオモリを掴める長さとしてみたのです。

そんな仕掛けに、エサはアルゼンチンアマエビの小指位のサイズを2つに切り縫い刺しました。

ちなみにロッドは硬めの湾フグロッド、オモリは25号でした。


その時の船宿さんでは、同じような枝バリ4本のドウツキ仕掛けを自作して使っていて、初めての方はそれを使い釣っていたのですが、しばらくアタリが無い中仕掛けを上げてみると、キレイにエサだけ盗られてしまっているのです。

カワハギ釣りでは「コンコンコンッ、ってアタリがあるのに掛からずにエサが無い」ということを聞くことがありますが、こと湾フグ釣りでは「気配が無くエサを盗られる」といったことがままあるのです。

フグ達は、潮の流れの緩い海域で、海中に浮いている「ホバリング」を駆使しし、その状態で前後左右、上下にも、仕掛と同調して泳ぐことができるので、エサと同調して摂餌することができるのです。

また、口の形状を見てみても、クチビルがあり歯があり口腔があり、エサを歯で千切り取るように食べることができる他、カワハギと大きく違うのは歯の鋭さで、5号ハリスでも時によっては、鋭い切り口でスパッと切って行ってしまうことができます。


以上のことから、ドウツキ仕掛けをオモリを着底させているゼロテンションで、ピタッと止めていても、湾フグ船用ロッドの繊細な穂先には目感度アタリが出辛く、仕掛を上げて来るとツルテンということがあるのです。


ではどうやってアタリを創り出すのか・・・?



アタリを創り出す釣り 〔後編〕 へ続きます


【釣り教室のご案内】

DKO強化カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん10月6日(土)・満船御礼キャンセル待ち

エギスミイカ釣り教室 at 松陽丸さん10月14日(日)・満船御礼キャンセル待ち

カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん10月21日(日)・お後数名様

〔New〕カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん10月28日(日)

※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

※詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)

※DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます     



林 良一 facebook