アタリを創り出す釣り 〔前編〕 より続きます


ではどうやってアタリを創り出すのか?

ゼロテンションでエサを食う間を与え、食っているという頃合いをみて聞いてみるのも一つの方法なのですが、それで掛けたとしても「釣れちゃった」であって「釣った」あるいは、「狙って掛けた」ではないのです・・・

ではどうしたら?

潮の緩い環境でホバリングしているフグに、エサを食べさせる間合いを釣り手が作って行くのです。

この方法で釣っていると、同船者から「アタリが無いのに、ロッドを上げるとフグが掛かってきますよねぇ?なぜですか?」とよく聞かれたものでした。

カラクリはこうです!

オモリが着底してラインスラッグを取り

オモリをトントンしながら更にラインに張りを出してくと同時に、海底付近にホバリングしているフグをイメージしながら、エサを小刻みに揺らして誘い、なおかつおあずけ状態を作る

フグがエサを発見、目の前で揺れているエサを食べたくても食べられない状態で焦らされ、段々と活性が上って行くイメージ

頃合いをみてその誘いをやめてゼロテンション

そこでフグは、目の前で動いていたエサが止まるので食ってくる

でもアタリは出ない

なので、止めを作ってから、フグの口にハリが入った頃合いをみて聞き上げると、アタリ、というよりもロッドに引きが伝わるというわけなのです。

「フグを自分の間合いに気付かれないように引き入れ、虚を衝いて掛ける」といった釣り方なのです。

まさにアタリを創る釣り方であり、見ている方からは、不意にロッドを上げるとフグが掛かっているように見えたのです。


【釣り教室のご案内】

DKO強化カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん10月6日(土)・満船御礼キャンセル待ち

エギスミイカ釣り教室 at 松陽丸さん10月14日(日)・満船御礼キャンセル待ち

カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん10月21日(日)・お後数名様

〔New〕カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん10月28日(日)

※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

※詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)

※DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます     



林 良一 facebook