もしかしたら、我家から1番近い船宿かも知れない松陽丸さん。

車を出せば10分足らずで、荒川のたもとにある桟橋に到着します。

RIMG4424

RIMG4422

 


TKBで何度か乗船させていただいたことがあるのですが、この度、釣り教室の新たな船宿さんとして、エギスミイカ釣り教室を開催させていただきました。

 

今回出船前のレクチャーは桟橋の入り口にて、雨降りの中行わせていただきました。

RIMG4431

簡単なスミイカの生態、タックル、釣り方、エギのカラーについて、大切な取り込み方などをお話しさせていただきました。

RIMG4433

RIMG4432

RIMG4427

 


レクチャー終了後6時半に出船、一路中ノ瀬のスミイカポイントを目指します。

荒川の幾つもの橋を潜り東京湾へ、この頃雨は止み、途中スカイツリーも見ながらの航行となります。

RIMG4435

さて、しばし走りスミイカの大場所ポイント中ノ瀬に到着です!

PA140001

 

上げ残りの潮がある筈がほとんど潮止まりの状況、1流し目は空振りでしたが、流し替えると川田さんにヒット! 「今日は初めてのスミイカ、2杯を目標にしたいと思います」との事でしたが、目標の3倍の釣果、お見事でした!

RIMG4437

 

やや北風が強い中、揺れの少ない胴中で釣り上げられたのは高木さん。静かな釣りで穂先の変化を捉えられました。

RIMG4438

 

高級ゲストのマダコを釣り上げられのは今井さん。でもこの後、しっかりとスミイカも釣られていました。

RIMG4439

PA140002

 

回って行くと、様々なご質問をされた奥平さん。釣りの面白さを、柔らかな笑顔で語ってくれました。

RIMG4440

 

「松陽丸さんはポイントまでの航行距離があるけど、水の上は渋滞しないので早くて楽なんですよ」とは渡辺さん。左舷の舳で頑張っていただきました。

RIMG4441

 

レンタルロッドで挑戦されたのは味志さん。柔らかな、美味しそうな小型を釣り上げられこの表情です。

RIMG4442

 

タナ取りの回数×集中力がエギスミイカ釣りの大切な所かも知れません。寡黙にタナ取りを繰り返していた佐藤さんにズシリとヒットしました!

RIMG4443

 

松陽丸さん大常連の浅井さん。お話しの節々に「私は釣りが大好きなんですよ」という表情をされていたことが印象的でした。

RIMG4444

 


さて中盤に差し掛かる頃、僕もロッドを出してみることにしました。

丁度潮止まり、下げ潮に差し掛かる時間帯でしたが、日中動かない秋の潮のこと、強めの北風の割にはほとんど潮が動いていないようでした。

そんな中、間門船長は皆さんに釣っていただこうと、面舵、取舵に僅かに船をずらしながらの見事な操船で、潮の動きが悪い≒低活性ながら、ポツリポツリとスミイカが上がります。

先の「船をずらしながら」は、エギスミイカ釣りでの1つのキーとなり、その時ラインが斜めになるので当然タナは上ずってしまうのですが、ここで素早く僅かに高くタナを取り直すことで、カーブを描きながらこちらに戻ってくる中オモリにエギが引っ張られながら、海底付近に生息するスミイカに「横の動き」でエギをアピールすることができるのです。

満船でしたの舳先に座り、ラインが僅かにかっ込む(船下に入る)時、上記のようにタナを取り直し、かなりユックリと戻ってくるラインを確認、横の誘いをしているさなかに押さえ込むアタリ! すかさずアワセを入れて、イカに水圧を掛けカンナにずらしてフッキングさせました。

RIMG4445

RIMG4448

 


ロッドは、伝説の調子のアナリスター エギスミイカ(なんとこの日、僕を含めて7名様がこのロッドでした!!)。リールはスパルタン TW。細糸が有利なエギスミイカ釣りに、ラインは8ブレイドの0.6号を巻きました。

PA140004

PA140003

PA140008

 


森本さんも釣りました! 「ズシッと乗った感じが、エギタコに似てますね!」とは、妙を得た一言。確かに軟体系独特の心地良い重さですよね!

RIMG4451

 

当日はオレンジの背のエギに反応が良かったようで、味志さんもオレンジで釣り上げられました。嬉しそうな表情です。

RIMG4452

 

去年のYKBで優勝された山本さん。スミイカもその集中力でアタリをキャッチされていました。

RIMG4454

 

沖上り間際、今度は払い出すラインにタナを取り直し、モタレで掛けたのは大き目のスミイカでした。今季のスミイカは、時期にしては型が大きいようです。

RIMG4457

 

 

少々強めの北風ではありましたが、定刻まで釣りを楽しむことができました。

帰港中も、久し振りの景色を楽しみながらとなりました。

PA140010

PA140011

PA140012

 


下船後は当日の状況をお話しさせていただいており、今後の釣りのヒントにしていただけたらと思っております。

RIMG4459

RIMG4462

RIMG4465

RIMG4461

 

RYO’S METHOD ステッカーを賭けたジャンケン大会!

RIMG4466

 

大好評、ヨリモドシ掬い!

RIMG4472

RIMG4473

 

 

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。何か得ることはございましたでしょうか。

松陽丸さん、間門船長、矢内さん、お世話になりました。

RIMG4467

 

松陽丸さんにて、また釣り教室を開催できたらと思っております。

PA140013

 

【釣り教室のご案内】

カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん10月21日(日)・お後3名様

カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん10月28日(日)・現在11名様のご予約


※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う
仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

※詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)

※DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます     



林 良一 facebook