水中でホバリングができるカワハギは、その場でエサを居食いすることができます。

特に、潮がきかず流れの無い時などは、そのホバリングの正確さも上り、竿先には目感度アタリを出さずにエサだけ盗って行くものです。

同じく潮が動いていない時は低活性と重なることもあり、エサを歯でついばむように摂餌する為、余計にアタリとして捉えにくいものです。

そんな時、オモリを底から離す「聞く」動作をするのですが、そこで一考です!


勢いよくオモリを切ってしまっては、低活性のカワハギを驚かせてしまうことが考えられますので、寝ているオモリを45度位に立てるイメージで、ごく小さく聞くことが大切になってきます。

そうすることにより、エサを目の前にし食べようとしているカワハギも、移動距離がごく短い聞きですので、そう違和感にはならないとの考えからです。


カワハギの口の中にハリ先が入っていれば、その小さな聞きの時に違和感をおぼえて泳ぎ出し引きとなりますので、そこであらためてアワセを入れれば良いのです。


でも、そうした繊細な聞き動作で食いを確認しなくても、メタルトップであれば、目感度アタリが出難い場合でも、ハリを噛んだ手感度アタリでアワセに行ける場合があります。


【釣り教室のご案内】

カワハギ釣り教室 at 松陽丸さん11月25日(日)・お後5名様となりました

〔New〕湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん12月8日(土)


数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う
仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。

DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます。     



林 良一 facebook