チラシバリ仕掛け誕生物語 〔中編〕より続きます


また、違った角度から考えてみると、先の仕掛けはお蔵入りだったこと、当時アナゴ釣りで使っていた丸オモリがアタリを大きく出すことなども考慮し、「湾フグ釣りではアタリを出すことが8割、より大きくアタリを出す仕掛け」を考え作り始めたのでした。

そんなことを考えながらの仕掛け作り、「アタリを出すことに特化した仕掛け」をコンセプトに現在のチラシバリ仕掛けの原形が出来上がったのでした。


オモリから直ぐのところに、従来の親バリよりは小さいけれど大き目のハリを、ハリスを出しての段付きの2本のハリは、ハリスにパイプを被せて補強、フグの鋭い歯からハリスを守ると共に、ハリをオモリ方向にずらした(食い上げのような)アタリにも対応させるようにしました。

オモリからカットウまでの直線上にエサバリが来るよう、ハリの相対位置を直列とし、微細なアタリを逃さないようにしました。

オモリは遊動式で従来のナツメ型、丸型、その他タイラバ用のタングステンなど、中通しタイプであれば状況によって形状、号数を取り替えられるようにしました。

カットウは、自動ハリス止めを配した捨てカットウ式とし、根掛りが多いポイントでも、極細PEラインを切らずしてその捨て糸が破断、予め捨て糸を結んであるカットウを取り付ければ釣りを再開できるようにしました。


その後、そうして作り上げたチラシバリ仕掛けを引っさげて、湾フグ釣りの看板を上げている様々な船宿さんに通ったものでした。

そんな時を切り取って書いたのが先の  で、この頃もチラシバリの細かな寸法やマイナーチェンジをしながら、より良い仕掛けへの改良に奮闘していたのでした。



【釣り教室のご案内】

タチウオ・アジリレー釣り教室 at えさ政釣船店さん2月10日(日)・お後5名様となりました

〔New〕マルイカ釣り教室 at 海楽園さん2月16日(土)



数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅 2018 Compilation Film

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け


詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。

DISCの発送1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいております。     



林 良一 facebook