ここのところ好調な釣果のアマダイ。

テンビンを介しての2本バリ仕掛けが主流となり、仕掛の途中から枝分かれするハリスの基部には小型の親子サルカンを、先端のハリの手前にはガン玉を打つ場合もあります。

ただ、親子サルカンもガン玉も小さ目なサイズなのです。

一方カワハギ釣りでは、ドウツキの3本バリ仕掛けが主流となっており、仕掛け上部にカミツブシタイプの中オモリを取り付ける場合があり、10cm程の細くて長めのハリスを使う場合もあります。


アマダイ釣りでは、オモリが着底した後、数回オモリで差で位置の海底を小突くようにし砂煙を舞い上げます。

そしてユックリと仕掛けを持ち上げることで、潮にたなびく砂煙から、あたかもそれを発生させたかのようにエサであるオキアミが出てくるといったイメージなのです。

ただここで、先の親子サルカンとガン玉の重さがあるのです。

ですから、ユックリと聞き上げる時、先ずは親子サルカンが海底を引きずりながら潮に押されたハリスの抵抗も受けながら浮上、その先にあるハリが続いて浮上して行った後、更にその先にあるガン玉も海底で引きずられながらやがて浮上するといった状況になると考えられます。

ですから、砂煙から時間差で2つのエサが出てきて底を離れて行くといったイメージなります。


カワハギでは、オモリが着底してから中オモリを使って仕掛けを倒しこんで行く時、幹糸が緩いループを描きながら、段々と海底と平行になって行く様がイメージできます。

長ハリスを使った場合、オモリを切りユラユラと仕掛けを動かしていることを想像すると、仕掛けが上方に上がったときは、エサの抵抗もありハリスは張っていますが、反対に下げた時は、その幹糸が下がることに送れるようにしてエサが下がってきますので、長いハリスほど弛みができ、ハリスが張っている時よりもエサを吸い込む際に抵抗がなくなった瞬間、それはエサの動きがほんの一瞬止まったときにもあるのですが、ホバリングしているカワハギが最もエサを吸い込み易くなる瞬間でもあり、それを演出した仕掛け操作となると思います。


どちらにしても、海中にある仕掛けの状態をイメージすることは大切で、結果として表れる釣果を鑑みながら、少しずつ誘いの長さや早さを変えながら、その日の対象魚に合った誘いをすることが大切となってくるのではないでしょうか。


また「動かなさいことが誘い」 この意味、お分かりなるでしょうか。


【釣り教室のご案内】

タチウオ・アジリレー釣り教室 at えさ政釣船店さん2月10日(日)・満船御礼キャンセル待ちとさ         
                                               せていただきます。

マルイカ釣り教室 at 海楽園さん2月16日(土)・お後2名様となりました。

〔New〕アマダイ釣り教室 at えさ政釣船店さん2月24日(日)



数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅 2018 Compilation Film

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け


詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。

DISCの発送1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいております。     



林 良一 facebook