以前「マルイカ仕掛けの幹糸は絡まず、さばき重視で太目で」といった記述を読んだことがあり、さらに「幹糸が太くても食いに影響は無い」とも付け加えられていました。

確かに長い仕掛けやハリスの場合、その糸が太ければ張りがあり絡み難いもので、シャクリダイのナイロンラージやタコ釣りの渋糸も、そういった意味合いがあると思います。


ところが、ゼロテン釣法全盛の近代マルイカ釣法では、極軟調な穂先を持つ専用ロッドを使って、違和感とも言える微細なアタリを出すことを主眼においています。

ということは、数メートルある幹糸が太ければ太いほど、海中では潮の流れの影響を横から受けることになり、アタリをスポイルしてしまう要因になると考えられます。

そこで、幹糸を細いモノに、号数を落としてみました。

するとアタリが大きくなり、ゼロテン専用ロッドではなくてもマルイカを掛けに行くことができました。

ただ当日は雨模様の天気であったので、幹糸を細くした分投入機の内側に糸が貼りついてしまい気味ではありましたが・・。


また、先日書かせていただいた変則的な幹糸も試してみました。

こちらは良好な感触でしたので、今季しばらく使ってみようかと思っています。



【釣り教室のご案内】

〔New〕湾(ショウサイ)フグ釣り教室 at えさ政さん・12名様のご予約をいただいております。

LTアジ釣り教室 at えさ政さん・まだ余裕がございます。脂ノリノリの東京湾のアジです!

ラインの結び方とラインシステムの座学会 at 酒舞さん・キャンセルが出ました、お後2名様です。

マルイカ釣り教室 Vol.3 at 海楽園さん・キャンセル待ちとさせていただきました。


数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅 2018 Compilation Film

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け


詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。

DISCの発送1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいております。     



林 良一 facebook