釣竿、ロッドは手元が太く、先に行くほど細くなっているもです。

これは、力学的にもこの構造でないとロッドとしての機能はおろか、破損に繋がってきます。

また「先調子」と呼ばれる、先端部分だけがキュッ曲るロッドは、より破損に注意が必要になってきます。


「先調子」のロッドは、カワハギや湾フグに使われますが、アタリが小さな魚種ほど、穂先が硬くては目感度アタリとして竿先に表れる変化が分かり辛くなるものです。

ですから穂先は柔軟に、穂持ちからがシッカリとした作りのロッドになっているわけです。


そんなロッドを取り込みの時に立ててしまうと、急テーパーの穂先部分がより曲げられ、そこから破損に繋がってしまうことがあります。

湾フグやカワハギ釣りの時、特に大型が掛かった時は、水面まで来た魚を見ながらラインを巻き込み、トップガイドから1m位になったら、半歩下がってロッドを平行に、ロッドの胴中に手を添えて抜き上げてあげるとロッドの破損の心配が無くなります。


魚が掛かるととかく慌ててしまいますが、そこを注意していれば、抜き上げ時の穂先の破損は防げるはずです。


【釣り教室のご案内】                            
                                          

湾(ショウサイ)フグ釣り教室 at えさ政さん大型の横っ走りが楽しめるかも!?
                                                                   お後10名様となりました。

6月にエギタコ釣り教室企画中!


数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。


【RYO'S METOD How To DISC】

RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅
2018 Compilation Film

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。