先日のマルイカ釣り教室では、潮止まり付近と日が高くなるに従って、ゼロテンション釣法でも、より穂先のテンションを抜く釣り方が有効でした。

潮が動かないとおしなべて活性が下がること、居食いすることが容易くなることがあり、ただでさえ小さなアタリを出すマルイカですが、アタリが輪をかけて小さくなってしまうものです。

そこで!

釣り方もそれに合わせて、アタリの出やすい釣り方に変えて行くのです。

マルイカ用のゼロテン釣法のロッドの場合、穂先はかなり柔軟ではありますが、曲げれば曲げる程、それ以上の大きな力でないと、上穂先は曲がり込んで行きません。

これは、やはり柔軟な穂先を備えた湾フグ釣りにも共通したことが言えるます。


こんな時はオモリ着底後の、また、巻き落とし後のゼロテンション時の時、柔軟な穂先をほとんど曲げることなく=かなりテンションを抜いてアタリを探すと功を奏することがあります。

技術的にはかなり難易度が高くなりますが、経験を積んでマスターすると、自ずと釣果に結びついて行くのではと思います。


【釣り教室のご案内】                            
                                       

6月にエギタコ釣り教室企画中!・もしかしたら7月も!

6月にマルイカ釣り教室企画中!・これで今季は最後かな?

湾(ショウサイ)フグ釣り教室 at えさ政さん満船御礼・キャンセル待ちとさせていただきました。


数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。


【RYO'S METOD How To DISC】

RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅
2018 Compilation Film

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。