今季4回目となるマルイカ釣り教室を、神奈川県佐島の海楽園さんにて開催させていただきました。

今回ご参加いただきましたのは19名様、いつも多くのご参加ありがとうございます。

 

宿での受付けの後、釣り教室の釣り座決めの受付けをさせていただき乗船、今回は船上でレクチャーとなりました。

60340283_931768053660605_3155376270368309248_n

レクチャーでは、簡単なマルイカの生態、タックル、仕掛け、スッテチョイス、釣り方、取り込み方等をお話しさせていただきました。

RIMG5825

RIMG5840

60093716_2226973030712484_3334400931151216640_n

RIMG5830

RIMG5827

 


レクチャーがちょっと長引き定刻を少し過ぎて出船、田中船長はムギイカ交じりで釣果が上向いているポイントに舳先を向けました。

当日の潮見は小潮、7時半頃上げ一杯となっており、6時過ぎに出船しましたので朝一は上げ潮一杯に向う潮であることと、自宅を出る前に観た相模湾東エリアの潮の流れる方向は北から南だったので、概ね潮止まりからのスタートになることが予測できました。

天候は晴れ、風は微風、潮は薄濁りといった条件でした。

晴れより曇りの方がマルイカ釣りに適しているとはいうものの、微風は、風による穂先の振れ=ノイズを発生させることがなく、ゼロテンションでのアタリを明確に出します。

潮色も、澄み潮ではスッテが見切られてしまうこと、捕食魚から発見されやすい事などがあり、逆に濁り潮ではスッテを発見し辛いといったことがあり、薄濁りはマルイカ釣りには適した潮色ということが考えられます。

以上の条件から予測できることは、上げ一杯から下げ始め、潮の動き始めから食いが立つのではと考えらました。

具体的には、7時36分が上げ止りでしたので、8時過ぎから8時半位からがチャンスではないかと予想できました。

 

さて、朝1番、ここのところ好調なムギイカをダブルで掛けたのは須田さん、幸先の良いスタートでした。

P5110003

 

カワハギ釣りでも名手の藤田さん。マルイカ釣りはゼロテンロッドでアタリを出しまくっていました!

P5110004

 

ここのところ、毎回ご参加いただく浅野さん。これは良い型のマルイカ、嬉しそうな表情をされています。

P5110005

 

奥様に負けじと、すぐにマルイカを掛けた浅野さん。これもまあまあの型、帰宅後どのようにして食べられたのでしょうか。

P5110006

 

マッチャで掛けたのは「松ちゃん」こと松永さん(笑)  この1杯、嬉しい1杯が表情に表れていますね。

RIMG5841

 

潮止まりの時の微細なアタリをEX MCが捉えました。釣り上げられたのは冨永さん、この後も順調に釣られていました。

RIMG5843

 


さて、潮が動き始めると思われる8時を過ぎた頃ロッドを出してみました。

まだ潮は流れ出して無いようで、オモリ着底後のラインがほぼ真直ぐ立ちました。

すかさずセロテンションで直後のアタリを探します。

アタリがなければマイナス⇔ゼロを繰り返すクイックなタタキに移りステイ、トップガイドを凝視します。

タタキの後ごく僅かにトップガイドを左右に震わせるようなアタリがあり即アワセ、虚空を指すロッドの穂先の戻りが鈍い=マルイカが乗っていました!

RIMG5846

 

ロッド:極鋭マルイカレッドチューン AGS  極鋭マルイカ EX AGS

リール:スパルタン RT TW     スパルタン TW

P5110025

 

鋭い視線を魚探に落として一生懸命反応を探してくれる田中船長。

P5110011

P5110018

 


当日は温かく、Tシャツになって釣りをしているのは高沢さん。苦心して掛けたマルイカに笑みがこぼれます。

RIMG5845

 

ギリギリニセイカサイズを釣り上げたのは鈴木さん。この後もムギイカを追加なされていました。

P5110007

 

「2年振りのマルイカ釣りですよ」とは大内さん。勘を取り戻せばこの通り、お見事でした!

P5110008

 


さて、当日は松輪や江ノ島の船もポイントに集結し、反応があっても乗らなかったりと、ちょっとプレッシャーも入った様相もありました。

潮も思ったよりは流れず、そういった時、スレたマルイカはスッテをその場で抱く、いわば「居食い」をするもので、アタリが輪をかけて微細になってしまいます(※この辺りは詳しく、後日書かせていただきます)。

でも、段々と釣果も上がり出しトップシーズンに入ったマルイカ釣り、皆さん楽しまれていました。

P5110024

 

下船後は、宿の前にて当日の状況をお話しさせていただいております。

RIMG5849

RIMG5852


RYO’S METHOD ステッカーを賭けたジャンケン大会!

RIMG5853

 

今では絶版となった当りスッテを参加賞に。

RIMG5854

 


ゼロテンションでのアタリが取りやすい日並の反面、アタリがかなり小さな1日でした。

ご参加の皆さま、ありがとうございました。何か得るものはございましたでしょうか。

海楽園さん、大船長、女将さん、田中船長、小板橋さん、矢内さん、この度もたいへんお世話になりました。

RIMG5824

 

海楽園さんでのマルイカ釣り教室、6月にもう一度開催できればと思っています。


IMG_20190511_155656



【釣り教室のご案内】                            
                                          

湾(ショウサイ)フグ釣り教室 at えさ政さん満船御礼・キャンセル待ちとさせていただきました。

6月に(もしかしたら7月も)エギタコ釣り教室企画中!


数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。


【RYO'S METOD How To DISC】

RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅
2018 Compilation Film

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。