関東では、タコテンヤにカニの裏側、すなわち白い方を上にして括り付けます。

「これではカニがひっくり返ってしまっているのでは?」とお思いの方もいらっしゃると思いますよね。

それとそうそう、こんな事を思い出しました!

古のタコ釣りの本のページをめくってみると、瀬戸物の白などにもタコは興味を持つようで、アワビの殻に白いセメントを詰めたテンヤもあるのでした。


そういえば先日の釣行で船長が・・・

「こないださぁ、生きたホンビノスの殻にドリルで穴空けてさぁ、それ(をテンヤに付けて)で釣ってたお客さんがいたんだけど、釣れたんだよなぁ~~」

と笑っていました。

無論貝が大好物のタコだということもありますが、白っぽい貝の色にも、空けた穴から出るニオイにも反応したのかも知れません。

考えてみればカニも、色とニオイも兼ね備えていますよね。


タコエギの話し

RIMG6075


タコエギには、パールホワイトや蛍光イエローなど、膨張色の色合いがあります。

また、夜光のものもありますし、コントラストがハッキリと出る濃い色系もあります。

ニオイの無いタコエギ(ニオイを付けるスプレーもありますが・イワシのようなニオイ?)は、その色でタコを魅了するのではないかと考えたりしています。

「でも、ラトルが入っているので、音も影響するのでは?」とお考えの方もいらっしゃると思います。

その他にも、ヨリモドシやスナップなどの、接続金具の小突き時のガチャガチャ感であったり、底を叩くオモリの音、舞い上がる砂煙もしかりかも知れません。

ただ、ラトルに関しては「タコがエギを抱いた時、ラトルの音がすることで生き物であるという認識を持たせる」と言っていた方もいらっしゃいました。


タコエギの方がテンヤよりも目立つ!? ≪後編≫ へ続きます



【釣り教室のご案内】

 

〔New〕夏カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さんメタリア カワハギを無料貸し出しさせていただきます!

〔New〕エギタコ釣り教室 at 吉久さん
・今季大爆釣の気配濃厚です!

タチウオ釣り教室 at えさ政さん・満船御礼・8月も開催!                         

                                   
エギタコ釣り教室 at 吉久さん・満船御礼

数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。


【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕船の流し方向を予測し有利な釣り座を導き出す・リニューアル潮の流れと風向きと釣り座

RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅 
2018 Compilation Film 

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
 RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。