墨田川に架かる千住大橋。

その左舷上流に宿がある入舟さんにエギタコ釣りに行って行きました。

おっ、見たことのあるこの後ろ姿は・・・

 

墨田川に浮かびながら早速タックルの準備を始めました。

ロッド:メタリア エギタコ

 

リール:フネ XT  ミリオネア バサラ

 

いざ出船、しばらく墨田川の様々な橋を潜りながらの航行です。

 

朝一、船長だけが知っている?ポイントを攻めるも不発。

羽田沖のポイントへ移動いたしました。

 

するといきなり、隣の小路さんにまあまあサイズがヒット!

 

宮澤さんにもヒット! 開始当初「おかしいなぁ? 釣れへん・・?」などと言いながらの場面もありましたが、波に乗ると良い感じでタコを掛けていらっしゃいました。

 

さて、根掛かりが多い羽田沖。

推測すると、滑走路の堤防から連なる消波ブロックが海へ入り込んでいて、水面の上そのままで海中にもブロックがある様相で、そこはタコの格好の生息場所にはなるものの、根掛かりでも一級ポイントとなってしまうのです。

垂直になっているラインでも、何回かは巻き上げ途中にもかかわらずガツンと根掛かりしてしまうことも・・・

そういったポイントで根掛かりのリスクを減らすには、先ずはラインを垂直に、バーチカルに攻めることが鍵となってきます。

ですので、当然キャストしてしまうと根掛かりのリスクはグンと上がってしまうのです。

そして、船はユックリと流れて行きますので、その動きで斜め加減になった仕掛けを回収、また垂直に落としなおして、いわば水面の上まで巻いての巻き落としをしながら釣り進めるのがベターです。

 

そんな巻き落としの直後、ジワッと乗ってくる感触=アタリを感じ、活性の悪い感じもしたので長めに、6秒ほど小突いてからアワセ、ガッチリと決まりました!

 

梅雨の最終日、ポツポツと釣れ続きながら20杯を超える釣果でした。

 

帰港中もやはり、湾奥から墨田川の景色を見ながらの航行となります。



110339061_661721024693569_7769109121698073753_n

 

楽しいエギタコ釣行でした。

入舟さん、誠ちゃん船長、女将さん、お世話になりました。

宮澤さん、小路さん、ありがとうございました。

東京湾のマダコ釣りは、概ね8月一杯までとなります。

 


 facebook        instagram          Twitter


【RYO'S METHOD How To DVD

2度のDKO優勝に導いたノウハウが詰まったカワハギ仕掛け・RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作り

鋭い歯を持つタチウオにハリ飲ませて掛ける・
RYO'S METHOD タチウオ掛け作り

湾フグチラシバリ仕掛けを解説しながら作製・RYO'S METHOD 湾フグ仕掛け作り

船の流し方向を予測し有利な釣り座を導き出す・潮の流れと風向きと釣り座

年間2000本ものアナゴ釣り上げた・RYO'S METHOD アナゴ仕掛け作り

RYO'S METHOD の集大成・RYO'S METHOD Compilation Film(コンピレーション フィルム)


詳しい内容、お問い合わせは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問合せいただけたらと思います。