テンヤタチウオ釣りで、深場で潮が効いている時など、手元に40号テンヤしかない場合「本当は50号が使いたいんだけど・・」などの時に活躍してくれるのがプラスシンカー。

プラスシンカーとは、リーダーの先、テンヤの直上に取り付ける増しオモリことで、簡易的にテンヤを重くすることができます。


そんなプラスシンカー、釣り部屋でしばらく使っていなかったタングステンシンカーを発見(発掘かな・笑)、これで作ってみることにいたしました!


IMG_20200911_093344


重さ表示は1・1/4ozでしたので、

1oz=28.4gですので 5/4oz × 28.4g ÷ 3.75 = 9.5号  となり、約10号のタングステンのプラスシンカーとなります。


先ず、仕掛け糸のような丈夫な糸に、スナップ付きサルカンを通します。
これは、プラスシンカーの下側となり、テンヤとの接続で使います。

IMG_20200911_093505


シンカーの下になる方から糸を通し・・・
IMG_20200911_093523


出てきた糸を一重結びに!
IMG_20200911_093640


その一重結びがシンカー上部の穴に、密着するように引っ張ります。
IMG_20200911_093657


サルカンをシンカーに近づけ、一重結びのハーフヒッチを2セットします。
IMG_20200911_093727

IMG_20200911_093750


カットしたヒゲをライターの炎で炙って完成です!
IMG_20200911_093848


さて、今日は久々に(深場の)テンヤタチウオ釣り、プラスシンカーの出番はあるかな?

IMG_20200911_094615



 林 良一 facebook        instagram          Twitter




【RYO'S METHOD How To DVD

2度のDKO優勝に導いたノウハウが詰まったカワハギ仕掛け・RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作り

鋭い歯を持つタチウオにハリ飲ませて掛ける・
RYO'S METHOD タチウオ掛け作り

湾フグチラシバリ仕掛けを解説しながら作製・RYO'S METHOD 湾フグ仕掛け作り

船の流し方向を予測し有利な釣り座を導き出す・潮の流れと風向きと釣り座

年間2000本ものアナゴ釣り上げた・RYO'S METHOD アナゴ仕掛け作り

RYO'S METHOD の集大成・RYO'S METHOD Compilation Film(コンピレーション フィルム)


詳しい内容、お問い合わせは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問合せいただけたらと思います