釣り教室にご参加いただいている方より「前回参加した時と違った話をしていましたが・・・」と言われたことがありました。

これは下船後のお話しを終え解散となった後に伝えられたのでした。

RIMG0826

RIMG0828


「違った話しをしている」とは、一見無責任で適当に話しているように捉えられるかも知れません。

釣りが終わった後違った話しとなるのは、毎回状況が違っている環境下で釣りをしているからなのです。

実際には釣り場が海ということは変わりはないのですが、水温や水色、潮汐などは違っていて、更に新たな群れが入って来ていたり、魚が育って型が大きくなっていたり他といったことなのです。

前回と似通ったパターンで釣れてしまうこともあれば全く違ったパターンのという時も少なくなく、ことカワハギ釣りに至っては、船の一流しの間に食いパターンが変わってしまうこともあるのです。


そういった食いパターンを予測する≒好釣果を上げる には、事前にポイントの潮汐、水温、水色などの状況を把握し臨むことが大切で、組み立てて行った釣りと実際に釣れる釣りの差異を見極め当て嵌めて行くことが大切になってきます。


ですから「違った話をしている」のは、前回と違った条件となっていて、今回の条件に合った釣り方をお話ししているからとなります。


昔から、いつ行ってもバケツ一杯釣れるザリガニ釣りを大人は追いかけないものです。

minosukemaru_20220714171922_10_large



林 良一   facebook    insutagram   Twitter



【釣り教室のご案内】

カワハギ釣り教室募集中!お後1名様となりました。

 ヒガンフグ釣り教室募集中!・お後2名様となりました。


※会社の釣りクラブや、釣り好きのお仲間での、プライベートでの釣り教室もお受けしております!

お気軽にご相談いただけたらと思います。ブログ右上の「メッセージ」にてお問合せいただけたらと思います。

スマホの場合はブログ画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます。

プライベートでの平日開催の釣り教室もご相談うけたまわります。