ヒガンフグはその身が固く、釣り上げて身欠きにしてもらってから1週間~10日程冷蔵庫で寝かせて柔らかに熟成され味が良くなったころ刺身でいただきます。

僕は釣りから帰宅るすと身を水道水で洗い、キチンバサミでヒレをカット、腹の内側の膜など不要な部分を取り去りってしまいます。

その後水分を良く拭き取りペーパータオルで巻き、その上からキッチリとラップで巻いてからチルド室で入れます。


最初水分が多めに出ますので2日目にペーパーを替えます。

その後は3日経ってからもう一回、また3日経って食べることにしています。

373306262_18223895155219268_3374955612468433027_n


そこでちょっと考えました!

刺身にする前日に三枚におろし、中骨があった位置に昆布を挟んでみてはと思ったのです!!

今日はヒガンフグ釣り教室、自分の分が確保できたら試してみます。

出来上がりはまたこの場でご報告させていただきますね。


【釣り教室のご案内】

(ヒガン)フグ釣り教室 at えさ政さん
キャンセルが出ました!

カワハギ釣り教室 at えさ政さん
キャンセルが5名様出ました!

カワハギ釣り教室 with “レジェンド かやごん” 
満船御礼キャンセル待ちとさせていただきました。

※会社の釣りクラブや、釣り好きのお仲間での、プライベートでの釣り教室もお受けしております!

お気軽にご相談いただけたらと思います。ブログ右上の「メッセージ」にてお問合せいただけたらと思います。


スマホの場合はブログ画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます。


プライベートでの平日開催の釣り教室もご相談うけたまわります。