林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理やアウトドアのことなども!

2015年04月

この時期限定の白子を持った湾フグ釣り教室を開催いたします!

 

当日は出船前に船上にて、湾フグ釣りの細かなレクチャーを行います。
ポイント到着後はご参加の皆様を何度となく回らせていただき、お手持ちのタックルでの適した釣り方、攻め方等をご指南させていただいております。その際ご質問等ございましたら随時お受け致しております。


131013_070829-thumb-450x337

 

 

掛けると横っ走りする大型ショウサイフグの引きに出会えるのは今! そして、貴重な白子を堪能できるのも今です!!

140510_104658-thumb-350x466


 

当日はDAIWAの湾フグ専用竿、メタリア湾フグ湾フグXの貸出しもいたします。

この機会に是非ご参加いただければと思います。


日程:5月24日(日)
出船:7時15分(レクチャーを船上にて6時45分頃より始めます)

参加ご希望の方は、直接えさ政釣船店さん(TEL:03-3743-1585)にご予約いただきますようお願いいたします。 

 

よろしくお願いいたします。



ペアバトルの日程も決まり、マルイカシーズン真っ盛りの今日この頃、「マルイカ仕掛け作り教室の開催は?」とのお声かけをいただき、5月23日(土)、マルイカ仕掛け作り教室を開催いたします。

マルイカ仕掛けは一見シンプルですが、スッテローテーションに欠かせないイカフックを使い、直結⇔直ブラにチェンジする際の一工夫、ヨレ防止法、タングステン・シンカー脱落防止法、長い仕掛けの収納法などを、お配りするレシピに沿って実演しながら解説、随時質疑応答をしながら進めて参ります。


21240240_1977468465_113large


このブログをリリースした後、facebook内の「極鋭カワハギ友の会」にイベントを立てますので、そちらにご参加表明いただくか、こちらにコメントいただければと思います。それとは別にmixiにアドレスを転載いたしますので、参加ご希望の方は、そちらにコメント、又は僕宛てにメッセージをいただければと思っております。


日時:5月23日土曜日

場所:JR田端駅近く、魚河岸料理 初恋屋さん


当日16時頃より、マルイカ仕掛け作り教室を開催いたします。その後は懇親会(飲み会)の予定です。


150214_165831-thumb-530x397

 


よろしくお願いいたします。


 

「微細な変化である場合のアタリを大きく出そうと、竿先が細く柔らかい竿ほど船の揺れ、風での振れが出てきてしまうことがあり、アタリを感じ取る難易度はグンと上がってしまう」

ではどうすれば良いのか?

 

船の揺れに対処するには?

僕は独自の「ゼロテン・パーミング」で竿を握り、その握った掌の中指を支点として、波やウネリによって船が上がれば竿を下げ、船が下がれば竿を上げるようにし、僅かに撓む竿先の曲がりを一定に保つようにしています。

ベイトリールを取り付けたカワハギ竿を例に取ると、リールを固定するためにねじ込むフォアグリップの前方辺りが重心となり、その重心に指を添えると竿は水平を保ちます。


150417_080945



その重心に竿を握る手の中指を添え、竿ごとリールを包み込むように握り込むのが僕のゼロテン・パーミングです。

150417_080958

 


ゼロテン・パーミングは重心に中指を添える為、トリガーは小指の後ろに、通常のパーミングよりも随分と前寄りを握ることになります。

150417_081010

 


ゼロテン・パーミングでは、握っているだけで竿は水平になっています。リールを巻く手は軽くハンドルに添えておきます。

船が波やウネリで上がった場合は、ハンドルに添えている手(指)を緩めればそのまま竿は中指を支点として自然と下を向きます。

船が下がった場合は、逆転しないリールのハンドルの特性を生かし、ハンドルに添えている指でハンドルを逆転させる方向に巻くように動かせば、中指を支点に竿は起きてきます。

 

風で竿先が叩かれてしまう時は?

先に船最前線でリリースさせていただいたブログ記事、強風時の竿の構え方にあるように、なるべく竿尻を風上方向に、竿先を風下方向に向け、竿を風と平行に、竿尻から竿先へと風が抜けるように構えることである程度解消されます。

 

このゼロテン・パーミングで、竿の振幅さえ間に合う揺れであればゼロテンションを持続することができます。

 

ゼロテンションのデメリットは?

オモリを海底に置いて成立するゼロテンション。
船を流して釣る場合そのままでは、オモリと船との相対距離が次第に離れて行ってしまいます。そうすると、マルイカやカワハギなど、宙を釣る釣りと混在する場合、宙を釣っている釣り人のラインは垂直近くに立つのに対し、ゼロテンションの釣り人のラインは次第に斜めになって行きます。
そうするとお互いのラインが交差してしまう確率が時間と共に上がって行くわけで、オマツリの原因にもなりかねません。

オモリを切ってとオモリを置いての釣りが混在する場合、ゼロテンションではその時間を短くするなど、早い仕掛けの入れ替えを心掛けたいものです。

 

ただ、オモリが宙を切っているマルイカ釣りでも、ラインの太さの違い、スッテのタイプや本数の違い他でオマツリは発生しますし、宙釣りと底の釣りが混在するカワハギ釣り釣りでもしかり、お互い周りの釣り人のラインの角度に注意を払った仕掛けの投入、入れ替えなどを心掛けることが大切だと思います。

 

また、なぜゼロテンション時のアタリは極小さいのか?  僕なりの考えを以前の船最前線ブログでリリースしてあります⇒アタリの寸法

 

ゼロテン・パーミングからリールと竿を外すとこんな手の形となります。

130902_113334

 

141121_073824

 

 

このゼロテン・パーミングは、皆さんがいつも釣り慣れている、竿を握り慣れているパーミングとは違っているのではないかと思います。車のハンドルを例に取ると、円形のハンドルを三角形にして運転するようなもので、違和感があるのではないでしょうか。
でも、一たび身に付いてしまえば、多少揺れる船上であっても揺れない堤防で釣っているかのように、海底付近の仕掛けが暴れることなくピタリと止めることができます。

ゼロテン・パーミングは開催している釣り教室で、ご希望があればご参加の皆さん個々に随時お伝えしております。

 

竿を握った中指を支点に、船の上下動に合わせてハンドルに添えた手で竿を微妙にコントロールしながらアタリを探すゼロテン・パーミング。

1560770_405870709570008_3648037641514173423_n

 

 

 

 

↑このページのトップヘ