林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

2015年06月

以前リリースしたつり人誌さん アナゴ釣り取材の折、原稿のご依頼もいただき、つり人誌8月号に「江戸前の梅雨の風物詩 復調! 美味しいアナゴナイト」と題し、僕のアナゴ釣りのエッセンスがカラー4ページに渡って紹介されています。

5_155



個人的にアナゴ釣りは一番得意な釣りの一つで、取材日は3年振りながら、やや厳しい状況ではあったもののアナゴと対峙することができました。

150530_185851


つり人誌 8月号、是非お読み頂けたらと思っております。

150625_104547


よろしくお願いいたします。

10431562_667673210030810_660580217435708758_n


今年も開幕しました夏タチウオ!

開幕と同時にメーターオーバーも飛び出し釣果は安定傾向、タチウオ釣り教室開催日あたりは、良い釣果が期待できるかも知れません。

そんなタチウオ釣り教室を7月20日(祝・月)、神奈川県鴨居の一郎丸さんで開催いたします。


釣り教室では出船30前位より、船上にてタチウオ釣りのレクチャーを行います。

150613_065021


レクチャーでは夏タチウオに適したタックル、仕掛け、エサ付け、釣り方、当日予想できうる攻め方などを述べさせていただき出船となります。

150619_065732

150619_085026


ポイントではご参加の皆さんを何度となく回らせていただき、随時質疑応答しながら、個々のタックルに合った釣り方をご指南させていただいております。


タチウオ釣りが初めての方には「釣って面白く、食べて美味しいタチウオ」を是非お楽しみいただき、中級者の方には「更なるスキルアップ」を目指していただけたらと思います。


ご予約は一郎丸さん(℡:046-841-9236)にお願いいたします。


掛けるとトルクフルな引きを見せるタチウオ、是非ご参加いただけたらと思います。

130721_085924-thumb-350x466




6月20、21日のマルイカ合宿に備え、神奈川県松輪の民宿、武の屋さんに前泊、一風呂浴びて窓を開けると東京湾口が望めたのでした。

150619_172306

 

夜は早目に寝て翌日のマルイカ釣行に備えますzzz・・・

 

「海馬さん」こと前田さんが企画したこの釣り会、初日は他には「香ちゃん」こと佐藤 淳一くんが参加、釣友の高沢さんも友達連れでいらしたり、溝口さんも同船だったりと、まだ薄暗い4時頃から松輪の瀬戸丸さんの宿は大賑いです!

150620_043416

150620_043422

 

夏時間で出船が5時半の松輪ですが、船の離岸はもう少し早く、5時には釣り座に着いていたいものです。

そんなこともあり、江奈港で瀬戸丸さんの船を探していると・・・

「りょうさん、瀬戸丸さんでしょ? 俺の船の後ろの後ろだよ」と一義丸さんのユキ船長にお声かけいただき、荷物を置いて「ユキ船長久し振りですね~。先週は沖で手を振ってくれて嬉しかったです!」とご挨拶です。

150620_045811

 

さて、瀬戸丸さんの昌士船長は、一月前からマルイカ船を担当、ソナーの調整に時間を費やし、所短期間で爆発的な釣果を上げています!

「昌士くん久し振りです! 今日はよろしくお願いします」とカメラを向けると照れちゃって・・・、もう(笑)

150620_050153

 

釣り座に着き準備開始です! さて、今日はどのスッテが乗るかなぁ~っと、楽しい時間でもあります。

150620_051535

 

そこに瀬戸丸タイ船の、昌士くんの弟の信吾船長登場! 海馬さんとパチリ!

150620_051821

 

そうそう今回、新しいライフジャケットを付けて釣りをしてみました。ダイワ製品は機能は元よりデザインがスタイリッシュ!  当分の間お世話になります。

150620_065006

 

さて、定刻に出船し、先ずは港前の浅場から攻めます。

朝一はアタリが活発で、今季絶好調のマルイカ、これからの展開に期待大です!

その後は沖目を攻めたり浅場攻めたり、どこかしらマルイカの反応はあり、小さなアタリにアワセを入れると竿を曲げてくれます。

150620_075217

150620_071632

 

親方船長の船も近くで、親子船でマルイカ捜索です。

150620_092743

 

ポイント移動中、「これがあれば、船上でいつでもスッテ・チューンができますよ!」とは溝口さん。

150620_074957

マッキ―の12色セットを船に持ちこんでいるとは脱帽です!!

 

隣の釣座の香ちゃんは、自己のマルイカ杯数記録を更新! おめでとうございます!!

150620_094952

 

大艫の高沢さん。虚空を睨み・・・、釣れているかな!?

10985423_714391088694842_4518787928376236548_n

 

沖上りまで後1時間を切り40杯弱、ラスト45分を切ったところで怒涛の入れ乗り、僕は80杯ちょっとで終了でした。

150620_125316

 

ロッド:極鋭マルイカADS-F

リール:ジリオン(メインリールのスパルタンTWはオーバーホール中)

 

 

沖上り後は瀬戸丸さんの宿で、前日に釣ったタチウオを女将さんが焼いてくれ、常連さん達と、太ちゃんも合流して皆さんに食べていただきました。

150620_145406

 

150620_150219

20150622-024-e1434918033708

 

 

その夜はまた武の屋さんに宿泊、太ちゃん差し入れの美味しい鰹の刺身、エイヒレなどを肴に、中村 勇雄さん、「家もっちゃん」こと増澤さんも合流しての、文字通りの合宿、スッテや竿も持ち出し釣り談義が炸裂しました!

 

翌日、再び瀬戸丸さんを訪れました。

2日目は、加えてうおまささん、もっちくん、中村さんのお友達での布陣です。

10734026_861941260567412_7137696317445536376_n

 

 

沖に出て「かんばぁ~~く!」の掛け声でパチリ(笑)

150621_055928

 

10154285_714391212028163_4877394701195405890_n

 

この日も松輪~城ケ島島までは大船団でした。

150621_093557

150621_092016

 

僕は「釣れなくナール配合の湿布薬」を、どなたかの投入器にこっそり貼ったのですが、うおまささんにバッチリ盗撮されてしまい・・・(笑)

11536147_604631922972509_8864887642166436871_n

 

でも、またまた大爆釣でした!!

10561741_862121577216047_4769463687497994902_n

 

 

楽しい2日間でした。

 

今週はマルイカペアバトル、マルイカはまだまだいます! 週末も楽しみにしています!!

 

 

2日間の日程で行った一郎丸さんでのマルイカ釣り教室でしたが、ご参加いただいた方からご連絡をいただいたり、facebookに投稿していただいた内容の抜粋です。


 

昨日はありがとうございました。

色々と教えていただき、実際に釣りも見せていただいて、大変充実した教室でした。新しい釣りの入門には、こういった教室は大変ありがたいです。


マルイカのゼロテンとカワハギのゼロテンは違うと思って、変なことをしてしまっていましたが、そこに気付いたのが、今回の最大の収穫です。りょうさんにゼロテンを教わった者としては、いつものゼロテンでいけるとなれば、自信を持って釣りができます。(笑)


昨日はゼロテンで上の方のスッテによく乗っていたので、おそらく、もう少し上まで釣っていけると良かったんだと思います。


次は改めて、中層での釣りを練習したいと思います。


今日も教室ですね。今日も迷える釣り人たちのために(笑)、頑張ってください!






良さん、マルイカ釣り教室2日間お疲れ様でしたm(._.)m

今日は竿頭の方のお隣でゼロテン釣法と穂先の柔らかな竿での当たりの出し方を垣間見ました。いやぁ~圧巻でした!

僕の竿はそこまでのしなやかさはありませんが、良さんから当たりの出し方とイカが乗ってる時の竿先の曲がり具合を的確に指導頂きました。

ありがとうございました(^-^)/


150614_114248






皆さん、お疲れ様でした。林さん、御世話になりましたm(_ _)m。


私も家内もゼロテンをやり始めて、未だ3〜4回目くらいで、林さんに最初に竿の曲がりを教えていただいたのが大変勉強になりました。ありがとうございました(^ ^)。


また、よろしくお願いいたします。


150614_101326






一昨日の14日は今期ラストのマルイカ釣行となる林 良一さんのマルイカ釣り教室に参加しました。

ゼロテン釣法レクチャーや以前からの疑問点の解消、さらにRYO'S METHODステッカーもいただき、大変有意義かつ来期につながる釣行となりました。


10846405_707274266066978_2657585000566858914_n


良さん、カワハギ釣り教室に続き、今回もご指導のほどありがとうございました。

11407099_707274296066975_2853490260895394239_n






去年の今頃は千葉県乙浜でイサキ釣りでしたが、この一年間で(ダイワ製品を)大分購入させてもらいました(^_^;)ウエアーもレインウエアー2着ポロ2着Tシャツ3枚か~?(笑)今年は後竿一本で止めとくか(^_^;)

10014621_1601296466795961_8944430172165883053_n


良さんとお会いしてからの商品ですが実はこれらの5倍以上位有ります(^_^;)リールも最近の200Jまでに沢山ですが、眼鏡や〇計等も有り結構なコレクションを飾っています(^_^;)硝子棚の上には掃除を考慮して十分の1位でしょうか(T_T)家庭を返りみない私かも(笑)これからも良い商品の情報量の提供を良さんお願い致しますね(^-^)v




良さん

昨日は、ありがとうございました。

色々と新しいことを学びましたが、良さんがちょっと貸してみてと言って私の竿を手にして一投目で即、1杯を釣り上げたのには本当に驚かされると同時に初めての釣りでその技を目の当たりにできたことは本当にラッキーだと思いました。

と言ってもその技がどういうものか、どうしたら身に着くのかなんて全く分からずじまいでしたが。。。(笑)

でも楽しい時間でした。改めてありがとうございました。

150614_105706










この方々の他にも沢山のご連絡をいただきました。

不肖講師といたしましては、これほど喜ばしいことは無く、ご参加の皆さまの笑顔やこういったご連絡が今後の釣り教室の糧となります。

150613_154656


150614_155331




これからも、カワハギ、マルイカ、湾フグ、タチウオ等、釣り教室、仕掛け作り教室のご要望がございましたら、可能な限り開催して行きたいと思っております。

よろしくお願いいたします。




まずライトタックルについてどのようにお考えでしょうか?

個人的には、使用するライン(道糸)を従来のものより細くすることで成立するタックルで、必然的にオモリは軽くなり、軟らかな竿を使うことができ、対象とする魚のアタリや引きをよりダイレクトに釣り人が感じられるタックルだと思っています。

革命的ともいえるPEラインの登場でライトタックルは成り立っているわけですが、ここで道糸の話しを書いてみましょう。


古から船釣りでは、本テグスや人造テグス、麻の撚り糸に柿渋を塗った渋糸、ナイロン、テトロンといった糸を経て、現在ライン(道糸)の主流はPE(ポリエチレン樹脂)ラインとなっています。

ラインが細ければそれだけ水切れが良く、同条件では潮が効いていてもラインのたわみは最小限で済むので、張りがあり、加えて伸びにくく強度もある為、極小さなアタリもスポイルされ難いのです。

釣り教室でも常々、「ライトタックルはラインが命です。細くて高品質のラインを使うことが大切です」と力説させていただいております。

150613_071203


PEラインは細くて強い=破断強度が高い糸で、釣り物にもよりますが僕は0.6~2号位までを多用しています。

今年DAIWAから発売された12ブレイドは、編み糸であるPEラインを輪切りにした際の空間部分を極力減らして密に編み込むことによって(ダイワ当社比)、

ラインを引っ張り切れる迄の直線引張強力は最大約120%

ラインの耐久性である耐摩耗性は最大約172%

微細なアタリを伝える低伸度は最大約130%

ガイドに擦れる動摩擦性能は最大約118%

と、驚くほどのスペックアップをしてこの春登場いたしました!

safe_image



「ライトタックルが成立するには」細くても低伸度で強力なラインが不可欠となります。

また、細いラインほど、リーダー(先糸)を結ぶではなく結節し、絞め込んで繋ぐことが必然になってくることや、竿のガイドの品質にも拘りが必要になってくるかも知れません。


高品位なラインは値段も高品位?ですが、ライトタックルの生命線である細いラインで、より好敵手に近づいていただけたらと思います。


さて、今日はこれからタチウオ、明日はマルイカ合宿に行ってきます!





↑このページのトップヘ