林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

2016年11月

聞いたことあったかな? と思いましたが、初めて聞く言葉でした。

「Breakthrough」は、とある番組の中で出てきた言葉ですが、直訳すると「突破」、「切り抜ける」といった意味合いのようなのです。

現代の発明家(日本人)の方が使っていたのですが、その方は、有史以来誰も無しえなかった「緩まないネジ」他を発明、社会に貢献しているのです。

その方は・・・

「長い歴史の中で、その専門家などが『出来ない』というモノは、常識的に、それ以上考え、手を掛けても、今以上良いモノにはならないと考えるのが普通だが、『出来ないという証明がなされた訳ではない』」と捉えていて

「常識の外側に答えがある」と言い切ります。


釣りでは、「この魚を釣るのにはこの仕掛けだよ」はもちろん定石ですが、釣りには「こうしなければいけない」また、「こうすれば釣れる」は無いので(もちろん、迷惑行為は厳禁ですが)、今までの常識に捉われない釣り方、仕掛け、タックルなどが、時々世に出てくるものです。

個人的には、カワハギのウイークポイントを持った仕掛けであったり、湾フグのチラシバリ仕掛け、アナゴの丸オモリ仕掛け、タチウオのテーパー仕掛けがそれであって、その仕掛けに合う釣り方をすることで、釣果に結びつけることができます。

141010_151132



情報過多の現代、一生懸命改良を施し、良い方向へと誘うつもりが、気付いていない内に、とんでもない方向に歩んで行ってしまっている方もお見かけいたします。


「技は基本の中にあり」ではないですが、あるレベルに達してからのブレイクスルーは、ご自身の釣りをより効果的に発展させることになるのではないでしょうか。


【今後の釣り教室】

カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月4日(日) 満船御礼・キャンセル待ち

湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月11日(日) 満船御礼・キャンセル待ち

追加日程・湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月18日(日)


カワハギ釣り教室 at 池田丸さん 12月23日(金・祝)


自宅での仕掛け作りの時使う台紙があるのですが、今回それをリニューアル、新たなモノにいたしました。

PB030031


DKO予選の時の参加賞でいただいたボードを、仕掛け作り用マットとして加工してみました。

161122_201954


先ずは、TKBの参加賞のメジャーステッカーを貼ってみたところ・・・

161122_201946


左右で40cm欲しいところ37cmしかなく、マットの右下に一工夫!

161122_202004


ステッカーは張り足し、40cmの所まで、ロッドが入っているクリアケースを切って足しました

161122_202010


上下の余分を切り取って・・・

161122_202203


仕掛け作り教室で、船バッグに収納する時は、可倒式ゆえ問題なし!

161122_202214


カワハギ仕掛けの枝間などを書きこみ・・・

161122_203729


こんな感じに仕上がりました!

161122_204123

161122_204136


先ずは、オモリの捨糸取り付けに、この新作マットを使ってみました

161122_205651


【今後の釣り教室】

カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月4日(日) 満船御礼・キャンセル待ち

湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月11日(日) 満船御礼・キャンセル待ち

追加日程・湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月18日(日)


カワハギ釣り教室 at 池田丸さん 12月23日(金・祝)

神奈川県腰越の池田丸さんにて、カワハギ釣り教室を開催させていただきます。

PA230042


水温が下がりながらの12月下旬の23日(金・祝)、様々なカワハギポイントが点在する腰越沖は増々面白くなっていると思います。


釣り教室では、出船前にレクチャーを行っております。
14555647_1829300430650062_1818819571_n

レクチャーでは、簡単なカワハギの生態、適したタックル、仕掛け、釣り方などを、約30分述べさせていただいております。


出船後は、何度となく皆さんを回らせていただき、その方のタックルに合ったご指南をさせていただいております。

PA230055

PA230062

PA230071


日 程:12月23日(金・祝)

時 間:7:00 時出船 6:30 レクチャー開始

ご予約は池田丸さん(0467-32-2121)へお願いいたします。


皆さまのご参加をお待ちしております。

PA230076


【今後の釣り教室】

カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月4日(日) 満船御礼・キャンセル待ち

湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月11日(日) 満船御礼・キャンセル待ち

追加日程・湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月18日(日)





今年も開催されました新米杯! 総勢何と300人超え!!

早朝の「うらり」には、受付け時刻より長蛇の列ができるのでした。

PB200002

 


僕は伝五郎丸さんの1号船のリーダーとして、会場の舞台にプラカードを持って立っていると、静岡皮研率いるたまちゃんがご挨拶に来てくれました!

PB200005

 


夜も明け、皆さん各船ごとにお並びいただき、新米杯のルール説明を今一度、宮澤さんよりお伝え頂きました。

PB200007

 

PB200011

 


そんな開会式、皆さんの前に立たせていただき、朝いただいた、こんな可愛いカワハギの縫いぐるみを付けさせていただきました(嘉藤 りょうちゃん、ありがとうございました・嬉)。

15139711_1802679510009626_218798579_n

 


最後に皆さんで、「頑張るぞ~~! オ~~~!!」との雄叫びの後、各船に誘導され乗り込んで行きました。

PB200012

 


伝五郎1号船のメンバーです。出船前にパチリ! って、なぜか2号船のなぎさちゃんも一緒にパチリ!!

PB200014

 


出船後沖で全船が集まり、宮澤さんの合図でスタートフィシング! 各船一斉にポイントを目指します!!

PB200021

 

PB200026

 


我船は城ケ島下のポイントの35m付近で釣りを開始し、最初から高活性、個人的には朝一の大型はバラシテしまったものの、小1時間程で、ダブルも含めて6~7枚の釣果でした。

PB200043

 

PB200041

 

PB200040

 

PB200039

 

PB200036

 

PB200035

 

PB200032

 

PB200031

 

PB200045

 


さて、伝五郎丸1号船の状況ですが、朝一活発に餌付いたものの、移動を繰り返す度に、カワハギの活性は緩やかに下降線をたどると言った状況で、それが沖上りまで続いてしまいました。

高活性時は、仕掛け上部に2.5号のシンカーを打ち、遊動式のヒラヒラスカートが功を奏したのか4連荘もあり、小型=小バリ=小粒のエサがベストマッチしている状況で、開始1時間の時点では、2位を大きく引き離してのロケットスタートが切れました。

ただ・・・

その後、ポイント移動そしながら、時には開始の合図が合っても、ポイント直上ではないのでしょう、船長より「申し訳ない、もう一度上げて下さい」とのアナウンスがあり、再度船を回し直して開始という、綿密にポイントに当ててくださる場面もあったのですが、カワハギ達は中々口を使ってくれない様相が続きました。

そんな中、右隣の棚部さんは、シンカーを付けないシンブルな釣り方で、誰もカワハギを釣り上げない渋い時間が続く中、ポツリポツリと釣り上げていらっしゃいました。

PB200042

 


釣り方は、表彰式前に、宮澤さんとの掛け合いでお話しさせていただきましたが、オモリがパタパタする半分位、寝ているオモリが半分起きては寝るを繰り返すような誘いをされていて、ハゲ系のハリを使い即アワセというものでした。

15094277_1606856802951732_6323181003724868872_n



それではと、その釣り方をマネてはみるものの、付け焼刃ではアタリを出すことはできず、しばらく続けるも、「釣り方の道」を引き返し、そこからまた、自分の信じるスタイルへと戻してみました。

カワハギ釣りでは、同船され釣られている方の釣りを見て真似るのも一考なのですが、仕掛けもロッドも違う為、それを釣り方ではカバーできないことも多く、「同じことをしていても釣れない」状況が多々あるものです。

そんな時は、その先、その先に行こうとはせず、一旦岐路に戻って、そこからまた考え直すことが大切だと、常々思っています。

 

こういった状況の中、棚部さんが釣り上げると僕も釣り上げ、僕が釣り上げると彼は2枚釣り上げと、かなり渋い状況の中、ジリジリと追い上げられました(そこが楽しかったのですが)。

当日のタックル

ロッド:極鋭カワハギ AIR 1455 AGS  極鋭カワハギ レッドチューン AGS RM

リール:スパルタンRT TW エアド レッドチューン

ライン:メガセンサー12ブレイド 0.8号

リーダー:タフロン 船ハリス EX 4号

シンカー:快適船シンカー S RV   快適船シンカー SR

 

さて、ズラリと並べられた新米を前にした表彰式、僕らの船の入賞者はこの方々でした。

 

PB200048

 

15055795_882493645221414_696113913863069868_n

 


僕は、仲間にシャンパンを浴びせられ、新米の袋と一緒に、嬉しい濡れネズミだったのでした(笑・感謝!)

PB200049

 


お声掛けありがとうございました。是非関西にも、カワハギ釣りに行ってみたいです!

PB200050

 

PB200051

 


良い凪ぎ、良い笑顔で大成功だった新米杯でした。

新米杯は来年も、2017年11月19日(日)予備日23日(木)開催の予定との事です。

15135911_1198323656929169_7978934828428831734_n

 

PB210055

 

【今後の釣り教室】

カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月4日(日) 満船御礼・キャンセル待ち

湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月11日(日) 満船御礼・キャンセル待ち

追加日程・湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月18日(日)


カワハギ釣り教室 at 池田丸さん 12月23日(金・祝)


カワハギ釣り・誘導ヒラヒラスカート <前編> より続きます


実際に使用する場合は、仕掛け上部のサルカンよりヒラヒラスカートのOリングを押入れてセットします。

161118_163252


この状態で使うのですが、仕掛けをキャストしての飛翔中は空気抵抗で、沈下中には水の抵抗で、ヒラヒラスカートは仕掛け上部のサルカンに張り付く位置となりますが、オモリが着底、仕掛けが斜めになって底をさびいて来る場合など、ほぼ比重が水と同じシリコンゴム製のヒラヒラスカートは、仕掛けが引かれれば位置が下がり、止めていれば、ユックリと上がってくるのかも知れません。

161118_163322


いずれにしても、幹糸に誘導式に配すことにより、仕掛けが斜めになればなるほど、そのストロークの中で行ったり来たり=アピール力が増す のではとの思惑があります。

そして、着底直後は仕掛け上部にあるヒラヒラスカートですが、仕掛けを斜め引きする度に、ハリの近くに下がるとすれば、上部にあるヒラヒラスカートをカワハギが発見、仕掛けが引かれると、下部に遊動=エサに誘う こととなるのではとの考えもあります。


また、このビーズがある為に、ワンタッチシンカーをビーズのすぐ上部に打った場合など、根掛り時に瞬間的なショックが加わっても、ワンタッチシンカーが脱落し辛いというメリットがあります。


そんな事を考え、仕掛けのアクセサリーのポテンシャルを最大限に引き出しながら使い進めるのも、スキルアップの1つかも知れません。


【今後の釣り教室】

カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月4日(日) 満船御礼・キャンセル待ち

湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月11日(日) 満船御礼・キャンセル待ち

追加日程・湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月18日(日)


カワハギ釣り教室 at 池田丸さん 12月23日(金・祝)





↑このページのトップヘ