林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理やアウトドアのことなども!

2017年10月

東京湾の秋から冬の風物詩にスミイカ釣りがあります。

高級食材として、江戸前寿司には欠かせないネタとなり、その釣法は伝統のテンヤの釣りに加え今は、スッテ、エギを使った3つの釣法があります。

今回は、乗り合い船が始まる前から開催の声が多かったエギスミイカ釣り教室を、浦安の吉久さんで開催させていただきました。

お集まりいただきましたのは、エギスミイカ釣りが初めての方が半分近くいらっしゃる25名、多くのご参加ありがとうございます。

PA150002

釣り教室では、出船前にレクチャーを行いますが、割と新たな釣り方であるエギスミイカ、最適なロッドの調子であるとか、リールやライン、大切なハリスの長さ、最も関心があるエギのチョイス、タナの取り方、アタリとアワセ、これも大切な取り込み方のお話しの他、スミイカとはどんなイカなのか? また簡単な調理法などもお話しさせていただきました。

RIMG1009

RIMG1010

RIMG1008

RIMG1011

 


さて、当日はレクチャー中も小雨が降り続き、
前日よりは気温は高いようでしたが寒い秋の日でした。

レクチャー終了後、峯岸船長の船は江戸川を下り、
スミイカが待っているポイントを目指しました。

RIMG1012

 

北よりの風が強め、そして相反する上げ潮で海はポチャポチャと波がある状態、エギを底付近にトレースさせるこの釣りでは、船の揺れを殺すことが好釣果に繋がってきます。

開始して間もなく、船中1杯目のスミイカを釣り上げたのは生方さん。スミイカ釣りには慣れていらっしゃるようで、取り込みも実にスムーズでした。

RIMG1013

 

先のエギタコ釣り教室にもご参加いただきました谷口さん。
小さなアタリに掛けに行きこの通り! お見事でした。

RIMG1015


自作の竿で釣り上げられのは林さん。
初期はこの位の型でも大きな方、柔らかで美味しいのです。

RIMG1017

 

小宮さんの奥様は、初期に有効なサイズダウンしたエギでシリヤケイカを釣り上げました。

RIMG1018

 

僕も舳でロッドを出してみることにしました。

北よりのやや強い風と上げ潮がぶつかり、舳先は定期的なアップダウンに加え、イレギュラーな揺れが続きました。

タナ取りが重要なエギスミイカ釣りのこと、波で、又は操船でラインが斜めになれば、その都度タナを取り直して、少しでもスミイカの生息する底スレスレをエギがトレースするように心掛けることが、より多くのスミイカと出会うチャンスを増やすことになります。

そうしている内に、斜めに入っていたラインを背負う穂先にモタレが来ました!

間髪入れずにロッドを立て、水の抵抗を利用してイカをずらしカンナに掛けました。

RIMG1025


ロッド:アナリスター エギスミイカ


リール:エアド レッドチューン


ライン:紅牙12ブレイド 0.6号

PA150004


ハリス:タフロン 船ハリスEX 3号 1.5m

PA150005


エ ギ:エメラルダス フォール 2.5号 RV-2 金-ピンク&オレンジ

PA150003

 

赤松さんは今季大釣りをされているとのことで、釣り方も堂に入った無駄のないものでした。

RIMG1022

 

根気よくタナ取りしていた夏目さんにヒット! 揺れる舳付近でお見事でした。

RIMG1023

 

スミイカ釣り初体験の市川さん、この日トップ対と大健闘でした!

RIMG1024

 

皆さま、寒い雨の中ご苦労さまでした。
スミイカの機嫌はあまり良く無かったですが、楽しまれたでしょうか。

帰港後の桟橋では、アジ船で中乗りのマー君が釣ってきてくれたアジを皆さまにお土産としていただきました。

やはり雨の為総評は短めに、集合写真を撮らせていただき解散となりました。

RIMG1027

 

吉久さん、会長、大女将さん、昭久船長、若女将さん、峯岸船長、マー君、矢内さん、たいへんお世話になりました。

 

エギスミイカ釣り教室は、また来シーズンとなります。


【今後の釣り教室】

11月5日(Sun) カワハギ釣り教室Vol.10 at えさ政釣り船店さん(募集中)


   【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

また、2017年バージョンのステッカーも好評発売中です!

秋雨前線が南に押しやられると、いよいよ秋本番となりますが、今年は先日、太平洋高気圧の勢力が振り返して秋雨前線が北に持ち上げられ夏日となり、
もう一度冷たい秋雨となってしまいました。

そんなそぼ降る雨の中の10月14日(土)、えさ政釣船店さんにて、通算120回目となるカワハギ釣り教室を開催させていただきました。

RIMG0952

 

今回ご参加いただきましたのは21名様。いつも多くのご参加ありがとうございます。

釣り教室では、出船前にレクチャーを行っております。

今回は、いつもお話しさせていただいている基本的な内容に加え、ポイントである竹岡沖の模様、特にコッパと呼ばれる小型カワハギのことについてお話しさせていただきました。

RIMG0960

RIMG0957

RIMG0955

 


雨は ギリギリ合羽がいるかなという降り具合、10月としては冷える中レクチャーは終了、
柳沢船長が舵を握る船は、一路竹岡沖を目指しました。

ポイントに到着すると雨はほとんど降っていない状況で、ほぼ1日緩やかな上げ潮が流れる潮見でしたが、北北東の風と相殺してしまうのか、潮の流れはほとんど感じられませんでした。

そんな中、船中1枚目のカワハギを釣られたのは御園生さん。
小学1年生の娘さんとのご参加でした。

RIMG0961


左舷大艫の佐藤さんは、仕掛にバイブレーションを付けたりと、かなりカワハギ釣りをやり込んでいるご様子でした。「りょうさんが回って来てくれるとカワハギが釣れるんですけど!」
とは本人談(笑)

RIMG0963


先のDKO久比里予選で、2次予選に駒を進められた村田さん(参考記事・釣友の活躍)。序盤苦戦されていましたが、自分の時間が来ることを信じ、船中上位の釣果を上げられました。

RIMG0965


照井さんも、DKO2次予選に駒を進められた1人です。ご参加いただく毎に様々なご質問を用意されていて、カワハギ釣りに対する熱意が窺われます。

RIMG0966


仕掛け作り教室を開催させていただいている酒舞さんのご常連であり、今回初めての釣りにご夫婦で参加された大島さん。奥様が早々に釣られこの表情。釣りは釣るのも楽しく、帰宅してから食べる楽しみもありますよね。

RIMG0967


高橋さんが釣り教室にご参加されて3年以上は経過したでしょうか。確実にステップアップされていて、ご自分の釣り方、ロッドチョイスなど、テクニック、釣りに対しての考え方がすこぶる良くなってきております。

RIMG0968


右舷舳の山内さんは、前半好調に釣果を伸ばされていました。前回余ったアサリを塩漬けにされていて、揺れる舳先で好調に釣り上げられていました。

RIMG0970

 

以前はDYFCにご参加されていたという大久保さん。最初苦戦されていましたが、チャンスを逃さずこの通り! やりましたね。

RIMG0985


カワハギの群れが船下を通るとアタリを出します。そんな時合にダブルを決めた岡本さん、
流石の一言です。

RIMG0975


ご友人の栗本さんも負けてはいません。こちらは型で勝負、
大型カワハギの引きを堪能しておられました。

RIMG0995

 


中盤に差し掛かったころ、僕もロッドを携え船を回ってみることにしました。

ポイントは竹岡沖の北、大貫沖とも言い替えられ水深15m前後の砂地に平たい根が点在する場所でした。

やはり潮はあまり流れていない状況で、濁りもあり、サバフグが元気といった、カワハギ釣りにはあまり適さない状況でした。

誘った後の止め、ステイをいれることが大切な場面が多く、タタキなど、エサを動かし続けていると、仕掛け付近のカワハギはそれを見て食べに来ないと推測できました。

ですから、誘った後は必ずステイの時間を作り、エサが盗られ出したらステイを短く、カワハギとの接点を作るようにお伝えさせていただきました。

RIMG0988

RIMG0980

ロッド:極鋭カワハギレッドチューン AGS SF


リール:スパルタンRT TW


ライン:メガセンサー12ブレイド 0.8号


ハ リ:スピード7号・ワイドフック2.5号等


アクセサリー:快適カワハギ バイブ集寄 ジャラジャラ/コトコト

 


蝦名さんはこの大型、もう一歩で尺サイズのカワハギを釣り上げられてこの表情、体高のあるカッコイイカワハギですね!

RIMG0983


久し振りのカワハギ釣りだとおっしゃられていた永塚さん。序盤苦戦されていましたが、勘所が蘇ってくるとこの通り、流石でした。
RIMG0984

「冨美男ちゃん」こと神保さんは、ここのところエサ盗りの上手いコッパに翻弄されていましたが、段々と勘所を得てきたようですね。このサイズは、掛けるのが本当に難しいものです。

RIMG0986


カワハギ釣りにご熱心な古田さん。タナに置かれているハリ類オモリなど、沢山ありましたね。釣れている時合に撮影で申しわけなかったです。

RIMG0987

 

出ました尺ハギ! コッパ狙いの小バリでは、その強烈な引きにバラシの可能性が高いのですがお見事でした!

RIMG0991

そして、これも大きい! この表情になっちゃいますよね!!

RIMG0971

 

酒舞さんのマスター、秋本さん。難敵コッパを見事に攻略、ご自分のペースでカワハギ釣りを楽しまれていらしゃいました。

RIMG0992

 

大島さんの旦那様も釣り上げました! 奥様との獲物で、美味しい夕餉になったでしょうか。

RIMG0994

 


楽しい時間はあっと言う間、沖上りとなりました。


下船後は宿の裏手で、
次の釣行に繋がるその日の状況などをお話しさせていただいております。

RIMG0999

RIMG1000

 

ジャンケン大会。

RIMG1004

 

今回は寒くなってきた中、ご参加ありがとうございました。
何か得るところはございましたでしょうか。

えさ政さん、大船長、女将さん、柳沢船長、矢内さん、この度もお世話になりました。

RIMG1005

 

今季はカワハギの気配が濃厚な竹岡沖、
この先水温の低下と共にますます楽しめるのではないでしょうか。


【今後の釣り教室】

11月5日(Sun) カワハギ釣り教室Vol.10 at えさ政釣り船店さん(募集中)


   【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

また、2017年バージョンのステッカーも好評発売中です!


 

 

湾フグ釣りでは、オリジナルのチラシバリ仕掛けを使っていますが、オモリは遊動式としています。

PA050003


また、そんな湾フグ釣りで「オモリは固定した方がアタリが(大きく)出る」と言う方もいらっしゃいます。

遊動オモリを固定することは簡単で、楊枝を差し込み少し出してカットすれば、オモリは固定されるのです。

PA050001



ただ、アタリが小さい湾フグでは、オモリが遊動式と固定式とでは、実際どちらが大きくアタリが出るものなのでしょう?

遊動式を考えてみると、仮にオモリが海底の定点から動かないとしても、オモリに開いている穴に仕掛けがスムーズに通るようにしておけば、釣り手から考えてフグが離れて行く=遊動の機能が働けば 竿先に目感度アタリとして表れると考えられます。

一方固定式では、竿先にアタリを出すにはオモリを動かさなければならず、そのオモリが大きくなればなるほど、小さなアタリはスポイルされてしまうと考えられなくないでしょうか?
ただ、一度オモリを動かせば、明確なアタリとして目感度に伝わるかも知れません。

また、カワハギ釣りでも、ハリス止めビーズが樹脂製ではなく、金属製のモノがあり、やはり重さを持たせているので、それを動かせば、やはり明確なアタリとなるかも知れません。


湾フグと対局のアタリを出す「外のフグ」、いわゆる外房から常磐方面のフグ釣りがありますが、湾フグが10号前後のオモリで柔らかなエビエサであるのに対し、外のフグは25号、30号のオモリで、堅い部分があるアオヤギの剥き身がエサとなります。

PA050004


そのアオヤギの剥き身の、ベロや水管といった堅い部分を、フグのクチバシのような歯で千切り取るようなアタリは、海中の30号オモリを動かし、その挙動がアタリとなって穂先に伝わります。

PA050005


ですから、アタリが小さな魚種であっても、堅めのエサを使う釣りでは、オモリとハリを固定しすることによって、より大きなアタリになるのではないでしょうか。


皆さまはどう思われますか?


【今後の釣り教室】

11月5日(Sun) カワハギ釣り教室Vol.10 at えさ政釣り船店さん(募集中)


   【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

また、2017年バージョンのステッカーも好評発売中です!


数ある釣り大会の1つに、ダイワカワハギオープンがあります。

関東久比里のABCの3予選が先日終り、釣友が活躍、2次予選に進みました。

先日のブログでも少し書かせていただきましたが、書いている当人が嬉しくもあり、詳しく書かせていただきます。


その一人、マツさんとはもう、かれこれ10年近くのお付き合いになるでしょうか。

彼は久比里に住んでいて、もちろん無類のカワハギ釣り好きでもありますが、アマダイ釣りなど、他の釣りでもエキスパートなのです。

P9240026

カワハギでは、宙の釣りを得意としているマツさんですが、先の強化合宿では、底の釣りもマスターされたようで、予選では様々な釣法を駆使しての突破でした。


冨永さんは元バスプロで、やはり魚のシーズなるパターンであるとか、様々な要素をご自分の釣りに生かし、タックル、仕掛け、釣り方なども日々研究していらっしゃいます。

彼とは、数年前のTKBで出逢い、その日は強く降る雨の中、お互い頑張った思い出があります。

RIMG0940


立川さんはこの1年位でしょうか、釣り教室に足繁くご参加いただき、ご自分の幹を持った釣りスタイルで、いつも上位の釣果を上げていらっしゃいます。

RIMG0945


この3名はDKO強化合宿にもご参加いただき、それが功を奏したのかは分かりませんが、見事2次予選に駒を進められました。


また、釣り教室にご参加いただいていて、釣りをしている時の集中力が抜群な村田 藍さん、研究熱心な照井 泰之さんも2次予選を勝ち取りました!

22366676_368898160234152_2136060160949761375_n

18765716_10155414441666908_2889482133534322648_n


皆さま、心よりおめでとうございます。

2次予選の次は決勝戦、期待しております。


【今後の釣り教室】

10月15日(Sun) エギスミイカ釣り教室 at 吉久さん



11月5日(Sun) カワハギ釣り教室Vol.10 at えさ政釣り船店さん(募集中)


   【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

また、2017年バージョンのステッカーも好評発売中です!


DKO1次・久比里予選に参加してきました。

日程は最後のC予選、巳之助丸さんでの出場でした。

早朝より、宿の前には選手方々が集い賑やかでした。

RIMG0922

RIMG0928

船はE船、釣友の御手洗さん、守屋さん、岸さん、柘植さん、立川さん、野々村このみちゃんなど、出船前からお知り合いが多く和みました。

RIMG0929

RIMG0932

22405686_917666178398594_5418928157666198979_n

RIMG0933

夫婦橋から、B予選を通過したマツさん、中山さんが応援してくれました。

RIMG0934


大会本部の挨拶は長沢さん。その後いよいよ出船となります。

当日は上げ残りの潮に南西の強めの風、序盤は、セオリーでは右舷艫有利の展開となりそうです。

竹岡沖の潮色は相変わらず濁り、サバフグも多く苦戦しました。

右隣の方は開始早々からスタートダッシュを決めるも、僕は中々アジャストできず、1時間余りノーフィッシュ・・・

昼ごろでしょうか、かなり遠投した先に活性の高い群れを見つけ連荘、隣の方との差をジリジリと詰める場面もありました。

が、右舷ではその方が1番釣っている模様、左舷舳寄りの、DKO強化合宿に参加された立川さんの枚数も気になりました。

競技終了、検量後お聞きすると、立川さんは26枚。トップは左舷艫の方で27枚のようでした。

ぼくの隣の方が20枚で3位、僕は16枚、最初の1時間が悔やまれましたが、4位敗退でした。

RIMG0938

各船の予選通過をされた方々。おめでとうございます。

RIMG0939

RIMG0941


RIMG0942

RIMG0943

RIMG0944

C予選では冨永さんと立川さんとが予選通過されました。

RIMG0940

RIMG0945

表彰式の後は抽選会、ここでも仲の良い面々が、ステキな賞品を持って帰りました。

RIMG0946

RIMG0947

RIMG0948

RIMG0949

RIMG0950

RIMG0951

DKOはまた来年、予選を通過された方々、是非これを通過点としていただき、上を目指していただけたらと思います。


【今後の釣り教室】

10月14日(Sat) カワハギ釣り教室Vol.6 at えさ政釣船店さん(満船御礼)

10月15日(Sun) エギスミイカ釣り教室 at 吉久さん
(キャンセルが出ました!)


11月5日(Sun) カワハギ釣り教室Vol.10 at えさ政釣り船店さん(募集中)


   【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

また、2017年バージョンのステッカーも好評発売中です!


↑このページのトップヘ