林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理やアウトドアのことなども!

2017年11月

今年の新米杯は、事前の天気予報に翻弄され気味の開催となりましたが、当日は曇りのち晴れ、やや北風が強くはありましたが段々と凪いで行きました。

そんな日並の中、
城ケ島沖のカワハギをどのように釣ったかについて書いてみたいと思います。

 

夜が明けて来る前から、うらりには名MCのお2人が、ご参加の皆さまの誘導、軽快なトークで楽しませてくれるのでした。

RIMG1355

 

RIMG1358

RIMG1356

RIMG1354

 

僕は伝五郎丸さんの1号船でしたが、選手の方々に釣り座表にお名前を書き込んでいただくと、なぜか僕の両隣りだけ・・・??

23622415_1973425242914542_1849710978685281940_n

RIMG1357

 

出船前に左隣は埋まり出船、城ケ島沖のポイントを目指しました。

全船が揃うとスタートが切られ、各船思い思いの場所に散って行きました。

RIMG1360

 

僕らの船もポイントに着き間もなく開始の合図、30m前後の水深を攻めました。

朝一は空が暗くどんよりとしていたので、オモリヒラヒラスカートを夜にして臨んでみました。

潮がそう早く無いエリアでもあることもあり、コッパがエサをついばむような挙動を主に目感度と取ることと、カワハギに違和感を与えないで食わせる為に、竿先が柔らかなZEROをチョイス、ハリはスピードの7号を中心に組み立ててみました。

RIMG1365


開始早々は少し潮が流れているようで、軽くキャストしてのカーブフォールで5連荘! しかし1時間半を待たずして活性は急降下、カーブフォールで見せつけても、
エサを追ってこなくなってしまいました。

同様にキャストしますが、オモリ着底後に底を切る高さを少なくし、手前にカーブして近づいて来る仕掛けのふり幅も狭めて行き、急降下した活性にアジャストして行きます。

オモリが着底して仕掛けが安定しても暫く待ち、その間のゼロテンションはキッチリと決め
アタリに備えます。

RIMG1366


そんな時のアタリは、トップガイドを震わすような、寸法にすると1ミリも無く、コンマ数ミリだけ動かす「違和感」のようなアタリに掛けに行きます。

そういった時は、竿先の軟らかいZEROであるとか、SFにアドバンテージがあるものです。

活性が低くなる要因は幾つかありますが、当日は潮止まりに向かっての低活性化と考えられたので、そんな時を例えるなら、カワハギはお腹一杯で眠いような状態とも言えるのではないでしょうか。

RIMG1368


そんな時、カワハギの目の前で早い誘いを繰り返しても、「あんな早い動き、今はユックリしたいので追えないなあ」といった心境ではないでしょうか。

でも・・・

ユックリとした誘いを止めて待っていると、「う~ん、目の前で止っているなぁ、では、ちょっと触ってみようか」といったな状況を作りだしてあげるのです。

もちろん魚には手がありませんので、口を使って触りにくるわけです。

潮がきいていませんので、ホバリングしながらちょっとエサを齧っても、それが中々アタリに反映されず、上記のように微細なアタリとなると考えられます。

ここで大切なことは、「止めていることが誘い」といった考え方なのです。

RIMG1369


そして、仕掛けを止めていてエサだけキレイに盗られてしまう時は、カワハギの活性が上がってきたシグナルですので、止めの時間を短く、誘いを早くして行くと、カワハギとの接点が生まれる=ハリ掛かりに近づく となって行くのです。

ただ、船は風を左舷舳から斜めに受け、右舷からの流しとなり、左舷4番だった釣り座では終始潮裏となり、カワハギからのシグナルはより小さくなっていたのではないかと思います。

RIMG1370


さて、昼過ぎ頃でしたでしょうか、上げ潮の気配を気にしながら釣り進めていると、まだ微細ではありましたがアタリの回数が増え出しました。

そのタイミングで、エサ盗り名人カワハギのスイッチが入りかけていることになりますので、そこからアタリの頻度を見極め、徐々に誘いを早く、止めている時間を短くしていくのです。

そうしている内に時間は過ぎ、沖上りまで30分を切った頃から検量に回り、皆さまの釣果をお聞きいたしました。

RIMG1364

RIMG1371


下船前にパチリ! 各選手お疲れ様でした。

RIMG1374

 

集計の結果、今年も新米30キロをいただくことができました! 
これで3年連続いただいております(感謝)

23621973_1752698171700927_5305453660886764401_n


伝五郎丸1号船の入賞者の皆さんと。

23755622_1112492748888168_233663384742495890_n

 

新米杯にご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

伝五郎丸さんを始め、各船宿さま、うらりさま、ご協力ありがとうございました。

宮澤さん、石くん、大会運営スタッフ、船リーダーの方々、ありがとうございました。

 

最後は仲間でパチリ!

23622414_10210560088614577_7306875081879207817_n

 

新米杯はまた来年です。

RIMG1377


 

追記

釣り上げたカワハギは頭、皮、内臓、ヒレを取り除きフードセーバーで真空パックにし、
日付を書き込み冷凍保存しました。

寒い日の鍋用その他の料理に、解凍してすぐに使うことが出来、
脱酸されてるので新鮮さ長持ちなのです!

PB200027

 

【今後の釣り教室】

11月25日(Sat) TKB直前開催!・大型狙いのカワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん
                                          (満船御礼キャンセル待ち)



12月3日(Sun) カワハギ釣り教室 at 小見山丸さん(募集中・お後数名様)

12月10日(Sun) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)

12月16日(Sat) 湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん(募集中・お後1名様)

12月17日(Sun) カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん(募集中)

12月29日(Fri) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)



   【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

大好評! RYO'S METHOD ポロシャツ

2017年バージョンのステッカーも好評です

以前釣り教室にご参加いただいていた石川さん、斉藤 勇太さん方々からお話しをいただき、10月にはカワハギ仕掛け作り教室を開催させていただきました。

そして11月18日(土)には久比里の巳之助丸さんにて、プライベートでのカワハギ釣り教室の講師としてお声掛けをいただきました。

当日は18名様にお集まりいただき、出船前のレクチャーを始めさせていただきました。

RIMG1314

 

今回が初めてのカワハギ釣り、または釣りが初めてとおっしゃる方もいらして、レクチャーでは「カワハギとはどんな魚なのか?」から始まり、基本的な内容を中心といたしました。

RIMG1319

RIMG1318

RIMG1320

RIMG1315

 

レクチャー終了後、功一船長が舵を握る船は出船、当日は雨と南風の予報でしたが、この時は曇天、ポイント到着までに船を一周、大切なエサ付けのレクチャーをいたしました。

RIMG1322

 

ポイントは風裏となる下浦沖、20m位の水深で、急峻な根は無く釣りやすいポイントです。

ただ、予報よりも南風が強く、ピッチングを繰り返す中の開始となりました。

 

釣りに精通されている佐久間さん。手慣れた竿さばきで難なく1枚を釣り上げられました。

RIMG1325

 

ダブルで釣り上げたのは井上さん。先のカワハギ仕掛け作り教室にもご参加いただいて、色々なお話しをさせていただきました。

RIMG1330

 

中島さんに大型が! このサイズの引きは強烈で、そのスリルが楽しく、釣り上げられた表情も
一塩ですね!

RIMG1331

 

寒い中、根気よく釣り続けられていたのは宮下さん。「大きいの釣れろ、釣れろ・・」と念じていましたが、小さなサイズが多かったかな? でも、小さいカワハギほど釣り上げるのは
難しいものなのです。

RIMG1332

 

F1で3回目のカワハギ釣行となる日下さん。20枚以上を釣り上げられ、
増々カワハギ釣りに嵌っているようでした。

RIMG1333

 

釣りが初めてだとおっしゃっていた矢ノ口さん。少し船酔い気味でしたが、しかっりとカワハギを釣られました。

RIMG1334

 

安定した釣り方の川田さん。「これだけあれば当分カワハギを楽しめる」と、クーラーの中を見せてくれました。

RIMG1335

 

釣りに精通されている植野さん。この日も回って行く度にカワハギを上げられていました。流石の一言です!

RIMG1336

 

さて、中盤に差し掛かる頃から、僕もロッドを出してみることにいたしました。

南の風、時折強風が吹き付ける中、雲行きも段々と暗く、雨も降りだしてきました。

当然海面も暗く、カワハギが生息する海底付近の光量も少ないと考えられますので、夜光のオモリを使うことにしました。

また、潮止まりに近づいて行くため、カワハギが居食い=ホバリングしながら摂餌する 事が考えられる為、穂先が柔らかなZEROをチョイスしてみました。

軽くキャストしてラインを張りながらロッドを倒し込み、一気に煽ってリールを数回転、カワハギに仕掛をカーブフォールさせながら見せて、オモリが着底=仕掛けが安定しハリスに弛みが出た途端の目感度アタリを探します。

アタリは目感度では「モゾモゾ」とか、手感度ではハリを噛んだ「カチッ」
というアタリが伝わります。

そこで、カワハギ釣りの基本である聞き合わせをし、カワハギ自らを泳がせハリ掛りさせます。

RIMG1344

 

この日一番釣り上げられた秋本さん。短竿を巧みに操り集寄を揺らして掛けていました。

RIMG1337

 

これは大きい! 釣り上げたのは岩瀬さん。最初船酔い気味でしたが、船に慣れてきてからはコンスタントに釣り上げられていました。

RIMG1339

 

今回の幹事である石川さんにダブルが! 沢山の質問をされ、この日もまた一歩、楽しいカワハギ地獄にのめり込んで行くことを楽しまれていました。

RIMG1340

 

左舷舳は小峰さん。後半コンスタントに釣り上げられていました。「林さん、大きいの釣れたよ~~」と振り向くとこの表情でした!

PB180002

 

新品のリールで挑戦されていた富張さん。「ん~、難しいなぁ~~」とおっしゃいながら、釣れる時合いを逃さずダブルを披露、流石でした。

PB180007

 

「エサ付けが難しいですね」とおっしゃっていた三浦さん。苦戦されていましたが、「んっ、重いな」と上げてくるとダブルでした!

PB180008

 

「りょうさんが言ったようにやったら釣れたよ!」と、嬉しいお言葉を頂いたのは佐藤さん。でも、釣り上げられたのはご自分です。佐藤さんのお手柄です!

RIMG1342

 

齋藤 勇太くんの隣で釣り始めたら、彼は4連荘、5連荘でしたが、僕はバラシ3連荘・・・、勇太くんに見せつけられました(笑)

RIMG1345

 

終盤、上げ潮がききだしてからアタリが連発、皆さんカワハギを釣り上げられ、満足の沖上りだったのではと思います。

沖上り後は、当日の状況をお話しさせていただいており、今後のカワハギ釣りに繋げていただけたらと思っております。

 

RIMG1346

 

南風が強く、雨もパラパラと降ってくる日並ではりましたが、下浦沖のカワハギが元気でで果敢にアタリを出しました。

ただ、それよりも元気なのはご参加いただきました18名様、カワハギ釣りを存分に楽しまれたのではと思います。

幹事の石川さん始め、ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

巳之助丸さん、大船長、女将さん、功一船長、矢内さん、この度もお世話になりました。

 

今後も石川さんグループの釣り教室を開催させていただくこともあるかも知れません。その時はまたよろしくお願いいたします。

 

PB180001

 

【今後の釣り教室】

11月25日(Sat) TKB直前開催!・大型狙いのカワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん
                                          (満船御礼キャンセル待ち)



12月3日(Sun) カワハギ釣り教室 at 小見山丸さん(募集中・お後数名様)

12月10日(Sun) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)

12月16日(Sat) 湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん(募集中・お後1名様)

12月17日(Sun) カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん(募集中)

12月29日(Fri) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)



   【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

大好評! RYO'S METHOD ポロシャツ

2017年バージョンのステッカーも好評です


船がポイントを移動する時、しばらく海上を走ることがあります。

その直接釣りが出来ない時間を使って、たとえばトイレに行く場合、船長に仕掛けを買いに行く場合、離れた釣り座の友達に会いに行く場合など、航行中の船上を移動することがあります。

鏡のような水面のときは、船も滑るように走り、風は受けるものの揺れ自体は振動程度で、船上を移動するのにそう支障はないと思います(他船の引き波などがある場合もあるので注意)。

ただ、波風が強いほど船は翻弄され、船に付いているパイプを掴みながらの移動を余儀なくされます。

そのパイプも、飛沫で濡れていたりすると、しっかり握ったつもりがたいへん滑りやすいものです。


波浪が高い日は、船長から「船の航行中は移動しないでください」と注意があることがありますが、どうしても移動しなくてはならない時は、こんな事に気を付けると良いかも知れません。

それは、ロッククライミングで基本となる3点支持です。

腕が2本、脚が2本あるうちの、必ず3ヶ所はホールドしている状態のことです。

釣り座の上を移動中両手はパイプを掴み脚を狭い歩幅で1歩移動、両脚が着いたところで片手を離し少し前進、といった具合に、両手両脚のどれか3つを常にホールド状態とし、少しずつ移動して行くのが良いかと思います。


また、そんな揺れている日には、想定外の様々な揺れ、大きな飛沫も被るものです。

そんな日は、航行中に船上を移動することは、極力避けることをおすすめいたしますし、3点支持で移動したとしても、安全の保障はありません。

常にライフジャケットを身に着け、船長の指示に従い、安全な釣行を心掛けたいものです。


【今後の釣り教室】

11月25日(Sat) TKB直前開催!・大型狙いのカワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん
                                          (満船御礼キャンセル待ち)



12月3日(Sun) カワハギ釣り教室 at 小見山丸さん(募集中・お後数名様)

12月10日(Sun) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)

12月16日(Sat) 湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん(募集中・お後1名様)

12月17日(Sun) カワハギ釣り教室 at えさ政釣船店さん(募集中)

12月29日(Fri) カワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん(募集中)



   【RYO'S METOD How To DISC & Sticker】

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

大好評! RYO'S METHOD ポロシャツ

2017年バージョンのステッカーも好評です




昨日リリースさせていただいた牛スジモツ煮込ですが、手間は一緒ですので、一回分を多く作っています。

午前中から仕込んでおけば夕方食べられますが、次の日食べる分位を残しておいて真空冷凍保存をして、冷え込んだ日など、自分好みに作った煮込みをいつでもでき立てで楽しめます!


このフードセーバーの中には、ロール状になっている袋(パック)を任意の長さに切ることができるカッターが内蔵されています。

予めセットしておいたロール状の袋を引き出して

RIMG1290

上からカッター部分で押さえ、白いカッターを手前に引きます

RIMG1291

すると、簡単に袋を切り離すことができて、ハサミで切るより簡単、真直ぐに正確に切ることができます。

RIMG1292

そのまま端を挟み込み密封を押せば、意図した大きさの袋の完成です!

RIMG1293


早速牛スジモツ煮込、玉子も1個ずつ入れて真空パックしてみます!

まず袋の縁を折り返して、煮込みを小さなおたまを使って少しずつ入れて行きます。
RIMG1294

1食分位になったところでフードセーバーに挟み込んで

RIMG1296

吸引&密封を押します!

RIMG1299

袋の中の空気が吸い込まれた後真空パックされます
RIMG1300

RIMG1300

ヒートシール部分はこんな感じででかなり強固、シッカリとしています。

RIMG1303


3つほど真空パックにしてみました。

RIMG1304

袋に日付を書いて冷凍庫へ! これでいつでも出来立の牛スジモツ煮込が楽しめます!!

RIMG1308

RIMG1309


171111_153110


寒くなってくると、熱燗好きの左党には、モツの煮込みはたまらない肴の1つではないでしょうか。

いつものようにスーパーにふらふらと、ステーキ肉を買い求める際に「そうそう牛脂も」と思い手を伸ばしたら、その傍らに「豪州産牛 すじ」なる袋を発見! それも、100gで139円ではないですか!

171111_105207

ちょっと興奮加減に手に取ると、大きく太いスジ肉がとぐろを巻いており即カゴへ! 「これで牛スジ煮込みを作ろう!」と、思わずうわずりながら肉売り場を過ぎた時、「牛白モツ煮込み用」を思い出してムーンウォークで後ずさり・・・、そしてしばし思案・・・

171111_105157

「俺の料理は『早く・安く・(自分好みで)美味しく』なんだけど、これでもう1000円超えか・・・」と思いながら立ちすくんでいたら、「これも煮込みに入れたら、アクセントになってウンマイんじゃないのでは!」と、「若鳥やげん軟骨」もカゴにいれてしまい、こうなればもう、鼻息荒く煮込みを仕込んじゃう他ないのでした(こういった小さなワクワクがまたたまらないのですが・笑)。

171111_105148


さて、牛スジ肉は一回茹でこぼしをしました。

171111_105341

171111_105355

171111_105517


そのスジ肉を食べやすいように切り分け・・・、って、これが結構固いスジ肉で、圧力鍋で煮込むもののちょっと不安だったりします・・・

人参、大根、椎茸など、冷蔵庫にあったものも小さく切ります。

171111_110155

圧力鍋の底には、生姜の荒みじん切り、大蒜、出汁昆布、胡麻、コンソメキューブ、鶏ガラスープの顆粒等を入れます。

生姜は厚切りでも良いのですが、それだと煮込みができた時、具としてはちょっと強い感じがあるのです。ですからみじん切りにしておけば、スジ肉やモツと一緒に自然と食べられるのです。

胡麻を入れるのは、出来上がりにコクをプラスする為です。

171111_110723


切ったスジ肉、牛モツを入れ・・・

171111_110846


やげん、野菜を入れ、葱の青いところを臭み消しに。これは一緒に煮こんで、クタクタになったのをご飯にのせて食べると美味しいんです!

171111_111425


自家製味噌を料理酒で溶き、醤油やつゆの素などで伸ばした調味液を注ぎ入れます。

171111_111432

調味液は少な目に、野菜などから水分が出ますので、全体の嵩の半分位で良いです。

171111_111437

そうしたら圧力鍋を火に掛け、シュッシュッと音がしてからは弱火で、10分程にて日を消し、そのまま一旦鍋ごと冷まし、味を染ませます。

そうそう、冷ましている最中にゆで卵を作っておくと、より豪華な煮込みになります!

171111_125925

171111_141412


冷めた鍋のフタを開けるとこんな感じです。

171111_141513


ここで一旦味を見て、薄いようなら味噌や醤油を足します。

全体の上下が混ざるようかき回して、株を残して切った玉葱とゆで卵を埋め込み、味醂をおたま1杯入れもうひと煮立ちさせます。

171111_141445

171111_141700

圧力鍋の音がし出したら火を落とせば完成です!!

このまま冷ませばより味がしみ込みます!!


食べる時は小鍋に移して温めるのですが、その際みじん切りにした玉葱を加え少し煮ると、プチプチとした歯ごたえが楽しめまよ。

171111_152222

5分位煮るとこんな感じで、玉葱が透明になったらOKです。

171111_152606


小さく切るのに難儀した牛スジはプルンプルンに、コリッっとしたやげん軟骨はテュルンテュルン!

たいへん美味しくできました。

171111_153110



↑このページのトップヘ