林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

2020年08月

肉巻きのタコエギは有効か? <前半>より続きます


エギタコ釣りが盛んな関西では、タコエギの背に、豚の脂を短冊に切ったものを乗せて縛り、これが効果的ということで、使われることが多いそうです。

ここで豚の脂身を考えてみると・・・

①白色

②水よりも比重が軽い

③融点が27~40℃と低い

という点が上げられます。

①白色は、元来タコ釣りと白は切っても切れない関係にあるようです。

それは、たとえばイイダコ釣り。

白色であるラッキョウをエサに使うのは周知の通りで、半割にしたラッキョウをテンヤに縛り付けて釣るのです。

タコがラッキョウをボリボリと食べるのではなく、ラッキョウを片貝と捉え、それはタコにとってはエサであったり、身を隠すのに都合が良かったりなどの意味合いがあるようなのです。

また、アワビの殻に白色にセメントを流し込み乾燥させ、それをテンヤに括りつけてタコを狙う地方もあるそうなのです。

RIMG9066


②水よりも、もちろん淡水より比重がある海水よりも軽い豚の脂。

タコエギの背に豚の脂を括りつけた場合、その浮力によって、海底でエギのテール部分が浮き上がり気味になるのではと考えることができ、小突きによってテール部を振るようなピッチングを繰り返しタコにアピール、また、止めておいても潮の流れでユラユラと揺れ動いてアピールするのではとも考えられます。

③現在の湾奥の水温は26℃位なので、エギに巻かれて海の中のエギの背では、豚の脂が柔らかくなっている。

などが考えられます。

ただ・・・

「タコのエサとしての豚の脂を考えた場合はどうでしょう?

実際豚の脂身は海底に存在せず、タコがエサとして認識、摂餌しているのでしょうか?

RIMG9036 - コピー



①白、②浮力、③柔らかさ、この3つを総合して考えてみると、白はタコが興味を示す色で、タコエギに装着させると浮力により動きがでて、抱いて来たときにリアルなエサであるような柔らかさがある。

といったところなのでしょうか?

RIMG9031


また、上記は脂身の多いばら肉を巻いたものです。

エギに肉を巻いてしまえば、エギ自体の色、それは光を反射するゴールドやシルバーであったり、はたまた夜光であったりが反映されません。

ですので、使い古したジグでアピール、こんなこともやってみています。


 facebook        instagram          Twitter


【RYO'S METHOD How To DVD

2度のDKO優勝に導いたノウハウが詰まったカワハギ仕掛け・RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作り

鋭い歯を持つタチウオにハリ飲ませて掛ける・
RYO'S METHOD タチウオ掛け作り

湾フグチラシバリ仕掛けを解説しながら作製・RYO'S METHOD 湾フグ仕掛け作り

船の流し方向を予測し有利な釣り座を導き出す・潮の流れと風向きと釣り座

年間2000本ものアナゴ釣り上げた・RYO'S METHOD アナゴ仕掛け作り

RYO'S METHOD の集大成・RYO'S METHOD Compilation Film(コンピレーション フィルム)


詳しい内容、お問い合わせは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問合せいただけたらと思います

荒川から出船する松陽丸さん。

 

わが家からもほど近く、先日は宮澤さんとのエギタコ⇒シロギスの取材がありました。

HPには出船予定があるので、出船予定日や確定日を確認でき、調整がついた平日に山下さんと乗りに行ってきました。

 

幅の広い浮桟橋を渡り船へ、早速用意を始めました。

 

ロッド:メタリア エギタコ

 

リール:フネ XT

 

定刻に舫を解かれた船は、荒川を下りマダコポイントを目指します!

 

当日はやや南風があり、最初は風裏の羽田沖から始めますが不発、川崎新堤に移動しました。

だがしかし、巧みに、そして丁寧に堤防沿いに船を操る船長なのですが、タコからのシグナルがありません・・・

それまで船中1杯、マッディーだった潮色は、少し緑がかった薄濁りに。

そんな青潮っぽい、貧酸素っぽい潮を嫌ってか? タコが巣に閉じこもっているのか・・・?

業を煮やして本牧の沖堤まで移動、ここへ来て多少アタリが増え始めたのでした。

 

だがしかし、僕ら2人は蚊帳の外・・・

沖堤裏手の豊浦の凹みに移動して、やっと小型の顔が見られました(汗)

 

この後山下さんは連荘! 5杯まで数を伸ばしたのでしたが、僕は・・・

2杯を追加してところで沖上がりとなりました。

 

今回潮が気に入らないのか、釣果的には厳しい釣りとなりましたが、そんな時でも得るものがありました。

松陽丸さん、間門船長、この度もお世話になりました。

山下さん、急ではありまあしたが、ご同行ありがとうございました(僕と同じく松陽丸さんの近所の山下さん、この日は自転車で来られていました)。

また次回以降の釣行に繋げて行きたいと思っております。

 




東京湾のエギタコ釣り、もう何回か釣行したいところです。


早朝、山下さんが対岸から撮ってくれた日ノ出。

116799389_575216536482835_6418408072547924883_n



 facebook        instagram          Twitter


【RYO'S METHOD How To DVD

2度のDKO優勝に導いたノウハウが詰まったカワハギ仕掛け・RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作り

鋭い歯を持つタチウオにハリ飲ませて掛ける・
RYO'S METHOD タチウオ掛け作り

湾フグチラシバリ仕掛けを解説しながら作製・RYO'S METHOD 湾フグ仕掛け作り

船の流し方向を予測し有利な釣り座を導き出す・潮の流れと風向きと釣り座

年間2000本ものアナゴ釣り上げた・RYO'S METHOD アナゴ仕掛け作り

RYO'S METHOD の集大成・RYO'S METHOD Compilation Film(コンピレーション フィルム)


詳しい内容、お問い合わせは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問合せいただけたらと思います

ちょっと、タコの話しではないですが・・・


夜行性で、夜になると急峻な海底を浅場へとエサを求めて上がってくるアブラソコムツやバラムツ。

近年、近場のファイターとして駿河湾を中心に、ルアーフリークに人気の魚種だそうです。


夜釣りゆえ、目立つ夜光のメタルジグなどを沈めての釣りになるのだそうですが、そのメタルジグのフックにサンマの切り身などの身エサを付けるというのです。

これには、あるルアーフィシングにオーソリティーの方の著書には「それではエサ釣りとなってしまう。ルアーで釣るならジグだけを使って欲しい」といった一文があったことを思い出しました。

また「いくら船長に『ジグにサンマを付けた方がアタリが多くなって釣れるよ』と言われても、そこはルアーだけで通して欲しい」とも。


まあこれは、ルアーで釣るのかエサで釣るのかの住み分けというか、拘りの部分もあるかと思います。


一方タコエギでも、エギの背に豚の脂身を巻いたり、最近では脂身が多い肉巻きのスッテを使っている方がいます。

RIMG9037



これも前記の「ルアーなのか、それともエサなのか?」に通ずるところがあるようです。

もし肉巻きのスッテの方が釣果が優れているとしても、ルアーに拘り、エギローテーションをしながら、いわばタコをいかに魅了して、言いかえれば騙して釣り上げるかに重きを置けば、エギに肉を巻くことはしないのではと考えられます。


ただこれは、船上で他の釣り人に迷惑を掛ける行為ではないのではと思います。


「タコは豚の脂身が好きなのか?」と思っちゃいますよね!?

そんな考えについては、次回の肉巻きのタコエギは有効か? ≪後編≫にて書いてみたいと思っております。


 facebook        instagram          Twitter


【RYO'S METHOD How To DVD

2度のDKO優勝に導いたノウハウが詰まったカワハギ仕掛け・RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作り

鋭い歯を持つタチウオにハリ飲ませて掛ける・
RYO'S METHOD タチウオ掛け作り

湾フグチラシバリ仕掛けを解説しながら作製・RYO'S METHOD 湾フグ仕掛け作り

船の流し方向を予測し有利な釣り座を導き出す・潮の流れと風向きと釣り座

年間2000本ものアナゴ釣り上げた・RYO'S METHOD アナゴ仕掛け作り

RYO'S METHOD の集大成・RYO'S METHOD Compilation Film(コンピレーション フィルム)


詳しい内容、お問い合わせは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問合せいただけたらと思います

東久留米のダイワの本社へ行ってきました。

IMG_20200806_142259

IMG_20200806_142150


ある打ち合わせがあり、濃ぉ~~いお話しをさせていただきました(笑)

今まで自分が経験、体験したことを色々とお話しさせていただきました。

IMG_20200806_142157


今後の新商品がより良いものになればと、切に願っております。


今後のDAIWAの製品も、是非よろしくお願いいたします。


 facebook        instagram          Twitter


【RYO'S METHOD How To DVD

2度のDKO優勝に導いたノウハウが詰まったカワハギ仕掛け・RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作り

鋭い歯を持つタチウオにハリ飲ませて掛ける・
RYO'S METHOD タチウオ掛け作り

湾フグチラシバリ仕掛けを解説しながら作製・RYO'S METHOD 湾フグ仕掛け作り

船の流し方向を予測し有利な釣り座を導き出す・潮の流れと風向きと釣り座

年間2000本ものアナゴ釣り上げた・RYO'S METHOD アナゴ仕掛け作り

RYO'S METHOD の集大成・RYO'S METHOD Compilation Film(コンピレーション フィルム)


詳しい内容、お問い合わせは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問合せいただけたらと思います。

タコエギとルアーではカラーチョイスが違う? <前編> より続きます


ブラックバスや海のルアー釣りなど、たとえば高速で引くことにより動きを出すメタルジグを考えてみると、おしなべて深海になるほど光量は少なくなるもので、お腹のシルバーを膨張色と捉え、付近の海水に溶け込まし、背中のディープブルーのシルエットで狙った魚にアピールするといったスキルがあるのだそうです。

P7260003


これはマグロをターゲットにした1つの釣法とのことですが、パヤオ(沖にあるブイ)の200m位の中層に、寄せエサとしてキビナゴなどの小魚を袋に入れて沈め、特定の水深で袋を止めている結びを解きチャミングする場合に用いるのだそうです。

200mの水深となると、食べ慣れているキビナゴほどのメタルジグでは軽すぎて到達しないので、重く大きなジグを使うことになるのですが、お腹を周囲の水に溶け込ませることによって、背中の濃い色が丁度キビナゴのシルエットになるといった、計算尽くされた釣法なのです。

マグロが背中の濃い色をキビナゴと捉えれば、高速で動くジグでも、濃い色のコントラストでシッカリと捉える=ヒットに繋がるのだそうです。

P7260007



ここでのヒントは「引く早さ」にあります。


一方タコエギでは、根が荒い場所でキャスト、定点で小突いて反応が無いとみるとラインを巻き込みエギを跳ね上げカーブフォール、その時は若干早い動きとなりますが、基本的には底でエギを小突いているときがアピール、いわゆる誘いとなります。

先のジグとの相対的にスピードは遅く、ジグは高速で動いていることに対して、エギは定点で細かく動いていることになります。

「定点で細かく動く」を「定点」と捉えれば、タコにとっても目標は止まっているわけで襲いやすく、それが膨張色であれば、濁った海水の中でより目立つことになるのです。

P7260010


また、膨張職ゆえ、シルエットがハッキリぜず、コントラストがクッキリとしていなくても、止まっていることで目標を捉えることが容易になると考えられます。

P7260012



魚やタコに友達はいないので、どう考えて、どう見えているのかは分かりませんが、いつもそういった魚目線で釣りを組み立て考えています。


またここのところ、肉巻きのタコエギが有効との情報も!?

そんなところも、僕の考えを書いてみたいと思っています。



 facebook        instagram          Twitter


【RYO'S METHOD How To DVD

2度のDKO優勝に導いたノウハウが詰まったカワハギ仕掛け・RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作り

鋭い歯を持つタチウオにハリ飲ませて掛ける・
RYO'S METHOD タチウオ掛け作り

湾フグチラシバリ仕掛けを解説しながら作製・RYO'S METHOD 湾フグ仕掛け作り

船の流し方向を予測し有利な釣り座を導き出す・潮の流れと風向きと釣り座

年間2000本ものアナゴ釣り上げた・RYO'S METHOD アナゴ仕掛け作り

RYO'S METHOD の集大成・RYO'S METHOD Compilation Film(コンピレーション フィルム)


詳しい内容、お問い合わせは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問合せいただけたらと思います。

↑このページのトップヘ