林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

タグ:釣り・テクニック

先日の湾フグ釣り教室では、陸地方向から吹いてくる北よりの風でしたが、体感では風速が10mを超えていた時もあり、船がピッチングを繰り返す中での釣りとなりました。

そんな中、船を一回りする間に、半数近くの方が「この風ではアタリが取れない」とおっしゃっていました。

湾フグ釣りでは、専用ロッドは穂先が繊細であり、強風下では穂先がかなり横ブレしてしまって、非常にアタリが取り難くなるのです。


基本的に船は、船尾にスパンカーを立てますので、風見鶏のように船首が風に向きます。

その状態でスパンカーに少し角度を付け、風波が船に対して直角に当るよりもわずかに角度を付けて当るようにすると船の揺れが少なくなるのです。

でも、風は強く吹いている状態では、やはりロッドを叩く風に、軟調な穂先を持つロッドほど翻弄されてしまうものです。


それは、ロッドに対してほぼ真横から風が当るのでそうなってしまうわけですので、釣り座の前に立った状態で半歩舳先側へ、ロッドの先を艫側にし、ロッドエンドから穂先に向って風が抜けるようにしてみると、ロッドには横風は当らないので振れがかなり小さくなるものです。

でも、両隣りの釣り人に断ってから試してみることをお願いいたします。

また、釣り座の舷とロッドを持つ手にもよりますが、ガイド方向から風が当るよりも、ガイドが風裏になるように構えた方がロッドの振れは小さくなるものです。


以前にも書かせていただきましたが、釣り教室でご質問が多かったもので、強風時のロッドの構え方について再度書かせていただきました。


【釣り教室のご案内】

アマダイ釣り教室 at えさ政釣船店さん1月13日(日)



数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う
仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅 2018 Compilation Film

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け


詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。

DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます。     



林 良一 facebook


微妙な乗りを感じる話し <前編> より続きます


さて、生涯初となるイイダコ釣りの当日、早めに行った僕は、同船の方々のリールにナイロンを巻いたり、何かとお手伝いしながらの出船でした。

ポイントは水深が浅く砂地、ユックリと流れる船の速度を意識しながら、対の竿を繰り、微妙な重さの違いであるアタリ、「乗り」を待ちます。

皆さんアナゴ竿で釣っている中、僕もアナゴ竿ではあるのですが、穂先を湾フグ用に削った竿であるので、その微妙な乗りが目感度で良く分かり、乗りがあると一瞬パーミングを緩め、タコが完全にスッテに覆いかぶさる間を作り、その後ストロークのあるアワセを入れて掛けて行きました。

ただ・・・

リールにナイロンでは無く、自宅にあったフロロカーボンの3号を巻いて行ったのが裏目に出てしまいました。

張りのあるフロロは、あまりラインに負荷を掛けないイイダコ釣りの事、小さなチヌ釣り用のリールの、径の小さなスプールの中で自然とバックラッシュしてしまい、アタリが遠い時など、チョイ投げしても同じような状況になってしまうのでした・・・

そこで、釣れ盛ってる船中ではありましたが、思い切ってフロロを全部取り去り再度釣りを始めました。

今度はPEラインですので、イイダコを掛けてからはリールにラインを巻き込み、柔軟なPEラインが船上で絡まることを防ぎました。


その日は流し代える度に乗りがあり、湾フグ用に柔軟に削った穂先が目感度で、パーミングした掌には僅かな重さの違いを感じながら十分乗らせ、アワセに行きました。

100均で売っている小さなビク(網と丸い枠でできた魚の入れ物)を、船縁の穴から水を入れたタルの中に垂らし、そこに釣り上げたイイダコを入れて行くのでした。


終盤には、そのビクを上って来てしまうタコがいる程釣れ盛り、イイダコ釣り初めてにして303杯を釣り上げたのでした(同日次頭は202杯でした)。

12Lクーラーの8分目まで全てイイダコだったのでした。


【釣り教室のご案内】

アマダイ釣り教室 at えさ政釣船店さん1月13日(日)



数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う
仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅 2018 Compilation Film

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け


詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。

DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます。     



林 良一 facebook


とある湾奥の船宿に通い詰めていた船釣りの黎明期、その宿は、極細PEラインを使うライトタックル発祥の船宿といっても過言では無く、その頃は「ルアーフッコ」の看板を揚げ、ジグを使ったシーバス釣りに多くの釣り客が通っていたものでした。

ブラックバス用の、一見華奢なロッドと極細ラインではありますが、シッカリとリーダーを組み、70cmや80cmオーバーといったシーバスも時折上り、大型を釣り上げると貰えるステッカーをクーラーに貼るのがその頃のステイタスでもありました。


その宿の船長は新し物好きというか、看板を揚げている釣り物の他、その年にイナダが回遊してくれば狙い、タチウオ釣りにバイブレーションを使ったり、自らスルメ用のスッテにガス糸を巻き、12穴もある投入器を作ったりと、釣り客が何かと興味を引く作法を知っているかのように、それを自ら楽しんでいる風でもありました。

そんな船長から「今年イイダコが湧いてるからさあ、週末に(イイダコ乗り合い)出すよ」との連絡があったのでした。


「さて、イイダコ釣りか、どんなタックルで釣るのだろう」と、漠然としか持ち合わせていなかったイイダコ釣りの How To を反芻してみたのでした。

聞けば仕掛は、半割のラッキョウをエサにしたイイダコテンヤではなしにスッテを使い、ナツメオモリを使ったテキサスリグスタイルということで、リールとロッドは当時傾注していたアナゴ用が、アナゴ釣りと同じく対で使えるとのことでした。

ただ、ラインはナイロンの3号を使い、イイダコを掛けたらテバネの要領でロッドを置き、手繰ってイイダコを回収、外して再度仕掛けを投げ入れ釣るとのことでした。


微妙な乗りを感じる話し ≪後編≫ に続きます


【釣り教室のご案内】

アマダイ釣り教室 at えさ政釣船店さん1月13日(日)



数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う
仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅 2018 Compilation Film

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け


詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。

DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます。     



林 良一 facebook

初速と終速 <前編> より続きます


シャクリ上げた後はロッドはほぼ水平に、一瞬真直ぐに戻りそうな穂先がグッとオモリを背負い、まだ曲りの余力を残してたおやかに曲がっている状態=アタリがあれば曲がり込む余裕がある 状態でアタリを探します。

そこで、エサの端を噛むようなアタリが出た場合は、リールの巻きは最小~ゼロにし、シャクリ続けることで、ハリが口の中に入る本アタリを誘発、アワセに行くのです。


また、以上の内容を、そのタチウオ釣り経験豊かな友人に事前に読んでいただいたところ、こんなアドバイスもいただくことができました。

それは、ハリス切れが多発している時の対処法です!

タチウオの活性、タナである泳層は常に変化していてそこを当てて行くのがタチウオ釣りの1つの面白さでもあるのですが、ハリス切れが多発している時はこのようにしているとのことでした。

「なるべく飲み込まれないように、シャクリ幅を大きくするか、スピードを早くするかで調整する」といった、タチウオにエサを「より食べ辛くするシャクリ」にすることで対応しているとのこでした。

これはきっと、釣りの対象となる多くの魚種に当て嵌ることで、カワハギでも、オモリや中オモリを動かすことでエサをランダム、予測不能に動かして食えなくし、そのスピードを遅くして行く、又は止めることで食わせのタイミング、間を作ることと通ずると思います。

ドウツキ仕掛けは垂直に幹糸があり、そこから横に枝素が出ていますが、その幹糸を90度回転させ、たとえば右手にオモリ、左手に幹糸の端を持ってみるとどうでしょう。

今ではあまり見かけなくなりましたが、幹糸をロープ、枝素を細引き、エサをパンと見立てれば、あたかもパン食い競争のようになりますよね。

そのロープの端同士を揺らせばパンも揺れ食べ辛く、止めれば食べやすくなるものです。

それを垂直の状態でイメージしながら、エサを食べさせる間であったり、揺れて食べさせないで焦らし≒活性を上げ よりエサに執着させるのです。


【釣り教室のご案内】

アマダイ釣り教室 at えさ政釣船店さん1月13日(日)



数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う
仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅 2018 Compilation Film

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け


詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。

DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます。     



林 良一 facebook

先日リリースしました抜き上げでは、魚が水面に来た時に加速、空中ではほぼ無負荷で抜き上げることにより、立てた先調子のロッドの穂先部分に負荷が掛からないといった内容を書かせていただきました。

今回は抜き上げの直前、水面でのお話しです。


たとえば、水面から抜き上げられるサイズが多いカワハギ釣りの場合、高水温の夏場はまだ生息域の水深が浅く、掛けた底付近から水面まで、その金属的と形容される引きが続くものです。

浅場で大型の、その強い引きが魅力となる時期となりますが、水面でも元気に泳ぎ回る為抜き上げに躊躇、その場で一瞬止めてしまう方もいらっしゃるようです。


水面で止めてしまうとテンションが抜け、再度カワハギが抵抗、反転のチャンスを与えてしまい、それがバラシに直結してしまう場合があります。

「止める」ということは、口にハリが掛かって糸が張られ運動が制御されているカワハギにスキを、一瞬の自由を与えることとなり、その時負荷が少なくなったカワハギは抵抗を試みると考えられます。


水面で抜き上げを躊躇することは、カワハギに自由を与えることとなるので、水面でも続く強い引きをいなしながら、常にテンションを掛けながらこちらに頭が向いたら一気に抜き上げてしまうことが大切だと考えています。


【釣り教室のご案内】

アマダイ釣り教室 at えさ政釣船店さん12月23日(日・祝)・お後3名様となりました

湾(アカメ)フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん 12月24日(月・振替)
今季絶好調、まだ余裕がございます。

〔New〕アマダイ釣り教室 at えさ政釣船店さん1月13日(日)



数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う
仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕RYO'S METHOD の湾フグ、タチウオ、カワハギを網羅 2018 Compilation Film

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け


詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端までスクロールしていただき「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)。

DISCの発送に限り、1回に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいており
    ます。     



林 良一 facebook








↑このページのトップヘ