林良一ブログ RYO'S METHOD

テクニカル系船釣りの技術論(METHOD)や精神論をメインに、ちょこっと料理のことなども!

タグ:釣り教室

6月に開幕した東京湾のエギタコ釣り。今回はエギタコ釣り教室で3回目の釣行となりました。

船宿さんは、東京湾のエギタコ釣りのパイオニア的な千葉県浦安の吉久さん。舵を握る峯岸船長ともここ数年、タコエギから作ったり(数年前は関東ではタコエギがあまり売られていなかった)、ストラクチャーでの釣り方を研究したりと、二人三脚で東京湾のエギタコ釣りを快適に楽しんでいただけるよう釣行を重ねてきました。

さて、そんな吉久さんにお集まりいただきましたのは22名様。
いつも多くのご参ありがとうございます。

吉久さんでは、宿での受付けを済まされた後、
船上にて釣り座のくじ引きをさせていただいております。

RIMG3205

そうして皆さんをお迎えしていると、「りょうさぁ~~ん!」との大きな声!?

声の方向を振り向くと、「カズ」こと釣友の高沢さんがプレジャーボートで釣りへ出かけるところでした。お声掛けありがとうございました。

P6170001

 

RIMG3203

 

釣り教室では、出船前にレクチャーを行っております。

RIMG3220

比較的新しい釣りであるエギタコ釣りのレクチャーでは、タックルやタコエギのお話しの後、大切な小突き方、アタリの捉え方、
アワセまでのタイミングなどを重点的にお話しさせていただきました。

RIMG3222

皆さまの真剣な表情が印象的でした。

RIMG3215

RIMG3216

RIMG3228

 

RIMG3217

RIMG3218

RIMG3219

 

レクチャー終了後、峯岸船長が舵を握る船は出船、旧江戸川を下り東京湾へ、最初は中部の平場から始めました。

マダコ釣りですが、皆さんロッドとリールとタコエギで楽しまれており、テンヤのエサのカニは積んでいないのです。

P6170005

当日は、朝は寒かったですが、海上は微風で過ごしやすく、後半日も出てきて快適な凪だったのですが・・・

水温低下は戻ったものの、今一つタコの活性が上がってこないような釣果が続いていました。

そんな中、船中ファーストヒットは大石さん。小さなサイズではありますが、これが当歳生まれの夏タコで、数釣りをするときのメインとなるサイズなのです!

RIMG3230

右舷胴中で「きたよ~~!!」との声。振り向けば川窪さんが嬉しさに? その重さに?? 顔をしかめながら一生懸命リールを巻いています!

P6170006


上がってきたのは2キロオーバーの立派なタコでした! 川窪さん、おめでとうございます!!

RIMG3234

右舷大艫には、ここのところの釣り教室にご夫婦でご参加いただいている諏訪さん。1キロ位の美味しいサイズにこの笑顔です!

P6170007

満船御礼の当日、前半は皆さまの釣り座を回らせていただきながら、僕もロッドを出してみることにしました。


平場、橋脚周り、また違った、少し根のある平場を攻め分けましたが、ある場所では潮がかなり効いていたりして釣り辛い場面もありながら、潮止まりからの上げ潮、後半に期待をかけて根気よく舳先で小突いてみました。

 

そんな中、「松ちゃん」こと松永さんもタコをGET! 子の小ダコが浅茹でにすると柔らかく、そして、鼻から抜ける風味がよろしく、夏を感じさせる滋味なのです!

RIMG3235

平場で根掛り? エギを回収したら何と、カンナにタコの身が付いていた・・・。でも橋脚周りに移動してからそのリベンジを果たした村野さん、流石の一言でした!

P6170014

P6170012

釣り教室のお手伝いをしていただいている矢内さん、ロッドを出せばこの通り! 凄腕釣り師でもあります。

P6170016


森本さんは、ポイント移動直後に掛けました!
この後ももう1杯追加、美味しく食べられたでしょうか。

P6170018

 

さて、時折船中を回らせていただきながら、ご質問をお受けしたり、お話ししたりしながら、舳先へ戻ってはロッドを出してみました。


粒根はあるが平場ゆえ、できるだけキャストして手前に小突きながらエギを引いてきます。

そして今回、集ダコアイテムとして、大きなクローワームを仕掛け上部に取り付けてみました。

よくタコ釣りでは、金や銀にキラキラと光る、吹き流し式のアイテムを見かけますが、夏季、濁りが入る東京湾では、海底近くの光量は少ないと考えられ、光があって反射するモノよりは夜光を、それもエギから離さず近くに配してみました。

RIMG3202

エギも、根掛りの少ない平場では、2個付けにしてアピールアップを狙います!

P6170003

 

さて、そうしてキャストして小突き続けていると、チタントップに伸しかかる重さ・・、それも急激に、あからさまに増してきます!

「これはデカイぞ」と、そのまま小突き続け、十二分に重さが乗るまでの数秒間、その間心拍数も上がって行くのがロッドを操作している自分でも分かり、直後ラインを巻き込み大アワセ!! この時タコが底から離れるバリバリといった音が聞こえるかのような興奮の中、シッカリとアワセが決まってロッドが綺麗な弧を描いた時「よっしゃ~! きたよ~~!!」とアピール、心地良くそれもかなりの重さに表情を歪めながらのリリーング、船長のタモ入れに入ったのは3.8キロの大ダコだったのでした。

RIMG3243

ロッド:メタリア エギタコ サブに アナリスター エギタコ

リール:ミリオネア バサラ サブに スパルタン TW

エ ギ:快適船タコエギ SS

RIMG3198



去年吉久さんで撮影したタコエギ動画はこちら!!

 

船長は少し残業してくれ沖上り、東京湾からディズニーランドが見える旧江戸川河口に船首を向けました。

P6170015

 

下船後は桟橋にて、当日の状況のお話しをさせていただいております。

RIMG3249

そして今回、3.8キロのタコを、足8本と頭に解体、ジャンケン大会にて9名様にお分けさせていただきました。

35490858_1718913461533655_4454421117959929856_n

RIMG3253

RIMG3259

RIMG3262

RIMG3257

RIMG3263

RIMG3264

 

今回、ちょっと厳しい状況ではありましたが、ご参加の皆さまにおかれましては、何か得ることはございましたでしょうか。

吉久さん、昭久船長、峯岸船長、矢内さん、この度はお世話になりました。

RIMG3213

 

吉久さんでのエギタコ釣り教室はもう一度、7月末頃に開催するかも知れません。

35386225_1718345951590406_1895456109532020736_n

 

追記

東京湾のマダコは、そう市場に流通しているわけでもなく、あればかなりの高値が付いているようです。

そんなブランドダコですが、浅く茹でて削ぎ切りに、醤油と味醂を同寸、液体昆布出汁少々の漬け汁に一晩漬け込むと蛸漬けが

35280312_1716135625144772_8689895428918870016_n

米酢にやはり液体昆布出汁少々、美味しい塩少々に漬け込めば酢蛸になります。

35389729_1716147271810274_6763398942198595584_n



どちらも左党には、こたえられない一品となること間違いなしです。


【釣り教室のご案内】

〔New〕LTタチウオ釣り教室 at えさ政釣船店さん7月16日(月・祝)

LTタチウオ釣り教室 at えさ政釣り船店さん6月30日(土)・(お後2名様)


乗っ込みカワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん6月23日(土)・(満船御礼キャンセル待ち)


※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

※詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)

※DISCの1回の発送に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいております     



林 良一 facebook

 

朝出船の湾フグ釣り教室と同日、夕方より出船のアナゴ釣り教室をえさ政さんにて開催させていただきました。

湾フグ釣り教室が終了、解散後、通しで乗られる方達と談笑していると、何やら見慣れたお2人がご挨拶に来てくれました。

お聞きすると、隣の船宿さんからのアナゴ釣りだそうで、
出船前にこちらに寄ってくれたのでした。

そこで、
「りょうさん、こちらの船にもアナゴを分けて下さいの体で写真撮りましょう」とこのポーズ(笑)

RIMG3049

Rieちゃん、理沙ちゃん、ありがとうございました。

RIMG3047

 

さて、湾フグ釣り教室からそのままアナゴ釣り教室にご参加の方が9人、合計24名様のご参加をいただき、再度受付けを始めるのでした。

RIMG3050

出船前のレクチャーでは、アナゴの習性、タックル、仕掛け、釣り方などについてのお話しをさせていただきました。

RIMG3057

 

RIMG3061

RIMG3058

 

RIMG3055

 

15時半、まだ明るい内に出船、岩越船長はここのところ好調な釣果を出している中ノ瀬に船を向けました。

 

ポイントに到着すると、何年か振りに見るアナゴ船形成されていて、
当日の好調を予感させます。

RIMG3065

 

アナゴは夜行性で、間詰めから日没、その後10~15分位に1番食いが立ちますが、当日は開始早々からアタリが出始めました。

 

これは良型、釣り上げたのは冨永さん。このサイズになると食べごたえもあり、美味しいんですよね~

RIMG3066


村田 藍さんも釣り上げました。アナゴは思いの外力が強く、よくこんな風にして、自分で自分の体を縛ってしまいます。

RIMG3069

 

村田さんの旦那さんにもヒット! すると直後、なにやら怪しい韓国語?で喋り出すのでした(笑)

RIMG3074

P6090013

 

アナゴ釣りの名手、菅又さん。テンビン仕掛けで釣り上げました。何かズルそうな表情ですが、どんな意図だったのでしょうか(笑)

RIMG3070

 

茅ヶ崎からご参加いただいたのは猪股さん。あら、アナゴのヌルヌルにやられちゃったのかな・・・(笑)

RIMG3071

 

親子でご参加の品田さん。先ずはお父さんに1本。ご家族分目指して頑張っていただきました。 RIMG3072

 

品田さんのお子さんにもヒット! やりました!! お家で美味しく食べてくれたかな。

RIMG3075

P6090010

 

当日の中ノ瀬は濁り潮。ユックリと下がる筈の潮が何故か上げっぱなしの不思議な潮でした。

でも、間詰め前から船中バリバリとアタリが続き、どなたかのロッドが曲っている状態がしばらく続きました。

中ノ瀬は「メソ」と呼ばれる小型アナゴも多く、その口の小さいアナゴにいかにハリ掛かりさせるかが釣果を左右します。

 

タチウオ釣りの名手大塚さん。美味しそうな1本を手にしてこの表情。やりましたね!

RIMG3076


織愛ちゃんにも良いサイズのアナゴが。ハリを外そうと抵抗するアナゴが丸く輪になりました。

RIMG3078

 

小川さんもナイスな1本、テンビン仕掛けは絡みが少ないことが特徴ですね。RIMG3080

 

旦那さんのあっちゃんも手堅く1本。当日何と216円のロッドを使い、ご夫婦で調子よく釣り上げていらっしゃいました。

RIMG3092

 

メゴチバサミを持参しておくと、アナゴが逃げ出したときに重宝します。釣り上げたのは上條さん。お見事でした。

P6090011

RIMG3082


可愛いアナゴを釣り上げたのは神保さん。嬉しそうな表情、神保さんには笑顔が似合いますね!

RIMG3083


序盤苦戦されていた櫻田さんもこの通り。勘所を掴み釣り上げていらっしゃいました。

RIMG3084


根気よく丁寧な小突きをされていた桜井さん。その甲斐あっての1本、お見事でした!

RIMG3086

 

大瀧さんも見事に釣り上げられました。直前のバラシを鑑み、力強いアワセでキャッチ、お見事でした。

RIMG3089

 

序盤苦戦されていた伊藤さん。でも、アナゴの顔を見ればこの表情。やはり釣りは楽しいですね、伊藤さん。

RIMG3094

P6090017

 

赤尾さんも会心の1本。当日は、どちらかと言うと暗めのライトが良かったかも知れません。次に繋げていきましょう。

P6090015


これも良いサイズ! 釣り上げたのは渡邊さん。釣鐘オモリにゴージャスビーズ、浅草釣具さんの佐伯さんオススメ仕掛けとか。

P6090014

貴重な1本にこの表情。釣り上げられのは与田さん。お見事でした。

P6090012

 

釣り上げたアナゴですが、細長い体躯をしていますので、
ご自宅ではさばくのに難儀いたします。

でも、船上ですべてさばいてくれ、骨と一緒に袋に入れて持ち帰らせてくれます。

P6090018

P6090019

 

さて、近年まれに見る、アタリの多いアナゴ釣りとなりました。

アナゴは夕刻出船、段々と夜の帳に包まれながらの趣きある釣りとなります。

 

下船後は、当日の状況をお話しさせていただいており、次回の釣行に繋げていただけたらと思っております。

RIMG3096

そしてステッカーを賭けてのジャンケン大会!

RIMG3099

 

ヨリモドシ掬い。

RIMG3103

 

ご参加いただきました皆さま、何か得ることはございましたでしょうか。

えさ政さん、大船長、女将さん、岩越船長、中川船長、矢内さん、この度もたいへんお世話になりました。

RIMG3054

 

えさ政さんでの釣り教室はこの後、LTタチウオ釣り教室となります。

 

 
【釣り教室のご案内】

〔New〕LTタチウオ釣り教室 at えさ政釣船店さん7月16日(月・祝)

LTタチウオ釣り教室 at えさ政釣り船店さん6月30日(土)・(お後2名様)


乗っ込みカワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん6月23日(土)・(満船御礼キャンセル待ち)

エギタコ釣り教室 at 吉久さん6月17日(日)・(お後3名様)

※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

※詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)

※DISCの1回の発送に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいております     



林 良一 facebook



先週末、「新しいポイントで湾フグが好調!」と、湾フグの看板を掲げる船宿さんのHPは軒並み賑わいました。

その翌週となる6月9日(土)、羽田のえさ政釣船店さんにて、湾フグ釣り教室を開催させていただきました。

今回ご参加いただきましたのは22名様。いつも多くのご参加ありがとうございます。

P6090001

 

釣り教室では、宿の受付けを済まされた後、釣り座決めの抽選を行っております。

RIMG2978

RIMG2984


また、出船の30分ほど前から、船の舳先部分にお集まりいただきレクチャーを行っております。

RIMG2999


レクチャーでは、湾フグとは? タックルの特長は? 
釣り方などをお話させていただいております。

RIMG2986


そして当日はカメラマンが乗船、 4Kカメラにてレクチャー、基本的な釣り方、エサ付けなどを撮影、皆さんの釣り姿、ヒットシーンを編集してDISCを作製させていただきます。

RIMG2993


気が付けば、お隣の仕立て船からも熱い視線をいただいておりました。

RIMG2994

RIMG2991

レクチャー終了後、柳沢船長が舵を握る船は、今回は大貫沖でなく、その手前の富津沖を目指しました。

ポイントまでの航行中は、大切なエサ付けを個々にお伝えさせていただいております。

RIMG3002

RIMG3005

 

50分位で到着、このポイントは一週間前に大釣りした場所で、水深は5m余りと浅く、到着早々は潮もほぼ止まっており釣りやすい状態でした。

P6090002

 

開始早々は中々アタリが出ない中、赤松さんに船中ファーストヒットのショウサイフグがきました!

RIMG3010

 

安定した釣果を出す冨永さん。この日もポツポツと、皆さんアタリが無い時でもアタリを出し掛けて行く辺りは流石の一言です。

RIMG3011


ここのところ、えさ政さんの釣り教室では毎回のように参加して下さる鈴木さん。この日もメタリア 湾フグの手感度アタリで掛けに行っていました。

RIMG3013


ご夫婦でご参加の小川さん。先ずは奥様、良い所にカットウが刺さっています。釣った感満載のこの笑顔です!!

RIMG3014


ご主人の小川あっちゃん。これはアカメフグ、やはり良いところを掛けています。麦わら帽子がお似合ですよ!

RIMG3015


後路さんはポンポンポンと3連続ヒット! フグの心境を読んだ誘いがピタリと嵌ったようです!

RIMG3017


カメラマンの大さん。皆さんの釣り姿、ヒットシーンを撮り続けています。

RIMG3022

 

さて、中盤以降から、僕もロッドを携え船中を回らせていただきました。

これは何も自分も釣りをするという事ではなく、皆さまの間に割って入れさせていただくことで、ご

質問をお受けしたり、実際の釣り姿をご覧いただく為なのです。


当日の状況は、緩い下げ潮が良い感じに流れてはいますが、潮が濁っているせいでしょうか、アタリが遠い感がある時間帯が続きました。


それでも根気よく誘い下げを繰りかえしている釣り人に女神は微笑むもので、その中でのアタリを創作していきます。

仕掛け着底直後の、食いが悪い時ほど微細になってしまうアタリを創り、間髪入れずにアワセを入れる集中力がものを言います。

 

そんな中、右舷大艫の小片さん、初めてながら大き目のショウサイフグ釣り上げられました。その嬉しさが、その表情に表れていますね!

RIMG3020


ご夫婦でご参加の池添さん。チラシバリを食いに来てカットウも掛かり、こうなるともうフグは逃げられません。お見事でした。

P6090003

 

この日は6名でご参加の、「たけちゃん」こと武田さん。思えばたけちゃんにえさ政さんをご紹介していただきましたよね。感謝しております。
RIMG3023


右舷舳に山田さん。ひときは大きいフグを釣り上げられました! 白子も沢山入っておりました。

RIMG3032

 

さて、沖上りまで20分の頃、船の一番先端、アンカーロープが出ている際で最後の勝負に臨んでみました。

南風で緩やかに上下する舳先。

その揺れを相殺するように、ゼロテンパーミングを駆使、誘い下げ後のゼロテンションを僅かにチタントップを曲げることでキープします。

誘い下げ⇒カットウが着底⇒オモリが着底⇒ゼロテンション⇒3秒後にアタリ!⇒次のアタリを待たずして間髪入れずにアワセ⇒船下に潜り込む横っ走り

そんなスリリングな展開で上がってきたのは、元気な大型のオスでした(この模様はバッチリ撮影できDISCに収録されます)。

DSC02354


ロッド:メタリア 湾フグ  リール:エアド レッドチューン  ライン:UVFメガセンサー 8ブレイド+Si 0.6号

P6090006

P6090004

 

先週の爆釣を夢見ての釣り教室でしたが、当日フグのご機嫌はナナメで、トップで7匹の釣果となりました。

 

下船後は宿の裏手で、当日1日の状況の解説をさせていただいており、今後の釣りに繋げていただいております。

RIMG3036


RYO’S METHOD ステッカーを賭けたジャンケン大会!

RIMG3037

RIMG3039

釣り教室解散後は、大好評のヨリモドシ掬いです!

RIMG3042

RIMG3043

RIMG3045

 

ご参加いただきました皆さま、次の釣行に繋がるものはございましたでしょうか。

えささん、大船長、女将さん、柳沢船長、マスター、矢内さん、この度もたいへんお世話になりました。

DSC02284

 

当日この後はアナゴ釣り教室、こちらも張り切って臨まさせていただきました。

 

【釣り教室のご案内】

〔New〕LTタチウオ釣り教室 at えさ政釣船店さん7月16日(月・祝)

LTタチウオ釣り教室 at えさ政釣り船店さん6月30日(土)・(お後2名様)


乗っ込みカワハギ釣り教室 at 巳之助丸さん6月23日(土)・(満船御礼キャンセル待ち)

エギタコ釣り教室 at 吉久さん6月17日(日)・(お後3名様)

※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕鋭い歯を持つタチウオにハリを飲ませて掛ける RYO'S METHOD タチウオ仕掛け

2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製
RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

※詳しくは、ブログ右上段の「メッセージ」にてお問い合わせいただけたらと思います(スマホの   
    場合は画面下端の「PCモード」にしていただくとメッセージ欄が表れます)

※DISCの1回の発送に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいております     



林 良一 facebook

先日船を降り駐車場へ向かっていた時、同船の方から「今度りょうさん、リールのメンテナンスの教室を開催して下さい」とお声掛けいただきました。

立ち止まり詳しくお聞きすると、カワハギ等に使い汎用性がある小型ベイトリールのオーバーホールする内容の教室がご希望なようでした。


ご存知ベイトリールは、ハンドルと反対面のサイドプレートが外れる仕組みになっている機種が多く、スプールも取り出せます。

その状態で(もちろん水道水で洗い乾燥させた後ですが)、スプールの軸を支えるベアリングへの注油や、ギア部に注油、スプールを戻しサイドプレートをはめ込みます。

ただ・・・

その方が希望されているのは、ハンドル部のサイドプレートを外し、ギア部のオーバーホールもという事でした。

以前、大分前になりますが、そうやってバラシテみたことがありました。

そして部品を磨き上げ注油、その後いくら一生懸命に組み立てても組み上がらず苦労したものでした。

その方も全く同じことをおっしゃっていました。

ですから

「サイドプレートを外してスプールを取り出すところまでなら通常していますが、その先は僕にはタフです」とお伝えさせていただきました。


ただ、新たな釣り教室のご提案として、「そういったアイデアをありがとうございます」と、お力にはなれませんでしたが、お礼を申し上げました。


釣り教室、仕掛け作り教室他、何かそういったアイデアがありましたら大歓迎、是非お伝えいただけたらと思います!

「潮と風と釣り座」も、そういったお声掛けで講習を開かせていただき、DISCにもさせていただいたのです。


【釣り教室のご案内】

〔New〕アナゴ釣り教室 at えさ政釣船店さん

湾フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん(現在10名様)

湾フグ釣り教室のご案内 at えさ政釣船店さん (キャンセル1名出ました)

※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

※DISCの1回の発送に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいております


林 良一 facebook



季節の移ろいによって様々な釣りのターゲットがありますが、僕がホームグラウンドにしている東京湾では、この時期マゴチやマルイカなどと共に、夜アナゴ釣りが開幕します。

江戸前の2本竿を繰り、夜の帳の中の情緒ある釣りで、過去には年間2000本釣った年もあり、一番傾注した釣りでもあります。

先のアジ釣り教室と同日の4月29日(日)、同じくえさ政釣船店さんにて、釣友の伊藤さんのお声掛けでアナゴ仕立てとなりました。

 

夕方出船のアナゴ釣りのこと、日が傾いた中、やはり同じ岩越船長の船で準備を始めました。

仕掛は RYO’S METHOD オリジナル、
経験からのエッセンスをコンデンスしたアナゴ仕掛けです。

P4290026

ロッドは今回マルイカ用、極鋭マルイカ レッドチューンAGS-Fを使ってみました。

P4290027

アナゴにはやや長いですが、初期のアナゴにありがちな、イソメの先端を咥えた時の弾き辛さを柔軟な穂持ちがカバーしてくれる調子です。

また専用ロッドではアナゴXがあり、こちらはやや硬調、正確な小突きができる調子となっています。

 

さて、今回は総勢15名、出船前にパチリ! 写す時には「高橋 英樹の娘の名前は『えさ 』マーサ」という掛け声を、どなたかが掛けたとか・・・

RIMG2734


撮影していただいた矢内さん、ありがとうございました。

 

出船後は、アナゴ釣りの大場所、木更津沖へ向かいます!

 

ポイントに到着するとまだ間詰め前、沈みゆく太陽を眺めながら、日没後しばらくすると訪れるチャンスタイムに想いを馳せます。

P4290028

大潮回りにしたは緩い潮が、段々と下げ始める中、日没から15分前後にアタリが集中しました!

P4290029

 

P4290030

 

RIMG2740

 

P4290033

 

RIMG2741

 

P4290034

 

RIMG2739

 

日が沈んでからも、ポツリポツリとアタリがありました。

RIMG2742

 

RIMG2743

 

RIMG2744

 

アナゴはさばき難い魚ですので、船上で船長がさばいてくれるのもありがたいサービスです。

P4290037

 

またアナゴは、個人的には釣りものの中で、食味と言う意味でもかなり上位を占めます。

31453841_1708634935883204_5746443598328075400_n

 

特に白焼きは大好物、山葵あわ漬け醤油で最高でした!

31502993_1670056899752645_522518466010204318_n

 

開幕した江戸前のアナゴ釣り、去年に比べればまあまあの出だしではないでしょうか。

次はいつ、行こうかな・・・

30424848_1987850314811659_5149219952473209326_o

 

【釣り教室のご案内】

〔New〕アナゴ釣り教室 at えさ政釣船店さん

〔New〕
湾フグ釣り教室 at えさ政釣船店さん(現在10名様)

湾フグ釣り教室のご案内 at えさ政釣船店さん (満船御礼・キャンセル待ち)

※数々の実績がある “RYO'S METHOD仕掛け” の作成法、その後ご参加の皆さまとの懇親会を行う仕掛け作り教室も随時お受けしております。



【RYO'S METOD How To DISC】

〔New〕2000本ものアナゴを釣った仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD アナゴ仕掛け

2017 RYO'S METHOD の集大成である Compilation Film 

湾フグのチラシバリ仕掛けを解説しながら作製 RYO'S METHOD チラシバリ仕掛け!

カワハギ仕掛け作りのご参考に RYO'S METHOD カワハギ仕掛け作りの決定版!

船にもある釣り座の優劣を解りやすく解説 潮の流れと風と釣り座

※DISCの1回の発送に1枚 “RYO'S METHOD ステッカー” を同封させていただいております


林 良一 facebook

↑このページのトップヘ